ゆかちと則(すなお)

January 24 [Sun], 2016, 15:15
ここ数年、金の市場価値が高騰していると聞いたので、手持ちの金製品を買取に出したというケースでは、自営業の方は勿論、サラリーマンの方でも場合によっては確定申告をしておかなければ後々面倒なことになります。売却の利益、つまり買取価格から購入時の価格や諸費用を引いた額は、事業でなければ「譲渡所得」として計上されますが、インゴットなどの地金の売却であれば、50万円までは控除されて非課税になります。色々と複雑な計算はありますが、要約すると、50万円以下の譲渡所得であれば税金はかからないということになります。昔買ったきりでずっとご無沙汰という貴金属製のアクセサリーなどがある人は多くいるようです。タダで手放すのは惜しいという場合には、買取ショップへの持込みがいいのではないでしょうか。貴金属の買取を受け付けているショップも街に溢れていますから、本当に高額で売却できるかどうか簡単に査定してもらってもいいかもしれません。買取サービスには昔から色々なものがあります。最近人気なのは、直接お店に行かなくても、郵送で金買取をしてくれるスタイルです。このサービスは、売りたい商品を郵送や宅配便で業者に送り、あとは査定結果の連絡があるまで待つだけです。査定結果をメールなどで確認したら、売却を決定するか、額が低いと思えば無償でキャンセルできます。営業時間の制約がある店頭買取と違い、時間や地域の制約を受けることもなく、周りに買取店が無い人はもちろん、忙しくてお店に行けない人のための形態と考えてもいいかもしれません。金は高級品というイメージがありますが、実は私達の身の周りにも貴金属と同様に扱われる金製品が結構たくさんあったりします。中でも金歯はよく知られていると思います。金の買取を掲げるお店では、このような製品も買取してくれる場合が多いです。モノが金であれば、形状は何でもいいというわけです。数千円から一万円程度のお小遣いも夢ではないので、金歯がもう要らなくなってしまったという方は、捨てずに買取店に持ち込むのをお勧めします。手元にある金を高値で買い取ってもらいたいなら、買取時の諸々の手数料がかからないお店を頑張って探してみるのが第一歩だといえます。少しでも高額で手放すため、日々の相場の変動をチェックしておくのも怠ってはいけません。一度に売却する金の量が多ければ、それだけ査定額も有利になるので、少しだけの買取、具体的には10グラム以下なら、それほど相場は気にしなくていいでしょう。ネットでは、やたらと高額の買取を謳ったサイトが多いですが、そういう業者に手を出すと無用なトラブルに巻き込まれることが多いので、その手の広告を出している店はなるべく避けるのがいいでしょう。昨今、街には金買取のショップが溢れていますが、その中では買取額の何パーセントといった手数料や、鑑定の費用などを取る店もあります。金の溶解時に目減りする分を差し引いてくる店もあります。買取時、こういった費用を取る店だったら、最初の提示価格は高くても、諸経費の分、実際に受け取る金額が減ってしまう結果になります。ズルイ業者だなあ、と思う方もいるでしょう。せっかくの買取で後悔しないように、費用の有償・無償はチェックしておいてください。金の買取が今流行りですね。近年では、実に多くのお店が買取サービスを看板に掲げています。一例を挙げると、リサイクル・ショップなどです。一般的には、着なくなった服などを売りに行く所ですが、金、プラチナなどの高価買取を謳うところが多くなってきました。専門のスタッフがいるので、査定も問題ありません。不要になった貴金属の売却を考えているなら、一度査定してもらってもいいのではないでしょうか。資産を現金の形で銀行に預けておくのに加えて、ある程度の資産がある人がよく行っているのは、金の形で資産を保全しておく方法です。これなら景気の影響を受けませんからね。まず調べておきたいのは、金をどこで買うかということですね。金を買ってみるのも悪くないなとお思いの方は、ホームページや店頭で金の売買価格をしっかり公表している、実績・信頼のしっかりしたお店を選択するようにしましょう。そういうお店で買った金なら、売却時にもセーフティですよね。金の価格高騰に伴い、友人が金を売却してそこそこのお金になったと聞いて、手持ちの金製品を買取店に持ち込んでみましたが、刻印が入っていないものは買取れないと言われてしまいました。刻印のあるものだけ買い取ってもらうとしても、手数料がかかることを考えると大した金額にはなりません。刻印の無いものでも一括で買取してくれるお店はないかと思い、貴金属のメッカである御徒町まで行ってきました。すると、買取店のスタッフや設備も流石にレベルが違い、専用の機械を使って、金性という金の純度の測定をしてくれ、私の持ち込んだ金製品に全て値段を付けてくれました。最近は金買取を掲げるお店が増えてきましたが、そこでは多種多様な品物が買取の対象になっています。金製品を買い取るなどと言われると、何百万円もする高級品を思い浮かべる場合がほとんどかもしれませんが、高級品だけが金買取の対象ではありません。メガネや金歯などもその一例です。金製のメガネフレームや、使わなくなった金歯などでも買い取ってくれる場合が多いです。リーマンショックやギリシャの経済危機に伴って高騰している金相場。今は1グラム5000円ほどです。純金でなければ当然それより安い額になります。純度によって額は下がります。例えば18金なら、大体3500円ほどになります。そのため、例えば200万円以上の額面になるような18金の重さというのは、550から600グラムくらいでしょう。ちなみに、かつて流行した喜平ネックレスが、重いもので1本100グラム程度です。また、さらに安価な10金のアクセサリーの場合ですと、10金になると市場価格は1グラム2000円ほどでしかありません。これで200万円を稼ごうと思えば、1キログラム以上も必要なのです。昔もらったけど今ではもう使っていないような指輪やネックレスなどの金製品を持て余している人は案外多いようです。そこで役立つのが金買取ショップです。買取ショップは非常に多くなっているので、サイトやチラシで買取額を調べ、最も良い条件で売却できる店はどこか、色々と見て比べてみるといいでしょう。買取価格の他にも、様々な手数料を取る店と取らない店があるので、情報収集を怠らないことが肝要です。金の買取を利用する上で、気にすることは、詐欺まがいの店の被害に遭わないよう、慎重に店を選ぶことだといえます。広告に出ている買取額以上に、怪しげな店ではないか、本当に信用していいのかを厳しくチェックしてください。レビューの内容が悪かったり、そもそもレビューが少ないお店はトラブルに遭う前に避けて通ることです。買取価格は高い方がいいと思うかもしれませんが、見た目の買取額だけ釣り上げ、手数料やその他の名目でお金を取る場合もあるので、利用する前に確認しておきたいところです。金買取業者は大抵の場合、未成年者とお店自身、両方の安全を守るため、年齢による利用制限が設けられている場合が多いです。なので、成人である証明がなければ買取の利用はできないと思った方がいいでしょう。ただ、一部では、18歳以上なら買取を受け付けてくれるところもありますが、その場合でも保護者の同意書は必要です。加えて、たとえ18歳からOKの店でも、多くの店では高校生からは買取をしてくれません。金に限った話ではないですが、古物買取においては、警察の指導もあり、多くの店舗では本人確認を厳しく行っています。店舗で直接買取してもらう場合は勿論として、ネットを通じて郵送で買取を進める場合にも同じように本人確認が求められます。公的な身分証明書、たとえば免許証や保険証などで身分確認を行うことが法律で義務付けられています。商品を発送して後日お金を振り込んでもらう形式なら、荷物に同梱する形で身分証のコピーを送ることを求められる場合が多いですね。一口に金と言っても、その純度によって色々な種類があります。金の純度は伝統的に24分率で表現され、純金でなく他の金属との合金の場合は、「18金(18K)」などの表現になります。金の割合が75パーセントなら、100分の75ですから24分の18で、18Kになります。割金(金以外の部分)の種類や混合比率によって金の種類は変わります。銀と銅が五分五分ならイエローゴールド、パラジウムが25%入ればホワイトゴールドなどと変化します。金を売りたいなら、大切なのは純度だということです。金の相場が上がっている近頃、手持ちの金を売却したい人が増えているので、それをビジネスチャンスと見てか、色々な会社が金やプラチナの買取ショップを出店するようになりました。複数の系列店を出すところも増えているようです。買取を頼める店が多くなるのはいいことですし、同業他社に負けじと買取額を上げてくるなど、より良質のサービスの提供に努めるお店が増えると思われます。接客態度が悪い店は生き残れないということで、スタッフの質も上がるでしょう。利用客の立場からすれば、プラスの影響が大きいといえます。昔は素人が金買取の情報を得るのも一苦労でしたが、最近では金の高価買取を掲げるお店も大変多くなりましたから、複数のお店の情報を見比べてみましょう。その時の相場に基づいて買取額は決まるため、手放すタイミングはよく検討しなければなりません。店舗や業者によって、手数料の有無なども違いますので、近所のお店に考えなしに買取を依頼すると、表向きの買取額よりずっと低い金額しか受け取れないこともあります。また、不要な金を買い取るといって自宅に来るタイプもありますが、そうした買取業者はトラブルや詐欺も多いので、気をつけてください。最近はやりの金買取。色々な形式があるようですが、代表的なものとしては、買取店の店頭で直接品物を見てもらい、買取をしてもらうのが最も一般的な方法ではないかと思います。目利きに長けた専門家がその場で鑑定を行い、すぐに現金化できるため、初めての人でも安心して利用できます。お客さんが不安にならないよう、金額の説明などをしっかり行っているショップも増えてきましたので、金額をうやむやにされることもなく、しっかり納得して手続を進めることができるようになっています。金の価値が高騰していると聞いたので、私もその機会に金買取のお店を利用したことがあります。なにぶん、そうしたことは初めてだったので、どこに売ったものか迷い、ネットの情報に頼ることになりました。そうすると、御徒町の専門店街が信用できるとの情報がありました。金の買取店ばかりが集まっているエリアがあることがわかったので、その内の一店舗を利用することにしました。店員さんの対応も丁寧だったし、そこそこ良い金額で手放せたので満足でした。少し前に、金買取業者を名乗る人から電話がかかってきたことがあります。保険や不動産の営業なら珍しくもありませんが、買取というのは今まで聞いたことがなかったため、まずは話を聴いてみることにしたのです。電話の人が説明してくれたところによると、貴金属製品で不要な品をその業者に売却できるという話でした。若い頃に貰ったアクセサリーをそういえば使っていないなと思い、試しに査定してもらうことにしました。最近はブランド物を持っている子供も多いですが、18歳未満は青少年保護の観点から、法律や条例によって、単独で買取サービスを利用することができません。未成年者の非行を防ぐ意味合いでも、店が独自に制限を課している場合があり、未成年者は、たとえ18歳以上でも、単独では利用できないのが一般的でしょう。18歳以上20歳未満で買取ができる場合でも、法定代理人である親が書いた同意書が必要な場合がほとんどでしょう。金製の指輪やネックレスなどは、家にずっと眠ってはいるけど、ずっと使い続けるのが嫌でもうずっと取り出してもいないという場合もあると思います。家にそういうものがあれば、最近流行りの金買取を利用してみるのも一案です。でも、ここで落とし穴があります。メッキ加工の偽物の場合もあります。鑑定士にそのように言われたら、買ったときに騙されていたのだと諦めるしかありません。店への持ち込みではなく、業者のほうが家に来て、しつこく金を買い取ろうとしてくる訪問購入というケースがあり、問題視されています。買取金額があまりに低かったり、時にはグラム数を誤魔化されていたり、売るつもりはなかったのに、ゴリ押しに負けて売却してしまったなどと、後悔しても時既に遅し、というケースも多かったのです。ですが、対処法もあります。金買取の訪問購入に対しては、平成25年以降、クーリングオフ制度が適用されるようになったので、買取に応じてしまった後でも、8日以内は自由にキャンセルができると覚えておいてください。悪徳業者が来た時にこの知識が武器になります。長年身に付けていない指輪などの金製品を持っている人は、買取ショップに引き取ってもらうことをオススメします。しかし、どこの店舗に持っていくかによって売却金額は変わりますから、ネットで事前に情報を調べて慎重に店を選びましょう。売却する品物の総量が多ければ、買取額にも大きな差が出てきますので、なるべく多くの情報を集め、お店選びに活かしましょう。金買取を利用してみたいと思っても、近くに買取店がない場合もあるでしょう。そういうときは、ネットを通じた郵送買取を利用してみましょう。ネットで簡単なフォームに個人情報を書き込んで送信すると、お店から品物用のパックが届きます。そうしたら、売りたい金製品を入れ、業者に返送すればいいのです。その到着後、査定の金額と確認の連絡が来て、その金額でよければ承諾の連絡を返し、その後、銀行口座への振込で買取代金を受け取れます。株式や外貨など、投資の対象となるものは多いですが、金に代表される貴金属はその典型です。何と言っても金は値崩れしにくいのです。金の値段はあまり国際情勢や景気の影響を受けないためです。金イコール高級品という認識が世界中に浸透していることも、昔から金が投資の対象にされてきた理由の一つです。ですが、時には相場が大きく変わる場合もあるため、手放す際には、ネットなどで金相場を把握する必要があるでしょうね。先日、祖母が鬼籍に入り、私も遺品の指輪をもらったのですが、古いものですから、中には石が欠けているのもありました。金買取に出すのがいいと聞いても、今まで使ったことがなく、本当に大丈夫か心配だったのですが、全国展開しているちゃんとしたお店のようなので、利用を決めました。いざ行ってみると、査定にいい加減なところもなく、店も明るい感じで緊張しませんでした。買取額も十分納得できるもので、このお店ならまた来てみたいなと思わせるものでした。初めて金買取を利用する方が必ず気にされることといえば、相場というか、現実に何円くらいの価格になるのかを事前に知っておくことでしょう。目安として、日本における金価格の算出法を知っておきましょう。金の国際価格はドルで表されています。それを1トロイオンス(約31グラム)で割って、現時点でのドル円為替レートをかけたものが、その時の日本国内における金価格です。買取で損しないためにも、こうした計算法や相場を知っておいて、お店が妥当な金額で買取を行っているかどうか自分で見極められるようにしておきたいですね。金買取は、直接店に行かなくても、ネットでも可能です。サイト上で大体の買取価格を載せている店もあります。どこも様々な工夫を凝らしているのですね。店頭での買取でも身分証を提示しますが、郵送で買取してもらう場合も、買い取ってもらう品物と合わせて、身分証のコピーを送ります。できる限り高額で手放すためには、サイトなどの情報で、店ごとの買取価格を比較することが大事です。鑑定料や、買取時にかかる手数料が引かれないところも多いですから、なるべくそういう店を選びたいものですね。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:Koharu
読者になる
2016年01月
« 前の月  |  次の月 »
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/nuhrcaeacd05ls/index1_0.rdf