函館旅行記2013 Day2-2

February 14 [Thu], 2013, 23:57

今日はヴァレンタインディでございますね。

日本では女性が男性に、北米では男性から女性にっていうのが有名な話。人にもよるだろうけど彼女を食事に連れってったり、花束とかアクセサリーとかプレゼントするらしいっすよ。甘いっすね。他の国はどうだろう。因みにインドはどうなのかな。バレンタインの前の週に帰国しちゃったからなぁ...ちゅうか大体、日本とかと違ってまず男女の距離感が違うからな。宗教もあるし。

とまぁそんな世界のバレンタイン事情はいいんだけど、世間が浮かれ気分の中、そんなこととは全く関係なくミヤネ屋でやっていた「冷え性対策運動」 してました。結構効くんだなこれが。

両手を真っ直ぐ横に広げて体をねじったりですとか、マトリックスのキアヌじゃないよ。


両肘を交互に逆の膝に当ててみたりですとかね。※これを繰り返すんだそうですよ。

※部屋着です。

パソコンとか長い間同じ体勢でやってるとかなり冷えるし、肩も凝る。目も疲れる。
時々は休んでこういう風に体動かさないとやっぱ駄目だね。

今日は起きたら全身痛かったから即アルニカオイルでマッサージしたよ...
もう何か最近ヨガインストラクターとかになろうかなとさえ思いはじめてる。
あと、オイルマッサージ師とかね。でも資格をとらないとなんなかったりして、その上、

お金もかかるし大変だよね〜つぶちゅわぁ〜ん  ぐるるるるるr....




と、まぁいつもの様に適当(おい)な話を済ませた後で函館旅行記続き行きます。


・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・

※前回の記事はこちらから。

昼食のカレー蕎麦に入っていた「謎のきのこ一本」に傷つきながらも、教会巡りで疲れた体を休ませる為、時間もあるので一旦ホテルに戻ることに。便利なことに泊まっているホテルの目の前が函館駅前の電停なので、一旦靴を脱いでぐんにゃりしててもササっと電車に乗れちゃうというこの喜び。

因みにこれから会いに行くのはH野さん同様、3年前にボランティアで函館・大沼に来ていたときにお世話になっていた教師兼、環境活動家、そして翻訳家でもある函館では有名な「Hレット」さんという方で、彼はカナダの方(といっても大体は日本で育った)なので、「カナダに行くにあたってどなたか紹介して頂けませんか」という何とも大胆な相談をインド帰国後から、何度か電話で話していたので今回は、その話を直接会ってしたいと言うと、快くOKしてくれ、今日再び会えることになったわけなのです。

というわけで、待ち合わせまでの時間一人ベッドの上でボーッとしながら色々なことを考える...


カナダに行きたい(というか国外に避難したい)という理由などを明確に話さなければならないため、実際自分でも驚くほど「うまく話せるだろうか...」「上手く話は進展するだろうか...」などのプレッシャーで、胃が弱っているのもあってか、少し吐き気がする...
 
しかも久しぶりの再会... ぎゅるるるるる....  込み上げるネガティブな妄想... このまま寝ていたい...

「何してんだよ!ここまで来て腹をぎゅるるるさせて動かないわけにはいかないだろうが!そもそも願い叶って函館に来れたんだろうが!例え話に進展がなくとも、この一歩は絶対カナダに向かって続いてる!今すぐ起きろ、この金髪豚野郎!」

(...金髪豚野郎って何だよ..)と思いつつも、自分を鼓舞する大声が何処からともなく聞こえてきたと同時に、Hレットさんの明るく優しい笑顔が頭に浮かんできたので、すぐ様重い腰を上げ、いざ出発!こういうときは、そう、何でも全進あるのみなのさ!

そうして電車で駅前から一本で「五稜郭公園」駅まで揺られ、Hレットさんと待ちあわせした後はHレットさんに連れられ六花亭のカフェへ。(やっぱりHレットさんは3年前と変わらず暖かくて優しい人でホッと安心。)

Hレットさんお勧めのパンケーキセット!激旨!これぞ夢に見たパンケィク!


この日は、Hレットさんと一緒にHレットさんのご友人の方も来てくださり3人でお茶をしたわけなんだけど、そのHレットさんのご友人がなんとカナダ・トロントに1年間住んでいた方で滞在にあたって色々なことが聞けることに!その上、介護福祉系の仕事をしてらっしゃるようで、私のインドでのボランティアの話も是非聞きたいと!

そう言ったわけで皆共通の話題も多くあっという間に2時間ほどが過ぎたところでお開き。

やっぱり明るくポジティブなHレットさん


そして肝心のカナダの話はどうなったかというと...

なんとHレットさんの妹さんを紹介してくれることになり、まずはそこに少しの間いさせてもらい土地に慣れてきたところで、仕事を探しシェアハウスなどの物件を探す、と。それからどれ位のお金を貯めたらいいか、そしていつ行くかまで明確に!

Hレットさんの妹さんはトロントで助産婦さんでクリニックをやっている傍ら、有機農園の農場をもっているとか。そこには何匹かのヤギと牛、犬が暮らしていて旦那さんと娘さんが一緒に暮らしていると!実際に写真も見せてもらって、もうこんなに考えてくれていたのに何の進展もなかったらなんて不安だった自分はやっぱり金髪豚野郎だったな(違うけど)と思いながら、どんどん具体的になっていく話に心は震える様でした.....

そして行く時期は...

来年2014年の2月頃(希望)です!

ユゥコォン!


なんでもその時期に妹さんのところでメープルシロップの収穫が出来るんだとか!

費用に関しては、Hレットさんのおかげでツテも出来たし、航空券代や保険、ビザ、所持金等かかるのでそれを全部合わせて50万円程あれば十分だということで、今年中にどうにかこの額を貯める、と。.

...ははは!現実的じゃねえ!と思いつつオーケー!まぁどうになかなるでしょう!と潔く決意。「本気で行くと思えば何とかなる」戦法でいきます!「思いは実現する」戦法で。


というわけで、とんとん拍子で話が進み、不安と期待と実感の持てなさが混同しながらもホテルに帰還。一息つきながら「カナダか....」と思っていると、前にある鏡に映った私の頭のやや上あたりに何か気配を感じる.... やだな.. やっぱこういうとこだからな...などと瞬時に嫌な妄想が頭をよぎる...



そして恐々と目を鏡越しにその正体にむけると....




ぃぃぃぃいいいいゃぁやあぁあ!!!!


ぁぁぁああああぁああああっ!!!!


ぁあああ”!




霊でも人でも何でもなく、己の束ねた髪でした。本気でビックリした...



そんなこんなで「空驚き」で体力を消耗した後、ふと、「あ、そーだ、ホテルの風呂に付属してあるボディソープきつくて痒くなったから何か買わなきゃ」と思い出し、急遽駅から15分ほど歩いてツルハへ... そんでとりあえず買ったのがこれ。



泡もかなりもったりしてて肌もしっとりするので結構良かった。

んでもって、ボディソープでの痒みはこれで何とかなったとしても寒いので暖房をつけていることにより空気が乾燥する。加湿器なんてあったらいいのにと思ったら、あれ.....

湯を沸かすだけと思っていたこの方....


ポッドをよけるとこれはまさか....  まさかの?


水を入れるタンクじゃないのか!?


やっぱそうだ、加湿って言ってる!


あーもう、何で早く気づかなかったんだよ!昨日はボディソープもきついし、空気は乾燥してるしで体かゆくてどうしようかと思ったけど、やった!これでもう大丈夫だ!と心を弾ませそそくさと水を入れセッティングしてスイッチゥォオオオオオーーーン!!!!

1分ほど無音で何の音も聞こえないため不安になったものの待ち続けること3分.......

........きてるか?きてるのか?


おっ音がグツグツゆってきた!...ちょっとうるさいけどキテるキテるキテる!



...弱っ!





でもないよりはマシなのでグツグツうるさい中、寝ました。( つづく )
プロフィール
  • プロフィール画像
  • ニックネーム:Koyuki.(うねえ)
  • 性別:女性
  • 誕生日:1989年12月20日
  • 血液型:AB型
  • 現住所:北海道
  • 職業:専門職
  • 趣味:
    ・写真-現在Webページ作成中!
    ・旅-体力の限り何処へでも!
    ・語学-英語もっと勉強しなきゃな...
読者になる
どうも、koyuki.です。最近、愛猫たちに「うねぇ」※正確には「ぅうにぇぇえぇぇ〜」と呼ばれています。

見た目に「ほんわかしている」と思われがちですが、ささやかな毒気とシニカルなジャブを心に持ってます。そのくせ、良いことにも悪いことにも感受性が強すぎて胃が悪いです。最近すぐ「おえっ」ってなります。やばいです。

趣味は、写真と日記をつけることで、どちらも趣味というよりはもう「癖」になっているので、自分では「日記癖(にっきへき)」「写真癖(しゃしんへき)」と呼んでいます。

特技は「畳一畳分のスペースでも我が家にすること」と「○○(国とか場所とか)に行く」と言ったら、「気づいた時にはもうそこにいること」

2010年には16歳の頃からの夢であったインド・コルカタにあるマザーテレサの活動の拠点となった場所、「Missionaries of Charity 神の愛の宣教者会 (マザーハウス) 」への訪問とボランティアを沢山の方々のサポートによって実現することが出来、翌年2011年夏から2012年の年明けにかけての半年間、同じくインドのコルカタの孤児院にて子どもたちと生活を共にし、己の中に眠る「ワイルドでタフな人格」を開花させることに成功。片言のベンガル語を覚え、騙しにかかろうとするインド人を撃退しながらも、うまくトラブルを回避しつつ半年間を無事に生き抜くことが出来ました。ただし髪は痛むは踵はガッチガチになるはで体はかなり酷使しました。

そしてインドから帰国した今も尚、旅の途中であるような毎日・生き方を心がけてます。月並みな表現ですが、「人生は旅」と思ってます。

原発事故以降、本気で移住(っちゅうか避難)を考えるようになり、昔から「自分、行くな...」と漠然と思っていたカナダにワーホリビザで侵入し、そのまま住もうと思っています。

好きな音楽は、特にAlan Wilderがいた頃のDepeche Modeで、それを軸に割りと気に入れば広く何でも聴きます。

今は頂き物のカメラで、CASIO EXILM EX-H10を使っています。普通のデジカメですが、画面も大きく性能もかなりおりこうさんです。いつかCanonのデジタル一眼を...と狙い定めてます。
そんなわけなんで宜しく!
2013年02月
« 前の月  |  次の月 »
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28
最新コメント
adiction0
» 函館旅行記2013 Day2-2 (2013年02月17日)
Koyuki.(うねえ)
» 函館旅行記2013 Day2 (2013年02月07日)
adiction0
» 函館旅行記2013 Day2 (2013年02月07日)
koyuki.
» ひとまず帰宅宣言。 (2013年01月26日)
枝未
» ひとまず帰宅宣言。 (2013年01月25日)
Koyuki.
» チャイリズム (2013年01月19日)
adiction0
» チャイリズム (2013年01月18日)
adiction0
» おもち・お雑煮・おめでとう (2013年01月13日)
葡萄明王
» そりゃないぜブラッド (2012年11月07日)
葡萄明王
» そりゃないぜブラッド (2012年11月07日)
P R
http://yaplog.jp/nyagau/index1_0.rdf