もし若いときに適度にぶりっこして男性陣に好印象を与えておけば、イイ男性を紹介してもらえてたかも」(30代・旅行代理店)

September 24 [Thu], 2015, 12:24

誰にでも「若いうちにやっておけばよかったと後悔したこと」はあるだろう。「あの時こうしていたら……」と思いをはせることや、自分の過去を呪うこともあるのでは? 今回は「若いうちにやっときゃよかった」と思うことを女性たちにリサーチしてみた。

ぶりっこ
・「自分はぶりっことは程遠く、若い頃からずっとクール&元ヤンキャラで過ごし、今ではおっさんキャラとして通っています。もし若いときに適度にぶりっこして男性陣に好印象を与えておけば、イイ男性を紹介してもらえてたかも」(30代・旅行代理店)

――今やってしまえば痛い女のレッテルを貼られること間違いなしだが、若い時ならばチヤホヤされてたはずのこの行為。年をとってしまったらやり直しは効かない。

結婚
・「もうすぐ46歳になる私。最近はすごく、パートナーが欲しい。仕事がしんどいとき、不安な時に『大丈夫だよ』……ってそばでそっと見守ってくれる旦那がいて、そういう人と毎日生活をしていける、ってゆう環境に身を起きたい! あぁ、女一人で生きてくのはしんどい」(40代・飲食店経営)

・「20歳くらいの頃、会社の同僚や友達から『あなたはうちらの中で一番最初に結婚すると思う』といつも言われてきました。実際はそうでもないんですが、私の性格がまじめでいつもキチンとしているように見えていたようです。今振り返ると、高評価のうちに適当な人と結婚しておけばよかったと後悔。いい年した女性が堅実でも、男性からは重いと思われちゃうよな〜と今は感じています」(30代・販売)

――“結婚”これは40代50代……と年齢が進むにつれ後悔の度合が深くなる。若い時には「いつかは結婚できる」「ま、そのうちにね」「この先もっといい人が現れる」などと根拠なき自信があったとしても30も過ぎれば目が覚めるのだ。
そう“結婚というものはひとりではできないもの”“自分がしたいときにできるものではないこと”自分の意思や努力だけではどうにもならないことを思い知らされる。
独身者の多くは「自分が望まれているうちに」「相手選びの選択肢があるときに」「勢いがあるうちに」に結婚してしまえばよかったと深く後悔しているのだ。

自分磨き
・「若いうちは少々顔がブスでも、スタイルさえまぁまぁ良ければミニスカでもビキニでも許されるし、雰囲気美人になれる。でもアラサー以降になると、いくらダイエットしても、タルミが何故か消えないし、痩せても周囲から『体調大丈夫? 働き過ぎじゃない?』なんて言われる始末」(30代・事務)

・「何も考えずに思い存分日焼けしてた若い頃。いまじゃ、コンシーラー命。しっかりファンデ。すっぴんなんてとても人には見せられないし、背中だってシミだらけ」(40代・主婦)

――年齢を重ねると若い頃とは違い、痩せたとしても決して褒められない。やつれた? 具合悪いんじゃないか? と心配されるのがオチ。
またお肌は若いときのケアがものをいう。若いうちはシミになることなど想定外、シミがポツポツ出始めてから「美白美白!」と慌てることになる。アラサーを過ぎてから悔やんでも後の祭り……。

遊び
・「もっと気軽にいろんなタイプの人とお付き合いしておけばよかった。若いときは超まじめだったので、もっと遊んで、世の中の男性を見てから結女性用媚薬の情報
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:バイアグラ 交感神経
読者になる
2015年09月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
http://yaplog.jp/nxhkhawi/index1_0.rdf