とよはしまちなかスロータウン映画祭

November 15 [Thu], 2012, 21:29
職場で回覧がまわってきた中に、とよはしまちなかスロータウン映画祭のチラシとチケット2枚があった。
チケットはご自由にお取りください的になっていたが、まぁ、いつもどおりメクラ判を押すアカンやろ。
でも、上司に行ってきたらと言われた。
じゃあ、最後までチケットが余ったらいただきますと言ったが、人数も少ないので、見事に余った。
まぁ、地元イベントとか、地元の名所に、案外、近い人ほど行かないの法則である。
とよはしまちなかスロータウン映画祭は、豊橋のまちに活気を取り戻そうとする活動の一環で、市民映画祭なんだそうだ。
まちの中にも、カンバンや、巨大タペストリーなんかが、結構、出ていた。
ウエストサイド物語は、高校だったかなぁ、音楽の授業で、ビデオを見せてもらったから、まぁ、イイや。
確か、その先生にはサウンドオブミュージックも見せてもらったぞ。
日にちと時間を見ながら、映画を選ぶ。
日程的に合いそうなのが、まず、11月3日祝のETであった。
上映会場は、名豊ビル8階のコミュニティーホールだ。
んこないだ、簡易出張で、そこで、高校生対象の専修学校展的な仕事をしてきた場所だぞ。
ワシは、ギリギリで着いて、整理券番号が133番であった。
結構、来るモンだなぁ。
イスは、こんなんである。
、コレ、やっぱり、専門学校展のときのイスと同じだわ。
最初に、実行委員長的な人から、あいさつがあった。
コレ、各映画ごとにやるんだよな。
この映画祭は、あくまでも、地元企業や有志による出資なんだそうだ。
そして、場内は暗転し、この映画祭の上映作品の予告編が流れた。
ワシの横に、映写機の箱があるようだ。
思いっきり、フィルムが回る音が、カラカラとしている。
何だか懐かしい気分になる。
ワシがガキの頃、よく、公民館で、映画を上映してたなぁ。
アレ、誰が主催だったんだろう。
同じ校区のガキがイッパイいたから、手ェとか上げて、影を作るヤツがいたモンだガキのこづかいでも行けるか、タやったと思うんだけど。
そこで、ゴジラシリーズの大部分を観たし、ウルトラ6兄弟VS怪獣軍団ハヌマーンが出てくるヤツも観たし、あとは、ドリフターズが主演の映画とか、マジンガーZ対デビルマンとかも、そんな機会で観たような気がする。
そんな懐かしさである。
スピーカーも、当然、最近の映画館よりは、貧弱であった。
でも、慣れてくると、気にならなくなった予告編が終わり、本編が始まるまで、少し、間があった。
何か、静かになったので、フィルムじゃあなくなったのかもしれない。
それはイイけど、2つ前の人の荷物の中で、たぶん、ケータイに着信があったのだろう。
ランプが当ナするので、気が散った。
ETは初めて観るのであるが、知識としてだけ知っているのは、近年、CGで作り直されたVersionがあるんだよね映像に、黒い唐ェ出没したりしないし、新しいVersionを観てる、と直感していた。
エンドロールで、やはり、THE20thANNIVERSARYVerであるコトがワカった。
もう1枚のチケットで、11月10日土のエンディングートを観てきた。
昼イチであったが、これまたギリギリであった。
暗転してからも、非常口ランプの光が、イスの、上のヘリに反射して、スクリーンに集中できなかったりするが、やはり、時間の経過とともに、目が慣れていく。
しかし、最近の映画館のように、床に高低差が無いので、前の人のアタマが動くと、避けないといけないけど、自分の後ろにも人はいるし、という、ムカシの映画観賞のシチュエーションを味わった。
この作品は、監督の父が、仕事を定年退職して、さて、これから老後を謳歌するぞ、と思った矢先に、ガンが発覚し、それを追ったドキュメンタリーのような映画であった。
段取り好きな主人公である父は、自分の葬儀やその後ライブチャットのコトを、遺書のような法的なチカラは無いが、エンディングートに書いていく。
しかし、病状の進行は予定されているワケではなく、エンディングート通りにはいかないし、エンディングート自体も、そんなにカッチリしたモではなかった。
そこが人間らしかった。
身内が、皆で寄ってたかって、そこが別れになってしまうのは、ワシの伯父が亡くなる数週前に、打ち合わせてもいないのに、親戚たちが大勢でお見舞いで、ハチ合わせしたコトを思い出した。
娘である監督は、淡々と、撮影していたようにも受け取れるが、当然、撮影していない時間もあっただろうし、お涙頂戴ではなく、静かに、時が流れていった。
ビルを出たあと、傾きかけた、晩秋の弱い陽の光が、観賞後の感覚にマッチしていた。
何ちゅうか、ひとりでは死ねない、と思った。
それはそうと、タイタニックなんて、こういう機会でもないと、観なさそう。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:nw5ogav9fi
読者になる
2012年11月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/nw5ogav9fi/index1_0.rdf