なっきぃが伊賀

May 06 [Fri], 2016, 15:50
マイホームを売ることになったので、まずはインターネットなどを利用し、勉強をするのが先決だと考えました。最初に知るべきことは、不動産はどのくらいの価格で売れるか、不動産屋さんはどこが良いのか、これらのことを知らないで取引はできません。金額が分からないで商談を開始してしまうと取引後に入る金額がつかめませんし、誠実な不動産屋さんを見つけませんと希望する程度の価格で売ることができません。
不動産の処分価格は、REINS(不動産流通機構)というものを使って知るのがベストです。REINSは誰でも利用することができます。REINSでは土地だけでなくマンションの価格も把握することができますので、売りたい土地や建物がいくらになるのかだいたい把握できるのです。不動産屋へ行く時、先に相場観を持っているだけでも、お客としてちゃんと対応してもらえなくて不当な価格で買い取られてしまう危険を減らすことができます。
土地や建物などを処分する時は多くの経費がかかるのが普通です。経費については事前によく知っておく必要があります。一番誰でも分かる経費は不動産屋さんに対して支払う必要のある手数になります。売れた金額の3.24%+64800円という計算式(上限)になるので、6000万円の不動産なら200万円くらいのお金になります。他にも税金だったり印紙代がありますし、マイホームを売るのであればリフォーム費用もかかることが多いです。仮に4000万円で不動産が売却できても、その全額が自分のフトコロに入るわけではないわけです。
土地を売る必要に迫られる理由はたくさんありますが、その代表的なものが相続です。相続は単純ではなく、権利関係が複雑になることがあります。遺産の分割協議によって分割内容が決まった結果、どうしても1つだけの不動産を1人だけで受け継ぐことができない場合、換金してからそれを複数の相続人で分けることもあります。相続税を納める場合は現金が基本ですが、どうしても現金が難しければ延納することもできますので、できれば現金で納めた方が、面倒がなくておすすめです。
土地を活用する方法の1つとしての駐車場経営は、かなり人気があります。何千万円も投資せずとも始められることが人気の理由ではないかと思われます。駐車場を運営する方法には、月額契約(月極め)もあれば不動産屋さんのアドバイスにしたがって決めるのが良いでしょう。所有者は一番が収益性(採算)なのでしょうが、お客のつもりで決めないと、赤字になることも珍しくありませんので注意が必要です。
マンションは買い手もじっくり吟味しますので、売り急ぐのは得策ではありません。半年で決まれば御の字と考えておけば、気持ちにゆとりが持てます。あなたが焦っていることを買い手に伝わってしまうと、不本意な価格で売買することになるかもしれず、納得できない取引になるかもしれません。引っ越しのためにマンションを処分するなら、住み替える家の購入に必要なお金を住宅ローン残高を含めてまかなうべきですので、よく考えて納得のできる契約をしましょう。
家を売るなら買い手による自宅への訪問がありますが、その時の注意点がいくつかあります。できるだけ高く家を処分したいのであれば、知っておくべきです。何事にも言えることですが、第一印象を良くすることがとても大事です。誰でも最初に目に入ると考えられる玄関や門構えなどの入口付近を重点的に掃除しておいてください。あと、プロに依頼して(ハウスクリーニング)清掃をし、室内の臭いを取り除くために窓を開けておくと購入希望者の心象も良くなり、積極的に購入を検討するようです。
土地を売った時の税金ですが、そもそも土地自体が高いので、税金もとても高いですよね。高額な税金を払うのですから、きちんとした使い方をしてもらいたいものです。不動産を売った時に生じた利益は専門的には「譲渡所得」と言いまして、この金額を元にして、所得税と住民税がそれぞれかかってきます。また、土地に限っては短期間での売却だと、実はそうでなかったとしても、土地転がしだったと決めつけられ、高い税率が適用されてしまうのです。所有期間によって、倍くらいの差がでてしまいます。
「一物四価」という言い方は、土地に複数の値がつくことから言われているものです。それぞれ別の主体が求めるものですが、計算方法は専門家だけ知っていれば十分です。ざっと分けると、納税の基礎となる金額と、実際の土地取引の目安として使われるものとに分類されます。税金を計算する価格は相続税や固定資産税の計算に必要で、公示価格の7割〜8割になるのが一般的です。時価は取引の当事者が参考にはしますが、実際につく取引の価格は、それらと違うのが普通です。現場の不動産屋は現実的な価格を知っていますので、直近の価格の方で取引をすることをすすめるわけです。
マンションや一戸建ては1,000万円以上するのが普通なので、サラリーマンにとっては生涯でそう何度も経験することのない、大きなイベントです。そのため、あわてて買いに走らず十分に知識を得ることから始める必要があります。頭金をどのくらい用意するか、不動産屋さんに支払う費用はどのくらいか把握することも必要ですが、自分で直接何度も足を運んで、物件周辺の雰囲気を知ることが私の経験からお話しすると、一番大事なことだと思います。地名はイメージが先行しがちなので注意が必要です。例えば自由が丘、吉祥寺などは良いイメージではないですか?印象がよくても、生活してみたら不便だったということはよくあります。そのため、慎重にすぎるくらい現場を確認することが大事です。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:シュリ
読者になる
2016年05月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
最新記事
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/nud506gowsrcic/index1_0.rdf