すべてついに現れました

September 27 [Fri], 2013, 20:55
は明日7月6日で、私達の知り合って結婚する周年の記念日、かも知れなく私達の離婚の日。私はずっと待って、待って、私達が再び始まることができると思って、しかし私は自分をだますことができなくて、私はますますはっきりしていて、あなたは決してこのような1つの機会でなければならなくありません。あなたはどのようにごまかすのに関わらず、どのようにの逃避、真相はずっとあって私の目の前、私はどうしても直面しなければなりません−−楽しみがまだ苦痛なのなのに関わらず。私とあなたは異なって、私は自分の何度も逃避を我慢することができなくて、私は強靱になって、私は勇敢になります。今晩私達はいっしょに家族に直面して、すべてを包み隠さず打ち明けます。1つのとても苦難に満ちている過程で、しかし私は自分の勇気のために誇りに思います。私がずっと思うように、家族は私を支えたので、私のを愛して、しかし原則のかばうことがないのではありませんて、私はとてもうれしくこのような両親がいて、彼らのため、私は更に強靱になるべきです。私は1夜泣いて、私はこれまで母の前にこのように泣いたことがあることがなくて、私はずっと自分の感情に隠れることに慣れて、しかし私はこれが私の軟弱のためそうではないと思って、私のが更に強靱で、もう私の内心の軟弱に潜伏しなければならなくないため、私は自分の内心の真実な感情に直面することができました。実はもし同日に始まって終わるならばけれどもが1種が首尾良くて、しかしこれはどんな杓子定規ではありませんて、私はただこの日私の1部の動力にこれに直面して私の前に半年ずっと半年解決する苦しい立場に横たわることを望みます。に関わらず、目の前の深い霧は散らばって、人生の道ははっきりしていてくるはきて、運命の高塔の中から跳び出して、時には死亡ですとは限らなくて、再び生むのです。あなたも同様に勇敢にあなたの自分で選ぶ人生に直面することができることを望んで、ある日あなたは成長して、ある日あなたは私のあまり熟していなくて優れている愛にわかって、ある日私達は全て持って私たち自身の楽しい人生に属します!あなたを祝福して、私自身をも祝福します。
P R
カテゴリアーカイブ
http://yaplog.jp/nvzsivl/index1_0.rdf