抜け毛がひどい女性がこだわりたい40代からのヘアケア

September 10 [Sat], 2016, 0:11
40代を迎えた女性のなかには、
シャンプーや朝起きたときの抜け毛が急にひどくなった、
と気にしている方も多いのではないでしょうか。



細い毛ばかりが抜け、分け目やつむじの頭皮が、
以前より透けて見えるようになった。

抜け毛がひどいせいで、髪のボリュームも確実に減ったし、
このまま薄毛が進行していったら・・・

そんなこと、考えただけでも不安で、
夜も眠れなくなってしまいますよね。


◆ヘアサイクルの乱れで「抜け毛がひどい」に

女性の髪の毛は、健康なときでも1日60本〜100本は抜けます

そのうち、シャンプー時に抜けるのは50本前後といわれています。

髪の毛は、一定のサイクルで生えては抜けていきますが、
このヘアサイクルが正常であれば、髪の毛の総数は保たれます。

しかし、ヘアサイクルがなんらかの原因で乱れると、
本来なら、まだまだ太く長く成長するはずの髪が、
途中で抜けてしまったりして、薄毛へとつながります。


◆アラフォー女性のヘアサイクルを乱すのは?

アラフォー女性の場合、ヘアサイクルを乱す主な原因となるのが、
女性ホルモンの分泌量の低下です。

女性ホルモンの分泌は、だいたい30歳ぐらいがピークで、
35歳ぐらいから年々減少していく傾向にあります。

ヘアサイクルの中で、髪が成長を続ける時期を、
「成長期」と呼びますが、女性ホルモンには、
この「成長期」を持続する働きがあります。

さらに、髪が抜けてから次の髪が生えるまでの「休止期」、
と呼ばれる期間がヘアサイクルにはあるのですが、
女性ホルモンが減ることで、この期間が長くなってしまいます。

つまり、加齢により女性ホルモンの分泌量が減ると、
ヘアサイクルの「成長期」が短縮され、
「休止期」の期間が延びます


言い換えると、成長途中のまだ細い髪が、早々に抜けてしまい、
次の毛がなかなかはえてこないので薄毛になる、というわけです。


◆カラダの内側からのヘアケア

女性ホルモンのバランスを整えるためには、
体内環境をよくしていくことが必要ですし、
そのためには、生活習慣を正していく必要があります。

髪のためによいとされる習慣は、以下の通りです。


@栄養バランスのよい食事

栄養に偏りなく、バランスのとれた食事が必要ですが、
特に髪にいいとされる、良質なたんぱく質、ビタミン、
ミネラルなどは、不足しないよう積極的に摂りたい栄養素です。

また、女性ホルモンの一種、
エストロゲンに似た働きをする、
イソフラボンが多く含まれている大豆製品も忘れずに。


A十分な睡眠

髪の成長ホルモンがよく分泌されるのは、夜寝ているときです。
夜更かしをせずに、睡眠時間を十分に摂るといいです。


B節度ある飲酒と禁煙

適度のアルコールは血行を促すとされていますが、
飲み過ぎると、毒性をもつアセトアルデヒドが体内で発生します。

この毒性を無害化するのに、システイン(シスチン)という、
アミノ酸が使われるのですが、システイン(シスチン)は、
髪の毛を作る重要な栄養素です。

すなわち、本来なら髪の毛の材料になっていた分が、
お酒を飲み過ぎたために、他のことに浪費されてしまうのです。

また、タバコを吸うと、血管を委縮させ、血流を悪くし、
髪に十分な酸素や栄養を届けられなる、
といった弊害をもたらします。


このように生活習慣を整え、カラダ全体の老化を防止することが、
ひいては髪の老化を防ぐことへとつながるのです。


◆カラダの外側からのヘアケア

例えば、顔の肌の場合、角質層にある保湿成分「セラミド」が、
加齢とともに減少してくると、肌は乾燥しやすくなり、
シワやたるみの原因となります。

頭皮も肌と一体になっているわけですから、アラフォーになると、
同じ理由で乾燥しやすくなります。

乾燥した頭皮は、バリア機能が弱まり
頭皮内部の水分が蒸発しやすくなるとともに、
外部からは細菌などが侵入。

かゆみや炎症をおこすこともあります。

こうなると頭皮環境が悪化し、正常なヘアサイクルが保てなくなり
抜け毛がひどい状態へとなります。

ですので、頭皮環境を整えるためには、肌にスキンケアをするよう、
カラダの内部からのケアだけでなく、
カラダの外側からのケアも必要となってくる
のです。

では、具体的にどのようなヘアケアをしていけばいいのでしょうか?


◆若いころと同じシャンプーを使っていると・・・

頭皮環境を整えるためのヘアケアで、
まず一番最初に気にするべきはシャンプーです。

洗浄力が強すぎるシャンプーを使っていると、
必要な皮脂までも洗い流してしまい

頭皮のバリア機能を低下させてしまいます。

また、洗浄力が強いシャンプーは、
頭皮への刺激も強いという傾向があり、
頭皮へのダメージからバリア機能を低下させてしまいます。

若いころでしたら、このようなシャンプーを使っていても、
新陳代謝も活発なので、それほどの問題にもなりませんでした。

でも、アラフォー女性ともなると、新陳代謝も悪くなり、
頭皮に受けるダメージも大きくなるのです。

このまま洗浄力と刺激が強いシャンプーを使い続けたら、
ますます頭皮が乾燥し、頭皮環境も悪くなって、
抜け毛がひどくなっていく
ことが考えられます。


◆シャンプーを見直すことで乾燥と抜け毛を改善

では、低刺激で洗浄力が強すぎないシャンプーとは、
どんなシャンプーなのでしょうか?

それはズバリ、アミノ酸系のシャンプーです。

もともと毛髪はアミノ酸を含むたんぱく質でできているので、
アミノ酸系を洗浄成分(界面活性剤)としたシャンプーとの、
相性がいいのです。

必要以上に皮脂を取り過ぎず、
頭皮や髪にとっての適度な洗浄力をもっています。

一方、ドラッグストアなどで安価に売っているシャンプーは、
主にアルコール系です。

少量でも泡立ちがよく、洗浄力も強いのですが、
そのままですと洗っているときにギシギシして、
使用感があまりよくありません。

そこでシリコンを配合して、
シリコンで髪をコーティングすることで、
使用感をよくしているのです。

しかし過度なシリコンが入ったシャンプーは、
毛穴をふさぎ、毛髪の成長を妨げるため、
抜け毛の原因となる
こともあります。

また、頭皮環境のケアに育毛剤を使ったとしても、
毛穴や頭皮をシリコンがコーティングしているので、
有効成分の浸透が阻害されてしまいます。

以上のことから、アラフォー女性の頭皮環境を整え、
抜け毛を予防するシャンプーとして最適なのは、
ノンシリコンのアミノ酸系シャンプーといえるのです。


◆アミノ酸系シャンプーのなかでも・・・

そんなノンシリコンのアミノ酸系シャンプーの中でも、
刺激の強い成分を入れない無添加と、
仕上りのよさにこだわったシャンプーがあります。

それが「マイナチュレシャンプー」です。

口コミでも、無添加なのに泡立ちがよく、
ノンシリコンにありがちなキシミ感がない、
ドライヤーを使っても引っかからずにサラサラする、と好評です。

ただ、今までシリコン入りのシャンプーを長く使用してきた人は、
マイナチュレシャンプーに切り替えてしばらくは、
以前と比べて「きしむ」と感じることがあるかもしれません。

しかしこれは、今まで蓄積したシリコンが落ち始め、
本来のハリ・コシ・ツヤのある髪に戻っていく過程
なので、
最初の数日はガマンして使ってみてください。

また、「マイナチュレシャンプー」では、毛髪診断士や元美容師、
スリープアドバイザーなどが在籍するサポートチームがあります。

専門家の方たちに、ちょっとした疑問から深刻な悩みまで、
電話やメールで気軽に相談することができる
のも、
なにかと心強いです。

「マイナチュレシャンプー」について、
もっと詳しい情報を知りたい方は、
下記の画像をクリックしてご確認ください。
↓  ↓  ↓