夜のマンハッタン 

August 09 [Tue], 2005, 20:57
仕事L ツアーI 午後11時〜午前10時30分

さすがに真夜中になればさすがのマンハッタンもいくぶんか暗くなり、人も少なくなる。しかし、さすがマンハッタン(?)、ビルには准三朗と同じようにビルの安全を守るセキュリティーガードがいる(結構寝ている人多いけど)


写真は、昨夜准三朗がいたビルの前にある24時間のパーキング。この写真を撮った時間は午前3時。写真中央に停まっている黒のバン。この中で人が寝てをしている。セキュリティーも大変だけど、これもこれで結構大変そう


ちなみに准三朗はこのデスクを前に夜中を過ごします。この日は学生寮の管理だったのですが、写真中央の銀色の物は各部屋に電話が出来き、全部屋へのアナウンスも出来、メインエントランスのロックも出来る優れもの(?)のシステム。

クリック!

睡魔との闘い 

August 08 [Mon], 2005, 14:05
仕事K ツアーI 午後11時〜午前7時30分 ( ※火曜朝にツアーIIのミーティングが午前7時〜8時まであるので、もしかしたら〜午前8時30分 その後午前9時30分〜午前10時30分までツアーIのミーティング。勿論この1時間給料でます)

2回目のツアーIだったんですが、1回目の時はポストを与えられなかったので多少居眠りをこいていても全然OKだったんだけど、今回はもう仕事を始めて2週間目という事でさすがにポストを与えられた ポストを与えられたのはいいんだけど、このポストというのが今は6人のスタッフ(RA)しか泊まっていない寮。しかも、その寮があるのは、中途半端なところで夜になると人があまりいない

って事でなーにもやる事がない 過去にオーバーナイトで働いた事もあってその時は全然大丈夫だったんだけど、人って何もする事なく寝ているべき時間に寝ないでいるっていうのは結構辛いね。何冊か本を持っていったんだけど、不幸にもあまり面白くなかったから眠気覚ましにはならなかった という事で仕方なく、ミントガムを噛み2、スターバックスのビンのモカフラプチーノをゴクゴク、コーラをゴクゴクと食べる事で一生懸命寝ないで過ごしたんだけど、こんな生活していたらブクブクになっちまう。

何か手を考えないとなぁ...

アメリカについてもっと知りたい!

アトピー性皮膚炎 

August 07 [Sun], 2005, 17:08
仕事J ツアーI 午後11時〜午前7時30分

3歳の時からアトピー性皮膚炎に悩まされている。顔にも出るアトピー性皮膚炎、幸いにも准三朗は手(指のみ)と背中だけで顔には出る事がなかったからラッキーな方なのかもしれないけど、それでもやはり病気だけに結構辛い。背中は痒みのみなんだけど、指は写真のように皮膚が切れてしまう

湿気の少ないアメリカに来てにいる時より随分良くなったのだが、ストレスや疲れが溜まると酷くなる

仕事は決まったが、やはりまだビザの事がどうなるか分からないという不安、そしてまだ慣れない仕事からくる疲れ、そして駄目ルームメイト達(※准三朗は4BRのアパートに3人の日本人と一緒に暮らしています)への怒りで、血が出て痛くなるまで指を自分で掻き毟ってしまう(アトピー性皮膚炎は大変な痒みでその痒みは准三朗の場合は小さい頃から痛みしかなかった)。

准三朗のアトピー性皮膚炎が完全に治るには、@仕事に慣れ、Aビザサポートが完了して、Bアホなルームメイト達がいなくならねばならない。

@&Aはどうにかなりそうだけど、Bは... 

今日はアホルームメイト(♀、33歳)が夜から仕事で寝ている私を小火騒ぎを起こしてファイヤーアラームで起こしやがった

アメリカについてもっと知りたい!

最後の土曜休み 

August 06 [Sat], 2005, 12:47

セキュリティーの仕事に土日はない。おそらくこの仕事をしている限りは数年は土日の休みは新人の准三朗にはないだろう。という事で、最後の土曜休みは、仕事場で仲良くなったギャリーの家に遊びに行ってきました 

ギャリーの家はブルックリンの奥地(「ビバリーロード」って駅の近く。もしニューヨークのサブウェイ持っていたら見つけてみてね)。准三朗が住むのはマンハッタンの北の地域。で1時間かけて行ってきましたよ。

ギャリーは2歳の息子(ギャリーの息子のお母さんは、ギャリーと結婚して1年で癌で死んでしまっている)。と(アメリカでは良くある)籍は入れていないが結婚しているような生活を送るインド人の彼女と3人で1BRのアパートに住んでいる。

片手に色々仕事の事やその他色々な話したり、をしたりと楽しく過ごせた。ギャリー、本当にありがとう! 

ギャリーは映画が大好きで沢山の映画のDVDを持っていて毎回色々貸してくれるんだよね。今日も帰りに4本も貸してくれた。あと前に借りた極真空手の創始者・大山倍達の半生を映画にした「Fighter in Wind」をくれた(彼は間違って2本買ってしまったらしく2本持っていた)。

ギャリーは、映画の他にはゴジラが好きでゴジラやその敵の模型を集めている。アメリカではなかなか手に入らなかったり、高かったりするらしいから、今度にいる知り合いに送ってくれるように頼んでみよう。

アメリカについてもっと知りたい!

初給料 

August 05 [Fri], 2005, 13:32
仕事I ツアーII 午前7時〜午後3時30分


仕事を終え、家に帰ってくるとポストにN大から手紙。開けると...ペイチェック(初給料)

最初の1週間分(40時間)。ハッキリ言ってセキュリティーは准三朗の本当にしたい仕事ではないし、仕事的にみてすごい良い仕事かと言えば、結構低い部類の仕事になってしまうんだろうけど、どんな仕事であってもやっぱり初給料は嬉しい。N大の初任給(?)は、ツアーII&ツアーIII$14.15/hr、ツアーI$15.57/hr

仕事初めの1週は、ツアーIIに3日、ツアーIIIに1日、ツアーIに1日だったから、今回の初給料はタックスを引いて、$442.65。うーん、あんまりだけど、今までのレストランのバイトでの生活時代の1ヶ月分の半分強を1週間でもらえるんだから感謝しないとね。それにすっごく難しい仕事でもないし、時には仕事中にメールしたり、テレビを見たりしてもいるんだからね。

今までの(就職活動中)のバイト生活では操業で、実は友達に借金をしているし、先月のケーブル代もまだ払っていなかったから、これでケーブル代を払って、これからガッと友達の借金も返えせる。フー

クリックしてね

黒人の言い訳 

August 04 [Thu], 2005, 13:17
仕事H ツアーII 午前7時〜午後3時30分

かなりセンシティブなタイトルになってしまったが、ハッキリ最初に言っておく、別に私・准三朗は人種差別者でもなければ、今回ここに書くことも決して人種差別の問題だとは思っていません。

准三朗が現在働くN大セキュリティーは、アジア人は私1人、白人もいるが、多いのは黒人とヒスパニック。という環境なので黒人と話す事も多い。この国ではマイノリティーという事でや肌の色で色々とチャンスが白人に比べて少なくなってしまうのは誰もが知る事実。だけど、そんなことを考えていても何が変わるのか 何も変わりはしない。でも個人なら、頑張れば何人であろうと、どんな肌の色をしていても、上に行く事は不可能でないのも事実。
なら文句を言わずに自分だけで努力して上に行き、その他大勢と一緒にならなければいい。

私の同期のI(アフリカからの移民)は、すーごくネガティブ。何かあれば、肌の色という。差別は何処に行ってもあるさ、そんなに肌の色で差別されていると感じるならアメリカにいないで国に帰ればいいのにって思ってしまう。事実は事実、されど別に100%でないのなら、いちいち文句を言ったりネガティブに考えずに、黙って現状打破すればいいのに。どこに行っても努力しない人間ほど文句をいう。

ランキングに参加してます、クリックお願いします!

ニューヨーク シャークス 

August 03 [Wed], 2005, 20:45


仕事G ツアーII 午前7時〜午後3時30分

先週ツアーIII(午後3時〜午後11時30分)に出た際に仲良くなり、昨日大山倍達の映画のDVDを貸してくれたギャリーにDVDを返しに行き少し話をしていると、彼の友達が来て話をするとなんと彼女はプロアメリカンフットボールの選手だと言うのだ(※アメフトに女子プロ・リーグがあったのを知っていましたか?) しかも彼女のチーム(ニューヨーク・シャークス)のスター選手人というではないか 残念ながら今シーズンはもう終ってしまったらしく、来シーズンは3月だと言う事でかなり待つが、来年は今回仲良くなった彼女とその谷田純子選手を応援しに行きたいと思っている...ちゃんとそれまでに就労ビザが取れていればだけど

blogランキングに参加してます。クリックお願いします

FIGHTER in the WIND 

August 02 [Tue], 2005, 22:50
仕事F ツアーII 午前7時〜午後3時30分

 仕事場で格闘技で盛り上がりすっかり仲良くなったギャリー。彼が人の准三朗の為に「FIGHTER in the WIND (邦題風のファイター」)」ってで今流行りの韓国映画のDVDを持ってきて貸してくれた(※韓流映画が流行っていてもこのFIGHTER in the WINDは流行っているとはあまり思えないけど...)。

この「FIGHTER in the WIND」は写真を見たら分かる人は分かると思うけど、極真空手の創始者・大山倍達(韓国名:Choi Bae-Dal)の偉大な業績を讃え作られた映画なんです。実は准三朗はかなりの格闘技オタクで、ニューヨークに来てからは実際に極真に入門して今も黒帯を目指し稽古をしているんです。

なんでこの映画ちょっとやり過ぎな部分、作りの部分が結構あるの分かってしまうんだけど、でもさすがは韓国映画、なかなかの出来で楽しめた。

韓国人俳優は有名な人なのか良く分からないけど、人では平山あやが出ていた。

たぶん日本でも売っていると思うから、韓国映画 or/and 極真 or/and 平山あやの人は買って見てみて下さいな。

ランキングに参加しています。クリックよろしく

EYE CARE 

August 01 [Mon], 2005, 21:52


仕事E ツアーII 午前7時〜午後3時30分

仕事にも大分慣れてきたしかし、今までグータラな生活をしており、格好もグータラだった。仕事をするようになって、久しぶりに毎日コンタクトを入れる生活に戻った。久しぶりだからか、仕事柄目を酷使する為か、それとも寝不足による為か、分からないが、最近とっても目が疲れる。

アメリカ人は目が疲れないのだろうか ドラッグストアに目薬はまぁ普通においているが、日本の目薬のようなスーっとする所謂効く目薬は皆無。という事で准三朗のように目が疲れやすい人は、目薬は日本から持ってくる事をお勧めします

ついでに言うとハードコンタクトをする人があまりいないのか、アメリカではハードコンタクトの入れ物(写真左下)が売っていない。ハードを愛用している人は、一応予備を用意しておくといいんじゃないかな(まぁ、なかなか壊れる物じゃないけどね)

目の疲れといえば、最近愛用しているのが写真左上のアイウオッシュ。そう、日本で数年前にヒットした(?)「アイボン」のようなものです。アメリカの目薬はだけど、アイウオッシュは製とさほど変わらないっす

Blogランキングに参加しています、クリックお願いしま〜す。

就職祝い 

July 31 [Sun], 2005, 6:52
現在の職場(N大セキュリティー)でも同僚にかなり恵まれているけど、准三朗は本当に周りに愛され助けられている。感謝しています。

@PDA (DELL AXIM X30)

は違うが同じ日本からの留学生からもらいました。

日本でも売っているけど、ビジネスマンなら誰でも持っているってほどアメリカでは(もしかしたらマンハッタンではかも)PDAポピュラー。これで准三朗も立派にビジネスマンの仲間入りか

Processor tye: Intel PXA270
Peocess Speed: 312MHz
RAM size: 64MB
ROM size:64MB

Aデジタルオーディオプレイヤー(SEAGRANDCO, LTD, クロスセブン)

3年前准三朗がニューヨークに来る前に喧嘩をして以来口を一切きいていなかった姉から就職祝い。実はN大セキュリティーの前に少し働いた会社(調査関係)の時に買っていたらしく調査の際にって、録音機能がついたものってこれを選んでくれたよう。結局仕事は調査はしないセキュリティーになってしまったから録音機能は使わないけど、日本でもアメリカでもラジオが聞ける優れものなので、セキュリティーの時にラジオを聴くのに使わせてもらいます。

Blogランキングに参加してます、クリックお願いします
Profile

名前:准三朗
年齢:27
性別:♂
職業:セキュリティーガード@N大学
現住所:ニューヨーク
アメリカ歴:1997年6月〜
ニューヨーク歴:2002年8月〜

2005年08月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
最新コメント
アイコン画像けーちゃん
» 黒人の言い訳 (2005年08月10日)
アイコン画像准三朗
» 続けます! (2005年08月09日)
アイコン画像准三朗
» アトピー性皮膚炎 (2005年08月09日)
アイコン画像みえ
» アトピー性皮膚炎 (2005年08月08日)
アイコン画像まっつ
» 続けます! (2005年08月03日)
アイコン画像みんなのプロフィール

» Asian Bitches (2005年07月28日)
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:nyclife
読者になる
Yapme!一覧
読者になる