鈴木悠介が資本家が融資を受ける利子率

September 07 [Thu], 2017, 19:05


鈴木悠介

株だったら緊密に関わり合っているものには、投資信託(投資家の資金を集めて専門家が運用する商品)、株式などが存在する。これら株に近い金融商品にも関心をもって投資することで、結果として株の動向をもっと感じられるようになる。
【用語】外貨預金とは?⇒銀行で取り扱っている運用商品のこと。日本円以外によって預金をする商品である。為替変動による利益を得られる可能性があるけれども、同時に損をするというリスクもある(為替リスク)。
【経済用語】日本経済は勿論として、さらに世界経済をつかむには、金融と経済の根幹である株、金利そして為替を感じ取るということが必要なのだ。なぜなら株価や金利や為替はぴったりと関係しているからなのだ。
つまりペイオフの意味は不幸にもおきた金融機関の経営破綻による業務停止をしたことによって、金融危機に対応するための法律、預金保険法により保護することとされた個人や法人等の預金者の預金債権に対して、預金保険機構が預金保険金の給付として預金者に直接支払を行う制度なのだ。
北海道拓殖銀行が営業終了した1998年6月、大蔵省(当時)銀行局や証券局等が所掌していた事務のうち、民間金融機関等の検査・監督事務を区分して、旧総理府の外局のひとつ、金融監督庁(現金融庁)を発足させたのだ。
【金融商品】金貨の紹介。カンガルー金貨(裏面のデザインが毎年変わるのでコレクション対象にもなっている)、メイプルリーフ金貨(現在は純度99.99%以上だが1979年から1981年発行のものは99.9%)、イーグル金貨(米国発行)、ヨーロッパならウィーン金貨(オーストリア発行)など信用できる金貨を購入する堅実ともいえる金融商品です。
【学習】ケインズ経済学(ジョン・メイナード・ケインズの論文「雇用・利子および貨幣の一般理論」(1936年)を出発点に中心に展開された経済学)における理論では、投資家による投資は追加投資で予想できる利潤率(その資本の限界効率)が資本家が融資を受ける利子率(金利)と一致するまで継続されるものとされております。
【紹介】金地金の案内。取扱会社の金を購入する純金積立と違うシステムで、純金(金以外の金属や半金属も)の現物(いわゆる延べ棒)を純金販売業者(地金商、鉱山会社、銀行、証券会社、商社等純金積み立てよりも多い)が取り扱う。なお、500g未満の地金を購入しようとすると加工手数料がかかるのである。
タンス預金ってどう?物価上昇の局面(いわゆるインフレ)では、その上昇した分現金はお金としての価値が目減りするのです。いますぐ生活になくてもよいお金なら、タンス預金ではなく安全で金利が付く商品で管理した方がよいだろう。
【投資の前に】ネット証券の登場があったことで各種取引に必要な証券会社等への売買などの手数料は、このごろはなんと数百円くらいまで低下し、簡単に誰でも取引も情報収集も不可能ではない状態になったのだ。
【ポイント】テレホン・マーケット(特定の場所に不特定多数の取引主体が集まって行う取引ではなく、取引主体間の意思疎通が電話連絡で行われて取引が成立するマーケット)のうち代表的なもの⇒一番にインターバンク市場(銀行間取引市場。金融機関が相互の資金の運用と調達を行う市場。取引に参加できるのは金融機関に限定。資金の出し手、取り手の間を短資会社が仲介している)の代表的なものである外国為替市場(がいこくかわせしじょう、外為市場とも)や銀行間取引のひとつで短期金融市場であるコール市場などの市場がある。
15年近く昔の西暦1998年12月、総理府(現内閣府)の外局として委員長は国務大臣にする機関である金融再生委員会を設置し、官僚を長とする金融監督庁は平成13年1月の金融再生委員会廃止・中央省庁再編までの間、その管轄下に2年以上も据えられていたのです。
【知っておきたい】ケインズ経済学(ジョン・メイナード・ケインズ「雇用・利子および貨幣の一般理論」を出発点に展開された)で、投資(investment)というのはその後の追加投資で予測できる利潤率(その資本の限界効率)が利子率(貸借に対する金利または利息)に届くまでされるものとされます。
【経済用語】ネット証券の登場があったことで取引の証券会社等への売買での手数料は、最近は数百円くらいまで低下し、思う存分取引、情報収集が可能な状態になったのだ。
【トラブル】「投機」について⇒企業の内容や経営状態などとはちっとも関係が無い取引で、機械的に売買を繰り返すことばかりでキャピタル・ゲイン(capital gain)という“利ざや”を得ることを目的をした株式投資の手法ということ。

金融分野での「投資」の持つ意味は保有する様々な資本を経済・経営活動、金融市場などを通じて危うさの存在する投資の対象を選択して投入することと言えるだろう。この対象には多様な種類の投資(金融)資産があるのだ。
いずれにしても「金融仲介機能」、「信用創造機能」そして3つめの「決済機能」以上の3つの機能を通常銀行の3大機能と言う。この機能は「預金」「融資」「為替」といった業務、そしてその銀行自身の信用によってはじめて機能しているものなのである。
「はやぶさ」の帰還が話題になった2010年9月11日、日本振興銀行(現在の商号は日本振興清算株式会社)が経営破たんする。このため、はじめてペイオフが発動することとなり、全預金者に対する3%程度、しかし数千人を超える預金者が、適用対象になったのではないだろうか。
普段使っているバンクという言葉は机やベンチを意味するbancoというイタリア語が起源で、ヨーロッパでは最古の銀行。それは今から約600年前にジェノヴァ共和国で生まれたサン・ジョルジョ銀行なのです。
運用のためのコストは0.1〜1%くらいとなっているから、インデックス型ファンド(インデックス:商品価格などの指数(インデックス)に連動)を含めた一般的な投資信託に比較してみてかなり低くされており、投資商品として長期の投資に申し分ない投資商品であると考えられています。
保険制度とは、予測できない事故で発生した財産上の損失の対応のために、同じような多数の者が一定の保険料を出し合い、準備した積立金によって不幸にも事故が発生した者に定められた保険金を給付する仕組みです。
西暦1998年6月のことである、大蔵省銀行局や証券局等金融部局の所掌する業務のうち、民間金融機関等の検査・監督に関する部分のセクションを区分して、総理府(現内閣府)の新外局としてこれまでになかった金融監督庁を設けることになったわけです。
【常識】外貨預金⇒銀行で購入できるけれど、円による預金の取り扱いとは違い預金保険制度(金融機関が破綻した場合に、預金者等を保護する)の対象になりません。MMF(MMF:公社債、短期金融資産で運用し利益を得る投資信託)は、ネット銀行あるいは証券会社等で購入可能です。
【解説】J−REIT:投資信託及び投資法人に関する法律(投信法)によって構築される。J-REIT(ジェイ・リート)のパターンとしては、投資信託 (※2007年現在存在しない)または投信法に基づく投資法人(上場されているものは現在すべてこの形態)の二つの形態があります。
【金融商品】為替の動きに素早く反応できる購入しやすい投資商品を挙げるとするならば、外貨預金(円以外の外国通貨による預金)や外貨MMF(MMF:公社債や短期金融資産(償還まで1年以内)で運用し利益を得る投資信託)、FX(外国の通貨の売買で利益を得る取引:ハイリスクハイリターンの投資も可能)などが該当する。
【投資の前に】株式取引では、株式発行している企業の業績の伸びによって、その効果でキャピタル・ゲインに対するインカムゲイン(和製英語: 配当であったり利息で得られる収入)という収入を得ることができる。
郵政民営化に伴い誕生したゆうちょ銀行が提供しているサービスのうちほとんどのものは郵便貯金法(2007年廃止)に基づく「郵便貯金」としてではなく、民営化後は銀行法での「預貯金」を適用した商品です。
【説明】金融ビッグバン:これは村山内閣が退陣した1996年からアメリカで同時多発テロ事件が発生した2001年において行われた記憶に鮮明な大がかりなわが国では初めての抜本的な金融制度改革を表すコトバです(日本版ビッグバンともいわれる)。
【解説】金融商品:日本の法令では、有価証券の発行・売買その他の取引について規定した金融商品取引法(金商法)の定めに基づいて、決められた分類なのであって、有価証券や外貨取引さらに金融デリバティブなどを包含している。
【投資の前に】株式に投資すると、株発行している企業の業績の伸びに比例するように、結果、インカムゲイン(和製英語: income + gain配当であったり利息による利益など)といった利益を手に入れられるのだ。

P R
カテゴリアーカイブ
http://yaplog.jp/nucv9468/index1_0.rdf