APPROACH 

2011年05月30日(月) 22時19分

雄猫の優劣 

2008年07月01日(火) 23時04分
わが家のワビ・サビ、ブラザースの順位というか優劣というかに変化が起きています。
いままでは、ワビ(短毛)の方が、勝っていたのですが、
ここのところ、サビ(長毛)が強いようです。
というより、サビがワビをいじめているように見えます。
やたらしつこくワビを追いかけまわし、噛みつきとパンチを繰り出す。
ワビも応戦はするけど、最後はやられて逃げ出します。
それをまた追っかけて、戦いを挑み続けるサビに、私も夫もダメ!と怒るのですが、
効き目がありません。
オス猫同士は兄弟でも、一緒に飼っていても、かならず優劣をつけるための争いをすると
獣医さんに言われていたので、ある程度はあきらめていたのですが、
最近のサビにはちょっと困っています。
考えてみれば、あのワビの入院のあとぐらいから、二匹の関係が変わったように思うのですが、
それが原因なんだとはっきりしているわけではなく、
飼い主の思い込みなのですが。
これが原因でワビが家出しちゃったらどうしようと、心配になります。

僕不満 

2008年06月18日(水) 13時30分
おかあさん 新しいお家、ちょっと狭い 身体が伸ばせないよ、とでも言いそうな、不満顔です。
たまには可愛い顔で撮られてくれればいいのに。

猫1 退院しました 

2008年04月12日(土) 14時27分
赤血球は順調に作られているようで、餌も食べられるようになりました。
まだまだできるだけ安静にしておく、という条件付きではあるけれど、
お家に帰ってもいいというお許しがでました。
輸血に協力してくれた猫さんには、本当に感謝です。
猫2もにいちゃん(おとうと?)が帰ってきて、落ち着いたようです。
一緒に遊ぼうと追いかけまわすかと少し心配だったけど、そんなこともなく、
「まだ、本調子じゃないんだな」ってわかっているように見えます。
本当の猫の気持ちはわからないけどね。
とりあえず、ひと段落です。

猫1 入院 

2008年04月10日(木) 0時33分
どうやら、腹部のどこかが内部出血しているらしいです。
血液検査では、赤血球が本来の4分の1しかなく、極度の貧血状態。
レントゲンでは腹部に血の塊はみえず、膀胱も腫れていないが、肝臓が小さくなっている。
エコーでやっと腹部に出血が確認でき、大きな出血ではないらしいが、
少しずつ出血していて貧血で酸素を体に供給することができなくなっている。
ということで、輸血と点滴を受けることになりました。
これで赤血球が正常値に近づき、おしっこを生成することができるようになれば
回復する見込みがでるということですが、
ダメなら覚悟をしておいてくださいと言われました。
今朝からある程度の覚悟はしてきていましたが、はっきり言われるときついですね。
外傷はないので、どこかにぶつけたか?ということでしたが、
こればっかりは言葉が通じないのでわかりません。
何とか持ち直してほしいと願っています。

ネコがピンチ 

2008年04月08日(火) 22時10分
昨日、夕方出かけたまま帰らなかったわが家の猫1を、
夜中に懐中電灯を照らしながら探しに行ったら、
家の後ろの軒下にうずくまっていた。
どうも、体調が悪いらしく、今日獣医さんに連れて行ったのですが、
ケガもしてないし、食べ物を吐いても下してもいない、骨にも異常がないようで
何が原因なのかわからないとのこと。
ただ、脱水症状がひどいので、点滴と抗生剤の注射をしてもらって帰ってきました。
点滴のおかげか昨日よりは元気に見えるけど、
あいかわらずくたっと寝ころんでいます。
明日にはもうちょっと元気になるといいけどなぁ。
散歩に行って(猫なんだけど散歩好き)、何か悪いものでも食べたのだろうか。
それにしても吐き下しもないし、おかしいばかりです。
兄弟の猫2といつものように固まって寝ていますが、
本当はそれも辛いのかもしれない。
明日にはもうちょっと良くなっていますように。

水浸し 

2008年02月04日(月) 1時33分
昼間出かけ、帰りしなに恵方巻を買ってルンルン帰ってきて玄関をあけたら家の中では「ジリギリ、ジリギリ」という音が響いていた。
とっさに「水槽だ!」と思った私は、リビングの水槽を見た。
上の水槽の水が半分しかない
ということはこぼれているわけで、あわてて近寄ると、足袋がぐっしょり濡れた。
下に敷いていた長座布団がしっかりと水を吸い込んでリビング中が水浸しになるのを防いで
くれてはいたが、とにかく水は床にこぼれていたわけである。
水を片づける前にまずこの音は何か? どっかで漏電でもしているのではないか?
と怖くてファンヒーターのスイッチも入れられない。
とりあえず夫の勤務先に電話をかけ、家に電話をくれるように頼む。
(夫は仕事中は携帯のスイッチを切っているのでつながらないのである)
夫の電話を待ちながら、着物を脱ぎ掃除体制を整えていると夫から電話。
サーモと濾過機のスイッチをなんたらかんたらと言うが、私にはどれがどれやらわからない。
(だって水槽が3つもあるし、配線ぐちゃぐちゃだし)
とりあえず急ぎ、抜けてきてくれと頼み、掃除にとりかかるが、どこもかしこも全部どかさないとだめだし、足はびしょびしょになるしで一向に進まない(泣きたくなった)
その間に、犯猫であろう2匹がじゃまするんだな。まったくこいつらは。
家で運動会が行われており、水槽の上から落ちるか何かして、濾過機の管が外れたらしいのだった。
(夫はあわてて帰ってきてくれ、とりあえず音を止め、大きな荷物はどかしてくれた。その後仕事に戻ったが)
幸いにも恵方巻を買ってきておいたので、夕飯は作らなくてもいいし、
とにかく水を全部吸い取り、汚れたものを洗い、乾かし、もうそれだけでぐったり。
地震にもびくともしなかった水槽なのに、こんな弱点があろうとは。
次にこういうことがあったら、全部撤去してやる!
とひそかに思うのだった(夫の趣味なのでねぇ)

明日は呈茶へ 

2008年02月02日(土) 16時26分
着物着用率がものすごく下がってますが、
着たいときに着ればいいやと思っていたのですが、
こうやって着ない日が続くと、それに慣れてしまうということが分かりました。
真面目に半襟つけをしなくなってきたのです。
そうすると、着ようと思っても「あっ半襟が〜〜〜」と思ってしまうので
ますます着なくなるのでした。
せっかく集めた着物が泣きますね。
ということで今日は半襟つけをします。
そして明日は呈茶サービスへ遊びに行こうかなと思ってます。

あいかわらず 

2008年02月01日(金) 23時52分
ぴったりくっついて寝るニャンズだけど、いつもサビが抱っこしてるんです。今日は腕まで回してました。まるでお母さんが子供と一緒に寝ているようです。
男の子同士なのにね。

どっちがどっちだ 

2008年01月30日(水) 21時42分
寒いせいか、よりべったりくっついて寝るようになったニャンズ
どっちにどっちの顔があるのか、わからないくらい交錯してます。そのベットと思わしき場所は、水槽の上なのでした。
2011年05月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:nyata_nagi
  • アイコン画像 性別:女性
  • アイコン画像 血液型:A型
  • アイコン画像 現住所:新潟県
  • アイコン画像 趣味:
    ・ペット-猫を飼ってます。
読者になる