松沢とイタリアン・ポインティング・ドッグ

July 29 [Sat], 2017, 20:20
赤ちゃんを授かって産婦人科等で行われる栄養指導を受ける方や、地域が主催する、母親学級を受けに行った方は多いと思います。こうした機会に、葉酸が持つ働きと、葉酸を多く含んだ食品を学んだ方も多いと思います。一般的に、葉酸を多く含む代表的な食べ物としては、レバーを挙げることが出来ます。または、ほうれん草などの野菜も、葉酸を多く含んだ食品の一つです。食べ物で葉酸を摂るならば、葉酸が加熱によってその大半が失われてしまうという葉酸の特性を承知の上で、葉酸の摂取量を考えていただけたらと思います。
一般的に、妊娠中は当然のこととして、受胎した時に、十分な摂取が必要である葉酸ですが、日々の生活に追われていると、摂取が不十分になってしまう、などの困りごとが良くあると思います。葉酸の摂取不足は妊婦さんに共通する悩みですが、一番おススメしたい解決策は、サプリです。サプリを飲めば、食生活に負担をかけることなく理想的な葉酸量を補ってくれますので、仮に食事での摂取が不十分だとしても安心です。
妊活中の友達と話していた時、自然と葉酸サプリの話題が出ました。使いやすいのはどこのサプリかな、って聞いてみると、どうやらベルタのものが気になっているようでした。友達はいつから飲むものなのか迷っていたのですが、私が葉酸は妊娠前からちゃんと摂った方が良いと雑誌で読んだことがあったので、彼女に伝えました。やっぱり、友達が幸せだと私も嬉しいし、元気な赤ちゃんが生まれるといいなと応援しています。
妊活中に忘れてはならないのが、ホルモンバランスを正常に整えることです。中でもヨガは、ホルモンバランスの調整に大変有効です。ヨガの深い呼吸法と適度なストレッチはリラックス効果がありますし、自律神経のバランスが良くなりますから、ホルモンバランスの改善につながるという訳ですね。インターネットを利用すれば簡単にヨガの動画が見られますので、自宅でも行えますし、軽い運動は代謝が上がりますし、柔軟な体を作ってくれます。ですから、身体のケアと共に、こころの安定を図ってくれますので、ぜひ妊活中の方にチャレンジしていただきたい妊活です。
冷え性は不妊を招くと言われています。体が冷えて血のめぐりが悪化すると、摂取した栄養がうまく活用できなくなって、排卵障害が起きたり、子宮機能が低下して妊娠しづらくなるのです。冷えと冷えからくる症状の緩和にはお灸が有効です。血行不順を緩和して自律神経に働きかけ、施術中のリラックス効果もあるのが魅力です。赤ちゃんを迎えるには子宮を温めることが大切です。
一般的に、野菜の中でも葉酸が多いと言われているのは、モロヘイヤ・小松菜・菜の花といった青菜の野菜に多く含まれています。赤ちゃんを授かったあと、出来るだけ早く、こうした野菜などで葉酸を摂取するようにすれば、先天異常の発症リスクが抑えられるという報告があります。ですが、様々な問題で毎日野菜を食べるのが難しい、という場合には納豆や貝類を食べるのを勧めたいものです。
葉酸の摂取期間についてお話しします。皆さんご存知のように、葉酸の摂取は妊娠前から妊娠3か月まで期間において重要であると厚生労働省が発表しています。ところで、妊娠中期や後期の女性には、こうした摂取が不必要なのか?という疑問も抱きます。しかし、そのような事はありません。胎児が先天的な障害を発症する可能性を低減してくれるという効果のみに注目した場合、皆さんがご存知の「妊娠前から妊娠3ヶ月まで」が注意が必要な期間ですので、妊娠3ヶ月までの葉酸摂取を特に推奨している訳であって、決して葉酸摂取の期間を限っているのではありません。
妊活中や妊娠初期に必要不可欠な葉酸ですが、どれだけ大切な栄養素だからといって、摂取量に気を付けてください。これは、特にサプリや健康補助食品を利用されている方に知っていただきたいのですが、こうしたものは、食事で摂れる葉酸よりも、ずっと多い葉酸が含まれています。それゆえ、簡単に大量摂取してしまう危険性がある為、サプリでの摂取は、定められた用法を守るようにしましょう。葉酸が過剰に体に蓄積されることで、食欲不振や吐き気といった副作用が出ることがあるとの報告があります。胎児は喘息を発症するリスクが上がるという報告があるようですから、適切な量の摂取を守るようにしましょう。
妊活中の方に、ぜひ読んでいただきたいのですが、妊活中には亜鉛が妊娠に重要な役割を与えています。亜鉛不足に陥らないよう気を付けてください。その理由は、亜鉛が卵巣に働きかけることで、卵子が健やかに熟すために、有効的に作用することが分かっています。女性のみならず妊活中の男性も同様に、亜鉛不足に注意してください。亜鉛は質の高い精子をつくることをサポートする効果があるのです。亜鉛は妊活中の夫婦の心強い味方です。ぜひご夫婦で亜鉛摂取をすすめてみてください。
なんとなく不妊を疑いはじめたら、基礎体温計測から始めてみましょう。基礎体温は運動などによる変化がありませんから、女性のホルモンバランスの変化が推測できて、妊娠につながる対策を講じることもできるのです。さて、基礎体温表を作るにあたっては、運動量が体温を変えてしまうので起床時に「毎日測る」という注意点もあるので、その通りにしていくのが大事です。最初の1か月は慣れるつもりで始めてみましょう。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:Yu
読者になる
2017年07月
« 前の月  |  次の月 »
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/nuokteoooslcga/index1_0.rdf