ダイエットなら大麦ご飯がおすすめ

January 11 [Sat], 2014, 16:15
麦ごはんをやめたことで日本の食卓から圧倒的に減ってしまった栄養素、それが食物繊維です。

大麦は白米の20倍近い量の食物繊維を含んでいるんです。

1950年代は、日本人は1日に20グラム以上の食物繊維を徒弟ましたけど、今は15グラムを切ります。

しかも穀類からの摂取量が10グラムから2.5グラム程度に落ち込んでいます。



食物繊維は、お通じ改善作用はもちろんのこと、下腹ぽっこりの原因となる内臓脂肪を減らし、コレステロール値や血糖値を下げて、肥満や生活習慣病を防いでくれます。

また水に溶ける性質を持つかどうかで不燃性と水溶性の二つに分けられて、それぞれに大切な役割があります。

どちらも摂取したいところですが、食物繊維量の多い身近な食材のうち、野菜や豆、キノコ、イモなどに多いのは不燃性食物繊維で、水溶性食物繊維もしっかり補給するには大麦が欠かせません。

近年の研究から、大麦に含まれる水溶性食物繊維に、効能のカギがあることがわかっています。



体にいい食べ物と言っても毎日だと飽きますし、同じものばかり食べ続けて大丈夫という疑問がわく食材が多いですが、麦ごはんはこれらのハードルを一挙にクリアしています。

どんなおかずとも組み合わせ自在ですし、白米に大麦を混ぜて炊くだけの主食ですから、メニューに頭を悩ませることもなく、毎日無理なく続けられます。

何より、大麦は日本人が昔から食べ続けてきたのですから、私たちの体に合わないわけがありません。

しかも大麦は最も安く食物繊維がとれる、家計に優しい食品です。

元気とキレイのために、今日から就職を麦ごはんにすることがおススメです。
P R
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:nvbjf4099
読者になる
2014年01月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる