August 07 [Thu], 2008, 21:31


ナイフを握りしめて

向かったのは僕の内部

ねえそろそろ

さよならしない?

僕の中の僕

君のせいでしあわせになれない



形がなくなるまで

僕が愛してあげるよ

何度も何度も君を想って

この世界と遮断してあげるよ




綺麗だね

その赤色

ねえ笑って?


やっと楽になれたでしょう?

36度 

August 07 [Thu], 2008, 0:58




あたしがいないと生きていけないって

あたしが死んだら僕も死ぬんだって



嘘でもいいからあたしに与えて


ほんものなんていらないよ

ほんものなんてのぞまないよ

にせものだって愛だもの

にせものだって君だもの



君の口は

愛してると言う

君の口は

嘘をつく

でも

君の体温は

体温は嘘をつかない


その温もりが今日もあたしを生かす

36度の優しい熱が

明日もあたしを生かすんだよ



冷凍保存 

July 07 [Mon], 2008, 11:36


愛しくて、愛しくてたまらない想いを

死なせたくなかったから

ビニールに閉じ込めて

冷凍庫に保存した


その温かさに触れたくなって

取りだしたソレは

腐ってすっかり死んでいた


まるでそんな気分なんだよ



すがる 

July 07 [Mon], 2008, 11:26


生活にすがる

意味など生まれないかも知れない

そんな日々にすがりついてる


自分を殺して

心を殺して

感性を殺して


歪み出しそうな笑顔が

一体どれほどの人に映っているのか

嘘で塗り固められた人格形成

「良い子」だなんて言うまぬけは誰



すがる、すがる

わたしはすがる

涙を流しながらもすがる

此処にそれほどの価値はあるのか


汚くても愛 

May 29 [Thu], 2008, 23:37


綺麗な恋愛を捨てて

自分を安く売ってばかりいたら

底知れず堕ちてゆくんだ

自分でも驚くくらいに堕ちていくから

善悪の区別などとうに無い


愛が欲しいだなんて

汚い愛しか知らないくせに

汚い愛しか見えないくせに

愛が欲しいなんて

言ってろ


綺麗な恋愛を捨てた

自分を安く売ってみたら

汚れただけだった




 

May 08 [Thu], 2008, 0:50


あたしはね

君と桜が見たかっただけなの

あたしはね

君と並んで歩きたかっただけなの

あたしはね

君と手を繋ぎたかっただけなの


それ以上は欲しくなかったよ

それ以上は見たくなかったよ


桜の花びらが舞い散るあの場所で

ただ君と揺らいでいたかった

見ないふり 

May 08 [Thu], 2008, 0:46



君の心の中

見ないふり

君の僕への愛

見ないふり

君の冷たい瞳

見ないふり

君の欲しいもの

見ないふり

君の欲しいひと

見ないふり



冷たい雨みたいな愛でもいい

無いよりはほんの少しの量でも有るだけまし

見ないふりしてれば

この虚しさも雨みたいにやんでくれるから



診察待ち 

March 22 [Sat], 2008, 0:06


心のどこかが欠落してるのに気づいたのはいつだった?

いつからこんな風になったっけ?

僕の中の雨はもうずっと止まないんだよ


心療内科の入口が今日も手招きしてるんだ

優しい顔で僕を呼んでいるんだよ

ぁあだけど僕は今日も断るんだ

正常なふりして断るんだよ



ねえ、待ってくれよ

正常なんだ

まだ僕は正常なんだよ



そんな眼で僕を見ないで


僕を見ないでよ



生=死 

March 21 [Fri], 2008, 23:46


生きることがこうもつらいのは何故?

人生とは旅だなんて

ねえ行先は真っ暗闇


生きることがこうも重たいのは何故?

命の重たさなんて

ねえあたしには伝わらない


生きることが死ぬことで

死ぬことが生きること

あたしにはこれが全てなんです





そんなことでは救われない 

March 21 [Fri], 2008, 23:36


抱いて貰ったらそれで満たされるのか

愛してるって言われたらそれで救われるのか

性的衝動

愛情表現

何が違うかわからない

性的衝動 君が欲しい 今すぐ欲しい

愛情表現 君が欲しい 全部欲しい


恋人という名前の欲求不満解消ロボ

「愛してる」が原動力


抱いて貰ったらあたし満たされるのか

愛してるって言われたらあたし救われるのか

性的衝動

愛情表現

何が違うかわからない


性的異常

愛情不足

そんな夜


P R
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:SEIRA
読者になる

詩を書いていきます。

2008年08月
« 前の月  |  次の月 »
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31