ナースコールシステム会社の比較

March 05 [Wed], 2014, 12:44
ナースコールシステムで実績の多い企業、知名度のある企業は私が思うには3社です。

ケアコム、ウィルコム、ミチコムの3社が実績、業界知名度共に優秀かと思います。

同じシステムを売っているわけではないので、各社の比較を見ていきましょう。


1.「ケアコム」

業界知名度が一番高い企業ではないでしょうか。

独自の病院内システムを数多く持っている会社です。

ナースコール、ハンディナースコール、セーフティモニタ対応、看護支援のケアパルシステム、ME機器連動アラームシステム、離床センサー、手術室インターホン、診察待合共同呼び出し装置etc

ナースコールシステムに関係するものが多く揃っています。

こういった自社のハード機器をもとに、安全管理、業務効率改善、療養環境改善、経営の合理化という提案をしてくれます。

http://www.carecom.jp/


2.「ウィルコム」

こちらもナースコースの際によく挙がる社名ですね。

ウィルコムは皆さんご存知のように、通信機器メーカーになりますので、ナースコールシステムも自社のPHSというハード機器を用いて、ナースコール主装置の子機として機能させることができます。

ナースコール、内線電話、メール等の連絡の仕組みを提案してくれる会社です。

http://www.willcom-inc.com/ja/biz/service_solutions/solution/med/index_03.html


3.ミチコム

今までの2社が自社のハード機器を中心に提案してくれる会社だとしたら、こちらはケアコムのハードも、ウィルコムのハードも組み込めるソフト(システム)を提供してくれる会社です。

もちろん各社のハード機器を用いてフルパッケージのソリューションを提案することもでき、ナースコール、一般凱旋、内線、Eメール、ケアコム、iPhone、ウィルコム、ケアコール、IPカメラ、さらにグループ拠点や必要であれば自宅PCなど、全ての通信システムを統合させられるT-Systemという仕組みを持っています。

他のページでも書いているように、フルパッケージで提案可能でありながら、初期費用とメンテンス費をスリム化できるというのも、ここの強みでしょう。

最初に2社がメーカーだとしたら、ここはコンサルティング会社と言えるかもしれませんね。

http://www.michicom.co.jp/