ユーラシアカワウソが菊地

February 27 [Sat], 2016, 18:28
高校進学の際に進学先が衛生看護科だと、他の方法よりも早めに、国家試験の受験資格を得ることができるので、最も早く看護師として、働けるようになるでしょう。しかし、途中で違う進路を考えだしても変更するのは簡単ではありません。また、受験資格を得るまでには、最低5年でいいのですが、期間が短いことが理由で試験勉強や実習が不足して合格が困難という側面もあります。当直は看護師の場合、16時間にもおよぶ長い時間の勤務で、勤務中でも仮眠をとれることになっています。月に8回までと国の指針では定められていますが、それ以上になってしまうことも多いです。病院における看護師の勤務形態によっては、たいへん不規則な暮らしになってしまったり、疲れが抜けにくかったりするのも、看護師が長続きしない理由のひとつだと思われます。産業看護師とは、一般の会社に勤務する看護師を指します。看護師といわれると病院、クリニックの印象が強いですが、医務室が置かれている企業もあり、そこで仕事をしている人もいます。仕事の中身、役割といったことは勤務先ごとに違いますが、従業員の健康を守り、管理することは必ず行う仕事になるでしょう。産業看護師は、そこで働く人の健康が保てるように保健の指導などをしたり、うつ病防止のためのメンタルケアもします。産業看護師の場合は求人が一般に公開されていないため、ハローワークなどで見つけるのは不可能だと思います。興味を持った人は看護師専用転職サイトを利用してください。そういうサイトなら、産業看護師の募集も掲載されることが多いです。看護師の国家試験に合格することよりも、断然、看護学校を卒業する方が困難だと思う人も少なくありません。看護学校はそういわれるほど厳しく、レポートを出すのが少しでも遅れたり、テストに落ちるなどの些細なことでも留年させてしまうようです。そういう厳格な学校を卒業して、看護師国家試験にも合格した人は、できることなら、看護師の仕事をしてもらいたいですね。看護師になるための国家試験は、年に1度催されます。看護師不足が深刻になっているわが国にとっては良いことに、ここ数年の看護師資格試験に合格する確率はおよそ90%とかなり高い水準を保ち続けています。看護師資格取得のための国家試験は、大学入学のような落とすための試験ではなく、一定のラインを超えることができれば合格を勝ち取ることのできる試験です。修学旅行やツアーなどに随行して、怪我や病気に対しての応急処置や病院の手配をする看護師もいます。結婚していて、子供のいる人は土日に休むことができたり、夜勤がないという職場を望んでいるものです。病院ではないところで働くのであれば、働こうとするところに適した専門の知識を保有している認定看護師や専門看護師の資格があれば、採用されやすい傾向があります。高齢化が進み、福祉施設でも看護師のニーズは増してきているのです。加えて、大会社になると医務室等にも看護師がいて、ストレスといった精神面のケア、もしくは、健康診断や健康面での相談を実施しています。このような時は、この会社の正社員として入社することもあるでしょう。看護師が転職をするにあたっては、将来のことを思い描いて早めに行動を起こすことが大切です。それから、どんな点が大切なのかを決定しておいた方がいいでしょう。未来の自分の姿を明確に思い描いて、その希望に合った転職先の情報をちょっとずつ収集してください。年収や職場環境や勤務形態など、自分にとって重要な条件も考慮しておきましよう。なぜ看護師になろうと思ったのかは本当にどんなことをきっかけにして看護師を目指すことになったのかを交えれば良い印象になります。転職の場合、その理由は今までに培ったスキルを活かしたいより人の役に立つ技術を学びたいなど、いい印象を与えられるものにしましょう。前の勤務先に関するネガティブなことは口にしないほうがいいです。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:Fuuma
読者になる
2016年02月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/nugemnlpasulit/index1_0.rdf