猫サマの介護

December 16 [Thu], 2010, 11:25

小さな小さなきなこ。体重は900グラムになってしまった。今まで通っていた病院はもう為す術はないとの事。そういえば今までもここの病院は確定診断をつけずに、治療が定まらずに亡くなる子が多かった。質問にもあまり思うような答えが返って来ない。セカンドオピニオンを考える時かもしれない。引っ越ししてから調べた気になっていた病院に今までの症状をメールで問い合わせてみた。二件。すぐに返事が来た一件の病院。とても詳しくお返事が来た。もう一件は24時間たって返事が来たが当たり障りのない内容。
よし、決めた。
この詳しくすぐに返事をくれた病院に行こう。
また同じ事を言われたら、納得が行くかもしれない。そうして新たに病院へ行ってきました。
若い女の先生でしたが、キビキビして、質問にもしっかり答えてくれる。
新たに必要な検査をし、治療方針をしっかり立ててくれた。新たな症状が2つ出てきた。軽い肺炎と便秘。でも食べてないのに急に便が詰まるって事あるんかな。昨日も前の病院に行ってるんだから、気付いてくれなかったんだろうか。
とりあえず、処置をして頂き、後は水頭症と肝シャント?、ウイルス性の脳炎など疑いが出てきた。外に出す検査をしたので結果は土曜日だそうだ。後は栄養点滴、抗生剤、脳圧を下げる為に利尿剤が出されしばらく通院する事に。何も出来ないのではなく、やれる事はやっていきましょうとの励ましを頂き、帰路につく。それからもやはり癲癇発作は続き、一晩中苦しんだ。今は壁に頭を押しつけたまま前に進もうとしたり、突然走りだして壁に激突したり、やはり脳の障害が出ている様子。
呼吸不全になりもうダメだと何度も思った位苦しんだ。3時過ぎまで見ていたが眠ってしまったらしい。
朝になり目を覚ますとぐったり横たわって喘いでいたきなこがお座りをしていた。なんて強い子なんだろうか…。
でも意識障害が出ている。目は見えていない。
耳も聞こえていない様子。当然ご飯も水も飲めない。歩いても壁にぶつかる。
これはもう部屋に放しておくのは危険である。
大きな段ボールにおしっこシートとあたたかいラグを入れ、低体温になってきたのでペットボトルにお湯を入れる。ご飯はシリンジであげるがものすごい力で暴れて、ちょっとしか入れれなかった。
お水もシリンジで数時間ごとにあげる事に。

ちょっと厳しい状況。
でもやれる事はやろう。

せっかく我が家に来たのだから…。

あと何日頑張ってくれるか分かりませんが、
最後まで諦めずに強くなろうと思います。

きなこ、頑張って!
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:猫管理人
  • アイコン画像 性別:女性
  • アイコン画像 現住所:大阪府
  • アイコン画像 趣味:
    ・音楽-the neatbeats GOGO7188 椎名林檎 YUKI 吉井和哉 などなど
    ・猫-購入猫以外に保護をしていつの間にか13匹に。猫貧乏。
読者になる
2010年12月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
最新コメント
アイコン画像遠距離恋愛
» 猫サマの介護 (2011年12月17日)
アイコン画像お嬢狩り
» 猫サマの介護 (2011年10月07日)
アイコン画像小田由美
» 猫サマの介護 (2011年10月01日)
アイコン画像グリー案内
» 猫サマの介護 (2011年09月09日)
アイコン画像berry
» 猫サマの介護 (2010年12月19日)
アイコン画像さわ
» 猫サマの介護 (2010年12月16日)
アイコン画像ユッキー☆
» つらい… (2010年12月15日)
アイコン画像berry
» つらい… (2010年12月14日)
アイコン画像ユッキー☆
» 箱inごまめ (2010年12月10日)
アイコン画像ユッキー☆
» 初作品 (2010年12月09日)
Yapme!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/nyans13/index1_0.rdf