キン肉マンU世:第338話 

2005年09月14日(水) 14時04分
サンダー&ライトニング組と2対2になった万太郎&カオス組。
多人数というアドバンテージは失ったうえに、
パートナーは人間のカオス。
びびる万太郎はなかなか仕掛ける事ができずに
両者睨み合いが続きます。

その間にもバトルロイヤルは続き、
キン肉マン&テリーマン組のザ・マシンガンズと
ネオショパン&ローズマン組の戦い。
優勢に試合を進めるショパン&ローズですが、
格の違いを見せつけられ バトルロイヤル第1号の脱落者になります。

そして、ゴリマックス&サバンナ組をヘルズベアがツープラトン。
次号はどのチームが脱落の憂き目に遭うのでしょうか。               【今シリーズでの復活はあるのか
DNS プロテインホエイ100 3000g(ストロベリー) DNS プロテインホエイ100 3000g(チョコ) DNS プロテイン ホエイ&カゼイン スローローディング LIFE STYLE マルチビタミン&ミネラル LIFE STYLE キッズナチュラルマルチビタミン シットアップベンチA FA100A JTW ラバーダンベル 12.5Kgセット

はじめの一歩:Round702 

2005年09月03日(土) 22時22分
さすがに青木&木村の二人だけでは
元高校球児チームを抑えきれず、
徐々に相手側へと試合の流れは傾いてゆきます。

しかし、板垣くんのファインセーブにより失点だけはまぬがれ
膠着状態のまま試合は7回を迎えます。

…が、新人王である板垣くんの活躍により
"東洋チャンピオン"一歩と"世界チャンピオン"鷹村への警戒心による
相手チームへのプレッシャーが効力を発揮していたのもここまで。
鷹村、一歩のエラーにより、
この二人が野球のド素人であることがバレてしまいました。

ついに、この7回表で3点を失い逆転されてしまいます。
ボクサーズチーム危うし

…と。ここで衝撃のページがドーンと
いや、単なる作者体調不良による
減ページのお詫びなのですが…心臓に悪いです。
なにもこのカットを使わなくてもいいんじゃないかな…と思うのですが。

何はともあれ、反撃の狼煙は上がるのか。
次号に期待です。
プッシュアップバー プッシュアップバー D-5375 エクササイズチューブ STヘビー エクササイズチューブ STミディアム エクササイズチューブ STライト エクササイズチューブ ヘビー エクササイズチューブ ミディアム エクササイズチューブ STミディアム H-7200M

キン肉マンU世:第337話 

2005年09月01日(木) 22時59分
知将ミートくんの素晴らしい提案に
一致団結を試みたニュージェネレーション。
得意気に時間超人の過失を語るイリューヒンといい、皆 余裕しゃくしゃくです。

…が、そんな余裕をコイている間にも、戦況は刻々と変化してゆきます。
それがバトルロイヤル。

重体のケビンを目の当たりにして
使い物にならなくなったロビンを助けに、キッドかイチ抜け。
スカー&ジェイド組、バリア&イリュー組も
それぞれ他のチームからの奇襲に足元をすくわれます。               【十数年振りに猛牛の勇姿が見られるのか

たかまれ!タカマル:9/9号 

2005年08月27日(土) 22時29分
大学入試を控えた蓮沼。
自分を気遣ってくれるS.M.L部員達のため
単独で印刷所廻りを決行します。

仕事のできる人というのは、
まず第一にバイタリティが違いますね。               【100Km超を自転車で走破

BAKI:第264話 

2005年08月27日(土) 22時20分
さんざんパパに挑発されたJr.
今回ばかりは回避した方が賢明と思われる刃牙との戦いを
受ける決意をします。

刃牙は刃牙で、Jr.との戦いをあっさり受諾。
ここのところやる気のない描写ばかりが続いていたのですが
地下闘技場闘士としての誇りは、未だ健在なのでしょうか。               【齢百数十歳にして、武の道を極めんと欲す】

はじめの一歩:Round701 

2005年08月25日(木) 21時00分
一歩と木村は開始1ページで仲直り
さらにベンチにはクミさんの姿も見え、全体的にほのぼのムードです。
めでたし、めでたし。

………はぁ

いえ、まぁ、ここのところ殺伐とした展開が続いていたので
気持ちの切り替えには丁度良いエピソードなのかも知れませんが
…正直 驚きました                   【脅威のスラッガー木村

BAKI:第263話 

2005年08月20日(土) 19時40分
ひととおりパパの攻撃を喰らってしまったJr.
別室に運び込まれ、パパから手痛い引退勧告を受けます。

しかし、Jr.
老齢に達しながら 未だ最強を追求し続けている者達の名を挙げ
自らもまた、このゲームから下りる気はないとやる気マンマンです。
ここ数週間のうちに何度も半殺しの目に遭っているJr.ですから、
この覚悟は相当なものです。

そこへ徳川光成が久しぶりの登場。
なんと、Jr.に刃牙と戦ってみないかと持ちかけます。
そして、パパは例のあのスマイルです                   【Jr.は怪我しているほうが男前かも…】

はじめの一歩:Round700 

2005年08月18日(木) 0時11分
場面は鴨川ジム。
沈痛な面持ちの面々。

沢村の事故、真柴の出場停止処分。
プライドを賭け、死力を尽くして戦った結果が
両者に何ももたらさなかった事に、
同じボクサーとして、またボクシングに関わる人間として
思うところがあるのでしょう。

そんなことはない、と木村。
確かに結果として失ったものは大きいが、
二人が繰り広げた死闘に男と男の勝負を見た。
この発言に感じ入る一同。

…は、表向きのコメント
その実、漁夫の利を得られた木村は
喜びがリミッターを越えたのか、
半狂乱で小躍りを始めてしまいます。

先程の感動も手伝ってか、さすがの一歩も怒り心頭。
いつになく先輩木村に楯突いてしまい
二人は気まずい雰囲気になってしまったようです。                   【間柴カッコよすぎ

たかまれ!タカマル:8/26・9/2合併号 

2005年08月13日(土) 16時30分
第二次センター試験も近づいてきた蓮沼。
それでも、ギリギリまでS.M.Lの編集作業に付き合うあたり、
彼女の責任感の強さが伺えます。                   【女神と見紛う女性

学力に関しては何の問題もないようで、
いまさら焦って詰め込む必要はないようです。

しかし、ここでトラブル発生。
6ページもの特集を組んだ紹介記事がメーカー規制。
さらに、6ページの攻略記事、漫画ページにも穴があきます。
そのうえ、印刷所の輪転機が故障する始末。

S.M.Lの発行に、そして蓮沼の進学に…。
暗雲が立ち込めてまいりました。

たかまれ!タカマル:8/19号 

2005年08月13日(土) 16時28分
冴の協力を得て、順調に取材をこなすS.M.L編集部。
冴もリンクのコスプレが似合っています。

あまりにもすんなりと、取材協力の申し出に答えてくれた冴を
いぶかしがる蓮沼に、"いい人だからじゃないでしょうか"との見解を述べるゆきえ。
そんな思考のできる あなたの方がいい人ですよ                   【ふとももチラリ