右田とノソブランキウスガンサアイレッド

April 23 [Sun], 2017, 9:43
娘がアトピーだと発覚したのは、2歳になったばかりの頃でした。



膝の裏にはかゆみもあると訴えたので、かゆみ止めとしてステロイドを貰いました。

そうして2年ちょっとステロイドを与え続けて、気をつけつつ子供の具合をみていましたが、皮膚の赤みの症状はなかなか収まらず、なかなかその治療の効果がつづいてくれません。



結局は、治療を漢方薬を用いたものに変更し、食事内容を見直したことで、小学生になる頃にはすっかり症状は収まりました。
この前、インフルエンザになって病院に診てもらいに行きました。どのくらいの潜伏期間なのかわからないままなのですが、インフルエンザにかかっている人と接触の機会があってうつってしまったのだと思います。
高い熱が3日わたって出て大変な思いをしました。高い熱が熱発するインフルエンザなので、通常ひくような風邪より苦しい思いをしますね。

オリゴ糖は乳酸菌を増やす役割として注目の存在となっています。

オリゴ糖を投与された乳酸菌の動きが活発になり、おなかの悪玉菌が増えるのを抑え、お腹、環境を良好にしてくれます。乳酸菌とオリゴ糖は両者とも腸の機能を良くしたり、健康を維持したりするには非常に重要な成分であります。ずっと先天性のアトピー性皮膚炎を患っており、幼い頃は、「虐待でもされてる?」と心配される程、痛々しい姿でした。ありったけの方法を試してみても、効果が全くなかったのに、住居を変えたところ、直ちに肌がきれいになり、痒みも消えました。



できるなら、思い切って環境を一変させるのも、アトピーに効くかもしれません。元来、乳酸菌が身体に優しいことはわりと知られている事実ですが、一方で効果のない説もあって当然ですよね。この説も事実かもしれません。

どうしてかというと、それぞれ個人差がありますし、乳酸菌はあくまでも菌であり、効き目が出る薬ではないからです。



一度試して自分に合うかを確認してから判断するべきです。


インフルエンザは風邪とは異なるもの耳にします。
その症状は、1日から5日程度の潜伏期間を経過して、急に高熱にまで達し、3日から7日程度それが続きます。


型によって、筋肉や関節の痛み、腹部の痛みや下痢など症状に小さな相違が見られます。しかし、肺炎をおこしたり、更に脳炎や心不全を起こす事もあるので、甘くは見ることはできない感染症です。赤ちゃんがインフルエンザに感染したら、殊の外大変なことに至ります。

まだ体力不足の赤ちゃんですから、インフルエンザの高熱に、体力がついていけるかが不安ですし、結果、インフルエンザで死亡することもあり得るでしょう。



インフルエンザが広がっている時には、赤ちゃんを外の空気に触れさせない方が正解かもしれません。

乳酸菌サプリメントと言えば、やはりビオフェルミンです。まだまだ子供だった頃から売られていたサプリであり、便秘や下痢や腹痛の時でも、たえず私のお腹を労わり続けてくれました。
「人には人の乳酸菌」とコマーシャルで言っていますが、効果を実感できる乳酸菌サプリは、ビオフェルミンとなります。わたしの母は重度のアトピー患者です。



遺伝してしまったみたいで、私もアトピーを発症してしまいました。
肌が荒れてしまって、日々の保湿ケアが欠かせません。
スキンケアをきちんとしないと、外出も厳しいのです。

母を責めるわけではないのですが、いつか、私の子供にも遺伝してしまうのかと思うと、恐ろしくなってしまいます。インフルエンザをあらかじめ防ぐために乳酸菌が効果的だといわれています。
1年くらい前に、小学生に乳酸菌がたくさん入っているヨーグルトを食べさせたところ、インフルエンザに罹る子供が大幅に減少したという番組がありました。私の娘が受験生でしたので、それから、ずっとヨーグルトを食べさせています。


乳酸菌が腸まで届くといわれているヨーグルトが格別にいいそうです。



乳酸菌と耳にして連想されるのはカルピスです。



幼いころから、毎日飲用していました。なぜなら、乳酸菌が入っているからです。私に毎朝、お母さんが出してくれました。そのわけで、私は便秘の経験がありません。
カルピスのおかげで丈夫な体になりました。

私は便秘にきく食べ物を毎日食べています。



ヨーグルトです。
来る日も朝食べています。食べている間に、便秘が解消してきました。
あんなにも頑固で、大変だった便秘が消失できてお薬を飲むことも消えうせました現在ではポッコリしていたお腹も、ひっこんできていて喜ばしいです。乳酸菌を毎日摂取しているおかげで、私はすごく健康になることができました。

毎日朝には欠かさず、ヨーグルトを食べることにしています。ヨーグルトというのは味にも変化をつけやすいですし、便秘になることなく過ごせます。乳酸菌を毎日摂るようにしてから、お肌の調子がすごく良くなって、体重まで落とすことができました。インフルエンザの感染が判明すると学校の出席が5日間できなくなります。
仮にインフルエンザに感染した場合でも、発熱の症状は数日で治まるので、登校したいと思ってしまうかもしれません。
平熱に戻っても、くしゃみなどにウィルスはまだ潜んでおり、他人にうつる危険性があります。

なので、お休み期間は守ることが感染を防ぐのに必要なことです。ここのところの研究でインフルエンザ予防に対して乳酸菌がすごく有効だということが分かり始めてきました。インフルエンザの症状をワクチンだけで完全に防いでいくことは出来ません。日頃から乳酸菌を摂ることで免疫力がアップして、インフルエンザを予防してくれたり、軽い症状にする効果が高まるわけですね。

実はアトピーは、乳酸菌の摂取を積極的に行うと、改善できる可能性があります。

アレルギーを発生させる原因物質は腸内に進入すると、IgEという名の抗体が発生します。

そして、発生したこのIgEがたくさんの数、発生してしまうことにより、過剰反応を起こしてしまい、アレルギー発生につながっていきます。
これが、アトピー症状を非違起こす原因だといわれていますが、乳酸菌には、IgEが大量に生産されることを防ぐ働きがあるといわれています。

便秘にいい食べ物は、乳酸菌が含まれた、発酵食品等です。
ひどい便秘の方は、便が強固で腸内に停滞した状態に落ち着いています。


この状態を改善することで、、お通じを出やすく柔らかくするため、第一に水分と水溶性の食物繊維を摂りながら、乳酸菌で腸内を整えるのがいいでしょう。花粉症となった以来、乳酸菌ドリンクを摂るようにしました。


二年前より花粉症となってしまって、ずっと鼻水がやまなくなりました。
お薬を飲むことはしたくなかったので、テレビ番組でやっていた乳酸菌ドリンクを試用しました。

今の段階では、花粉症を抑えられています。腸内環境を整えているとヨーグルトを懸命に食べていましたが、そのじつ、ヨーグルト同様に食品らしいのです。

摂取は乳製品からだけしかできないと思っていました。

心なしかちょっと便秘になってしまっても、薬があれば簡単に、解決することができるとは思いますが、薬にばかり頼るのはよくないので、とりあえず、食べ物を見直して見ることが重要です。



特に食物繊維を多く含む食品を摂るのは効果的で、不溶性と水溶性といった2つの食物繊維をバランスよく摂ることが大切です。



野菜、きのこ、海草などもすすんで摂ってください。
P R
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:Sho
読者になる
2017年04月
« 前の月  |  次の月 »
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる