抜け毛

September 04 [Fri], 2009, 15:15
<リンク:http://www.nukeege.com >抜け毛をよく観察すれば、その抜けてしまった毛が薄毛が進行している毛なのか、あるいは正常なヘアサイクルによって抜けた毛なのかを判断することができます。


髪の毛はそもそもヘアサイクル、「成長期⇒休止期⇒脱毛」というサイクルを繰り返しています。ですから、1日当り50〜100本の抜け毛は正常な範囲なんです。ですが、薄毛(ハゲ)が進行してしまうと、正常な抜け毛の数倍の本数の髪の毛が抜けてしまいます。

抜け毛が病気といえるかどうかは別としても、何の病気でもそうですが、脱毛が進行してしはじめた時期に適切に対応することがとても大切なことなのです。そのためには、本数での判断する以外にも抜けた毛を観察してみて危険度を判断してみるとよいです。

できれば抜け毛が進行している部分を自分で軽く引っ張ってみましょう。そうやって抜けた毛をよく観察してみます。

まず、短くて細い毛がどれくらいあったのかを観察します。そのような細く短い毛というのは、十分に成長しきれていない髪の毛であり、通常の大きさの毛より短命に終わってしまいます。当然そのような髪の毛は少ない方がよいです。

それから毛根の部分をよく観察してみます。先端が丸くなっているのであれば、その髪の毛は自分の寿命を全うしています。一方で、毛根の部分が細くなっている毛というのは、本来の寿命が来る前に抜けてしまった毛髪です。もちろんこのような毛も少ない方がよいです。

つまり、寿命を全うしていない毛やそのような要因を含んでいる毛が増えると、正常なヘアサイクルに支障を来たしているということを証明できるわけです。正常なヘアサイクルを逸脱してしまうと、抜け毛が増えてしまうということにつながってしまいます。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:nukege33
読者になる
2009年09月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30
最新記事
最新コメント
Yapme!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/nukege33/index1_0.rdf