【 更新情報 】

スポンサード リンク

ぬいぐるみを洗濯・クリーニング

お気に入りのぬいぐるみをきれいにしてあげたいと思ったことはありませんか?

しかし、ぬいぐるみにも洗濯ができるものと出来ないものがあります。
下記の様なぬいぐるみはご家庭などで洗濯をすることは出来ません。

・人工皮革が使用されている
・ウール素材
・中綿がポリエステル以外の素材(触った感じが硬い物)
・中に機器などが入っている
・大きなサイズの物

ぬいぐるみを洗濯する前にいくつか注意点があります。

@色落ちの確認
 水でぬらしたタオルをぬいぐるみに軽くたたき、色がついた場合は洗濯が出来ません。
 目や眉部分などが色おちする場合もありますので、注意してください。

A付属品を取り外す
 ぬいぐるみが付けている服など、取り外せれるものは取り外して下さい。

以上の準備が出来たら洗濯に取り掛かります。
ぬいぐるみをご家庭で洗う時は洗濯桶などに入れて優しく押し荒いをし、軽くしぼりきれいな水ですすぎます。

押し荒い、すすぎを2〜3回繰り返します。
タオルに包んで、洗濯機で5〜10秒脱水をします。絞りが悪い場合は形を変えてもう一度脱水をして下さい。

洗濯機で洗えるぬいぐるみもありますが、手洗いで洗濯する方が型崩れしにくく、おすすめです。

ぬいぐるみの買取方法と寄付

家のたまってしまったぬいぐるみを買い取って欲しい方や寄付をしたいといった方がいらっしゃると思います。

今回は、いくつかの買取方法と寄付の方法をお教えいたします。
まず、てっとり早くできるのがインターネットのオークションに出品です。持っているぬいぐるみが人気のあるものであったり、
レアもののキャラクターであったりすると以外な高値で取引される場合があります。
ただし、写真を撮って掲載してと手間もかなりありますので、時間のない方などにはお勧めは出来ません。

ぬいぐるみの買取をしているお店に持ち込むのもいいと思います。リサイクルショップなどに問い合わせをしてみるのもいいと思います。
一度の処分するのには一番いいかも知れません。
インターネットなどで検索をするとぬいぐるみの買取を紹介しているサイトがあるので、
みているのもいいと思います。

また、近所などでバザーやフリーマーケットなどが開催されているのであれば、参加をするのもお勧めです。
寄付をされる場合は、まず保育園や児童所などに問い合わせをしてみるのがいいでしょう。また、ペットショップなど
子犬のおもちゃとして引き取ってもらうのもいいと思います。

海外へ送るのも一つの手だとは思いますが、細かいやり取りが必要であったり、送料で以外とお金が掛かってしまったりなどの問題があると思います。
発展途上国や開発途上国などに送る策は最後の手段としておいた方がいいかも知れません。

ぬいぐるみの処分

気づけば押入れの奥にぬいぐるみが沢山・・・。処分したいけど、どうしたらいいのか分からないといった方は多くいらっしゃると思います。

保育園などに連絡をして引き取ってもらうという方法などありますが、必ず保育園等が引き取ってくれるとは限りません。

お寺さんなどに問い合わせてみたところ、お人形にありがとうという気持ちを伝え、塩を軽く振り、新聞紙などにきれいに包んで燃えるごみの日に出すと良いと言っていました。
燃えるごみの日に人形をごみとして出すのは心苦しいといった方はお人形供養をしてくれるところに送って供養してもらうのもひとつの手です。

人形供養をしてくれるお寺さんはインターネットでも見ることが出来るので、気になるかたは一度見てお人形を供養してもらうのがいいと思います。
P R
カテゴリアーカイブ