【 更新情報 】

スポンサード リンク

ぬいぐるみ処分による売却方法

こよなく愛したぬいぐるみを手放すことはとても心苦しいことですね。ここでは、
「ぬいぐるみを売却する方法」について簡単に説明します。

■ぬいぐるみを売る場合

@一番手っ取り早い方法は、リサイクルショップに相談してみる事です。
 しかし、リサイクルショップも日々商品の研究をしていますので売れ筋商品であれば即決
 してくれると思いますがそうでない場合の買取やその買取価格はあまり見込めません。

Aフリーマーケットで売る方法もありますが、ぬいぐるみの大きさやキレイ度で価格は左右
  されます。でも、フリーマーケットで売るぬいぐるみの金額は数円から100円、200円の
  世界だと思います。人気があり大きなぬいぐるみはそうとは限りませんが。

Bヤフーオークションに出品する方法では、キレイなものや希少価値のあるものであれば
  いい値段で取引されます。例えば、ディズニーシーでしか買うことが出来ないぬいぐるみ
  などは2倍以上の価格で取引されているようです。

Cあなたの街のタウン情報誌の「売りますコーナー」に掲載する方法でも良いと思います。

Dブックオフ店舗系列のホビーオフに持ち込んで買取してもらう。

一般的かもしれませんが、簡単に紹介するとこんなところでしょうか。

ぬいぐるみの供養について

ぬいぐるみの供養も心が痛むものですが、あくまでも感謝の意味を込めての供養です
から割り切る必要があるのかもしれません。

仮に神社やお寺にぬいぐるみの供養をしてもらいに行くとしても、事前に相談しておく方
が良いでしょう。これは当然ですよね。

本来供養とは、供に養なう、即ちこの世とあの世の魂のふれあいの確認と言われます。
ですから、神社やお寺でぬいぐるみの供養をしていただくのは、そのぬいぐるみに対して
今までありがとうという感謝の気持ちとこれからも安らかにという気持ちを込めて送ることに
よって、その後の魂の触れ合いの確認が出来るということだと思います。

供養をお願いするにはそれなりの費用が必要になりますが、その供養料金を入れる袋には
供養料とは書かないで御初穂料(おはつほりょう)と書いた方が良いです。

ぬいぐるみの供養における御初穂料は神社やお寺によってさまざまのようです。
もちろんぬいぐるみの大きさや数量によってもその料金は変わると思いますが、私が知って
いるお寺ではぬいぐるみの大きさや数量には関係なく、ぬいぐるみを入れる箱の大きさに
よって料金が設定してありますが、大体2,000円位から10,000円前後位だと思います。

ぬいぐるみの寄付について

ぬいぐるみを処分するにあたっては、ぬいぐるみの寄付という方法が一番良いように
私は思います。寄付自体は容易に出来ると思いますが、寄付を受け付けている事業所や
団体にまずは連絡を取って寄付するぬいぐるみの内容(名称・大きさ・数量等)を伝える事
が大切です。

あなた街の社会福祉協議会や養護施設等に問い合わせをするとすぐにわかると思います
ので是非たずねてみてください。
ボランティアセンターなどがあれば、そこにもぬいぐるみ寄付の受付をしているかどうかを
聞いた方が良いと思います。
通常は社会福祉協議会等でボランティアセンターを教えてくれるはずです。

忘れてはならない事は、いきなりぬいぐるみを持って行き、寄付しますといっても受け取って
くれないかもしれませんので必ず事前に連絡して受け取りの確認をしてからにしましょう。

地域によっては寄付の受付も簡単にしてくれないところもあります。理由はぬいぐるみの寄付
を受け取ってもそれを置く場所がなかったり、ぬいぐるみの数が少なかったりすると断られる
可能性もあります。
受け取ったぬいぐるみの管理等で手間を要するのを嫌がる場合があるからです。
しかし、ぬいぐるみの受け取り先があって、ぬいぐるみを待っていたとしたらラッキーですぐに
受け取ってくれると思います。

その他の寄付する先は、児童センターや児童養護施設、保育園、幼稚園、小児科病院、
歯科医院なども良いと思います。

ぬいぐるみの処分方法

ぬいぐるみの処分方法については、大きく分けて■寄付をする ■供養に出す ■売る 
■個人的に譲る ■捨てる の5つ位に分けられると思います。

しかしこの5つの方法があるにしても、汚れがひどいぬいぐるみは「供養」に出すか「捨てる」の
2つの方法しかないと思います。どれが一番良いのかは個人個人の考え方にもよりますが、
ぬいぐるみ処分方法はどうすれば一番良いか悩む部分でありその方法に困るものです。

ここでは「個人的に譲る」と「捨てる」に付いて説明します。

■個人的に譲る方法
この方法は一番簡単そうですが、なかなか難しい方法でもあります。なぜならそのぬいぐるみは
きれいに見えても多少なりとも汚れているからです。潔癖症の人はまず譲り受ける事はしないでしょう。
簡単な方法は、親戚の子供にあげる方法や近所の子供にあげる方法かもしれません。
或いは、街のタウン情報誌の「譲りますコーナー」に掲載する方法もあります。取りに来てもらえる
人限定とか書いて。

■捨てる方法
これは最も簡単な方法です。あなたがそれが出来るならね。可愛がってきた愛しいぬいぐるみを
可燃物ごみと一緒に処分できますか?
でも感謝しながら処分すればそれも最後の手段かもしれませんね。

ぬいぐるみの処分について

ぬいぐるみの処分については皆さんどうされていますか?
ぬいぐるみの処分を考えた時、頭と心を少しでも痛めたことがあるだろうと思います。
ぬいぐるみの処分にはいろいろ付きまとうものがあると思いますが、深く考えれば考える程、
頭と心を痛めることになりますね。

ぬいぐるみには魂が宿っているとよく言われますね。ちょっと怖いような気もしますが、
犬や猫等のペットのような生き物には当然ながら魂はありますので、その分人を癒して
くれる力も大きいと思いますし、それだけ確実に魂も宿っていると思います。

しかし、ぬいぐるみとなると生き物ではありませんので、その生き物ではないぬいぐるみに
魂があるとしたらやはり怖いですね。でも、少しでもぬいぐるみを可愛がって、癒されたとしたら
それはもうかけがえのないペットと同じくらいの価値を持っています。

つまり、魂が宿るということですね。かわいがっていればいるほど、その痛みは大きい事でしょう。

特に日常的に話しかけていたぬいぐるみや特別愛着があったぬいぐるみだったとしたら、
もし処分しようと考えた瞬間にそのぬいぐるみは悲しい顔をしているかもしれません。

ぬいぐるみを処分する方法はいろいろありますが、処分する前にもう一度考え直してみる事も
必要かもしれません。