妊娠前から妊娠3ヶ月の妊娠初期において葉酸

June 13 [Mon], 2016, 11:03
妊娠前から妊娠3ヶ月の妊娠初期において、葉酸の摂取が重要であると厚生労働省が発表しています。ところで、妊娠後期に入った妊婦に、葉酸が必要ないのでしょうか。
確かに妊娠後期における葉酸摂取は、妊娠初期ほど言及されていません。
ですが全く摂らなくなっても良いのかというとそれはちがいます。
胎児が先天的な障害を発症する可能性を減少させるという有効性に限った話では、妊娠前から妊娠3ヶ月までの間が注意が必要な期間ですので、この期間での摂取を、特に心掛ける必要があるという理由です。

一般的に、妊娠してから産婦人科等で行われる栄養指導を受ける方や、地域が主催する、母親学級を受けに行った方は多いと思います。
こうした機会に、葉酸がもつ働きと、葉酸を多く含んだ食品を学んだ方も多いと思います。葉酸をふくむ食品として、多くの方がご存じなのがレバーです。


持ちろん、野菜も代表的な食品の一つです。


食べ物を調理して葉酸を摂取しようとする場合は、葉酸が加熱によってその大半が失われてしまうという葉酸の特徴を承知の上で、摂取するようにしましょう。



皆さんご存知のように、妊婦の体に必要不可欠といわれている葉酸、妊娠に無くてはならない成分である鉄分はいっしょに不足しやすいという共通点があります。

一般的な食事では、適切な量の摂取が難しいとされています。

ですから食事で摂る事に固執せずに、サプリを活用するのがお手軽でおすすめですね。最近はこうしたサプリメントの利便性が見直されて、鉄分と葉酸の両方を含有するものも売られていますので、こうしたものを利用することで、適切な摂取が、お手軽に出来ますのでおすすめです。

妊娠することによる体の変化と、必要な栄養素の効果を考えた時、妊娠中は持ちろん、それ以前の妊活期間からの摂取が望ましい葉酸は、忙しさから十分な摂取が出来なかった、という事も出てくる方が多いです。

こうした摂取不足に関する悩みは多くの方が抱えていますが、簡単な解決方法があります。



それが葉酸サプリです。
葉酸サプリであれば、普段の食事を変えることなく気軽に摂取できるため、継続的な葉酸摂取も容易です。
ですから、仮に食事での摂取が不十分だとしても大丈夫になりますね。不妊がつづく状態を打破するために、食事を見直すことも重要なことでしょう。卵子は持ちろん精子だって、親の体内で造られるのですから、食生活が劣悪だと受精しやすい活発な卵子(精子)というのは、あまり期待できないでしょう。妊娠前にも、妊娠後にも役たつことですから、栄養バランスの良い食生活を心がけ、ストレスをあまりためないようにしましょう。

妊娠が発覚した後、葉酸の摂取を心がけるようになったという方が多いのではないかと思います。
それと同時に、一体いつまで葉酸を摂取するべきなのか、といった疑問もよく耳にします。
赤ちゃんの為に摂取をされているという方は、妊娠期間中に絞って摂取するというのも構いません。
でも、葉酸には不可欠な栄養素の一つで、人体のバランスを整えるといった働きをしています。

ですから葉酸の摂取をつづけることで日々の生活を健康的に過ごす手助けになると思います。


みんなご存知のように、妊娠初期の女性にとって、積極的な葉酸の摂取が求められています。
胎内の赤ちゃんがより健やかに成長するようにも、母体に負担にならない方法(葉酸サプリメントなど)で積極的に葉酸を摂取して、葉酸不足に陥らないようにして下さい。

理想的な摂取量としては、厚生労働省の発表によると1日0.4mgをきちんと摂る事が求められていますね。
これを野菜だけで摂取する事はとても大変ですから、葉酸サプリで補給するのが良いと思います。妊娠の計画をされている方や、妊娠初期の妊婦さんは日ごろの食事に気を付けていただきたいことは持ちろん、それに加えてさらに葉酸の補給をするように厚生労働省によって勧告されています。
葉酸の適切な摂取は、胎児の神経管閉鎖障害発症のリスクを下げる効果があるからです。
葉酸は食品からの摂取以外にも、サプリメントを利用する事も出来ます。


その場合には胎児の安全性を考慮した上で、添加物や化学合成ビタミンが入っていないサプリメントを選ぶことが忘れないようにして下さい。
金銭的負担が大きい不妊治療ですが、心理的にも疲弊してしまう人が多いようです。

居住地の公的な助成金制度も活用できるでしょうが、40歳の年齢を境目に給付回数に制限がつく場合がほとんどです。第一子の出産(人間の出産の場合には、分娩と表現することもあります)年齢が高ければ第二子はアラフォーって普通ですよね。だからこそ、給付回数は減らすべきでないと思うんです。私だって来年には四十になるので、体力と時間とお金のことばかり考えて、いっそう精神的に疲れてきました。
妊活中は、ホルモンバランスを正常に整えることにも気を配る必要があります。

ホルモンバランスを整えるには、ストレスを解消したり規則正しい生活を送ったり、軽い運動をおこなうなどいろいろな方法があります。その中でもヨガは、おすすめしたい運動の一つです。


ヨガによって血行が良くなると、乱れがちな自律神経を正常にするため、ホルモンバランスを整えてくれる効果が期待できるでしょう。
妊活ヨガの動画はネットでも紹介されています。



自宅でも行えますし、軽く息が上がる程度の運動は新陳代謝を高め、柔軟性を上げることになりますから、こころとからだのバランスを整えると言われていますので、簡単に実践できる妊活のひとつだと言えます。

妊娠しやすい体を創る食べ物は、手近なところでは豆腐・納豆、魚といった和食の基本的な食品でしょう。


レバーも良いのですが無理だという人は、卵やごまなどはどうでしょう。


大事な栄養素が含まれていますから、意識して食べたい食品に入ります。
また、栄養バランス良く多くの食材から栄養をとるのが理想的です。逆に、妊娠を妨げるような食品(飲料)は今しばらくは我慢するべきでしょう。


サプリは不足しがちな特定の栄養素を抽出し、体に吸収しやすく加工したもので、健康的な生活をサポートしてくれる効果が期待できるでしょう。妊活中の女性において、体調管理をするのに適したサプリと言えば、葉酸入りのものにすれば、間ちがいはありません。葉酸の成分には、貧血を予防してくれる効果が認められていますし、胎児の正常な細胞分裂に働きかけ、先天的障害を発症しにくくするという効果があります。それから、意外かも知れませんが、精子の染色体異常を防止してくれる効果もあるりますから、妊活中の夫婦それぞれに大切なサプリであると言えますね。妊婦さんにとってなじみの深い葉酸は、摂る事で胎児の健やかな成長を促し、先天的な神経管異常の障害を抑える可能性がある事が科学的見地からも認められています。こうしたことを踏まえ、適切な量の葉酸摂取を厚生労働省が勧告しています。実際に葉酸サプリや補助食品の充実も、葉酸の効果を裏付けているものだと言えますね。

また、こうした食品の中にはトクホ(特定保健用食品)に指定され、妊婦が利用しているケースも少なくありません。葉酸を摂取する妊婦の方へ、少し気を付けていただきたいことがあります。
葉酸を食べ物から摂取しようと葉酸を多くふくむ代表的な食品である、ほうれん草や貝類、レバーなどの食材を、普段の食生活に取り入れるようになったという女性もいらっしゃると思います。実は、葉酸というものは水溶性で熱に弱く、熱を加えてしまいますと大事な葉酸が失われてしまうこともあるんです。
総合的な摂取量としては十分に摂取できていないかも知れませんから、注意して下さい。
妊活中には、普段から飲む機会の多いお茶にも気を配りましょう。妊活に効果が高いお茶としては、タンポポ茶やルイボスティーなどの名前が挙がりますね。これらのお茶はカフェイン(栄養ドリンクにも含まれていることが多いので、成分表記はよく確認した方がいいですね)が入っていません。



いつ妊娠してもおかしくない妊活中の女性にも、赤ちゃんにすごく優しいお茶で、妊活中に飲むのにぴったりだと言えますね。ルイボスティーの常飲は、貧血予防になると報告されていますから、妊活が終わった後も、飲みつづけたいお茶だと言えます。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:結衣
読者になる
2016年06月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/nves70ea1ietgn/index1_0.rdf