自覚症状がほとんどない高血圧に注意しましょう。

November 29 [Tue], 2016, 10:37
コーヒー(ウォータードリップ、ペーパードリップ、ネルドリップ、エスプレッソマシン、コーヒーサイフォン、コーヒープレスなど、淹れ方も実に様々なものがあります) は人気の飲み物なので、愛飲家も多いことでしょう。

ところがコーヒー(モカ、キリマンジャロ、コナ、ブルーマウンテン、グアテマラなど、色々な種類のコーヒー豆があります)は、高血圧の人には良くない飲み物といった印象があるかもしれませんね。

しかしながらコーヒー(普通に淹れたものをレギュラーコーヒーと呼んだりします)には、反対に血圧(喫煙や過度の飲酒で上昇することになります)を下げる働きがあるらしいのです。ハッキリと言わせていただくとすれば、コーヒーは高血圧に良い飲み物と言えるでしょう。

コーヒー(夏にはアイスコーヒーも好評です)に含まれるカフェイン(栄養ドリンクにも含まれていることが多いので、成分表記はよく確認するべきでしょう)は、心肺機能を落ちつける働きがあって、心臓への圧力を軽減出来るのであります

また、カフェイン(覚醒作用や利尿作用があることから、就寝前に飲むと睡眠の質が落ちるでしょう)の利尿作用(尿を排出することで、血圧が下がったり、むくみが改善したりする効果があります)も高血圧(特に不自由を感じていなくても改善しないと危険を招くことになります)の治療(有効な方法が確立されてないことも多いでしょう)に有効なのであります。

高血圧(血圧は高くても自覚症状がないことが多いので、意識して定期的に計るべきですね)の発症リスク(会社経営などではしっかりとマネジメントすることが大切でしょう)を下げるには一日4杯〜6杯以上が目安となります。

1杯や2杯くらい飲んでも効果がないからという研究結果ですから、高血圧(多くの場合、血圧は高くても自覚症状ありません)のことを思うなら4杯以上飲むようにしましょう。

また、コーヒーを飲むと大腸がん(食生活の変化などに伴って、日本でも二番目に多い癌となっています)のリスク(いかに損失を減らすか、迅速に適切な対処をするかが問われるでしょう)も低くなるとも考えられているのであります。

とは言えコーヒー(焙煎したコーヒー豆を挽いて粉末にして、お湯や水でその成分を抽出した飲み物もことを言います)を過剰に飲むのはやめておきましょう。

飲み過ぎは体に悪影響(一般的に、いいと思われているものが、実は悪い影響を与えているということも少なくないでしょう)を与えるので、1日6杯を限度としておくべきですね。

そして、コーヒー(漢字では「珈琲」とも表記されますが、これって当て字なんですよ)を飲む場合、できるだけ砂糖やミルクを使うべきではありません。

糖分(糖質とも呼ばれます)が過剰なコーヒーを飲み続けると肥満(極端なダイエットはリバウンドや拒食症、過食症の原因になる可能性があります)を発症させる危険性もありますね。ということでコーヒーは、ブラックで飲んだ方が良いのであります。

そもそもコーヒーを飲みすぎて眠れなくなる睡眠不足は血液がドロドロとなって、結果として高血圧になりかねませんからね。

ちなみに高血圧になるとそれは、動脈硬化の原因になりますが、食事の内容次第では動脈硬化も改善できる可能性があります。

P R
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:ny36s3dh
読者になる
2016年11月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる