がん保険に特化した医療保険を考える

January 29 [Tue], 2013, 13:33
3人に1人ががんで亡くなるがん大国日本。


先進国のなかでもこれだけがんで亡くなる国はありません。


日本は世界でも長寿大国。


そのぶんがんも急増することは当然なことであります。


だからこそ、ここまでがん保険という医療保険に加入する人が増えているのでしょう。


不治の病といわれたがんも、医療技術の進歩によって、だいぶ、根治率も上がっています。


しかも体に負担なく、治療できるようになってきていて、通院しながらでもがん治療ができるので、仕事を退職せずにできるようになっています。


しかし、その経済的な負担はかなり大きいものです。


通院にしてもタクシー代からお金がかかります。


また付き添いをお願いしたときもいくらかの謝礼をしなければなりませんし、医療技術が進歩したといっても多くの医療費がかかることは間違いないことです。


そこで、多くが医療保険、がん保険に加入することになります。



一般に医療保険だけで足りると思われていますが、がん治療となった場合、長い治療期間となります。


さらに、不安からいろいろな治療にお金を出すこともあります。


入院を繰り返すこともあるでしょう。


そんなことを考えてもがん保険に加入するのです。


がん保険は入院日数に限度も設けていません。


がん治療の性質から、長い期間でも治療を想定しています。


さらに、今後増えてくるであろう、先進治療にも対応しており、安心して治療に向き合えるような保障内容になっています。


在宅での抗がん剤治療もふえつつあり、自己負担も増えているなか、がん保険の内容もこの点の保障が付加されています。


今のがん治療にそった内容のがん保険に加入したいものです。




外務省 在外公館医務官情報
ニューヨークの医療の現状や情報をまとめたサイトです。