テクニカルな尤もらしいYSLの解説

May 27 [Fri], 2016, 10:27

憲法不具合が統帥権干犯不具合のことであるのは言うまでもない。



だから激しく出られなかったのである。しかし、そんなことが外人に分かるきっかけはない。邦人ですら、大たくさんはピンチが憲法不具合から来ていることを知らなかったのである。

質問を受けても、
真理を把握しているわけではないから、虎の巻みたいが薄い。


それを無理して報いると、
今度はそのレヴューを裏切る形で、外の軍隊が問題を起こす。

まことに気の毒な流れとしか言いようがない。しかし、それを気の毒におもうのは、不具合の習性が憲法の不十分にあるのだと知っているからです。また、それに関連しての日イギリスアライアンスの解消。
自由貿易は、その相手各国と友好的でなければ続けられるものではない。また、その単独流れを乗り越えるために、ヒトラーやムッソリーニと同盟することもなかったであろう。
いくら陸軍がその気になっても、海軍に競争やる思いがなければ、
海の向こうのアメリカや英国と競争はできない。
海軍は徹頭徹尾外交交渉に想定をかけていた。だが、石油が入ってこなくなった結果、アメリカとの外交交渉は何の意味も持たなくなってしまったのである。これはすなわち、外交示談の日付を一方系に決められてしまったようなものであった。

絶望気分から大戦に突入する世の中はないはずです、
と米は考えていたようである。しかも、こういう過失の内情を隠して、代表全員、
出世栄達した。人種差別は、もう、完全に許されざることになっている。
国連憲章においても、人種差別の取り消しはたったと掲げられている。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:ハルヒ
読者になる
2016年05月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/nuuimefrti6d4n/index1_0.rdf