When she loved me..

May 05 [Sat], 2012, 13:53
featurerelated急に聞きたくなったトイストリーの一番涙でたシーン。
ジェシーが昔、彼女の持ち主の女の子と仲良く遊んでた。
時がたてば、女の子も成長し、人形よりもメイクアップとかほかのおもちゃに夢中になってくわけ。
ジェシーの事をベッド下におとしちゃったもんで、そのまま、女の子はジェシーのこと忘れちゃったんだ。
大人になって、あるひベットの下に手を伸ばすと、たまたまジェシーのことをみつけたから、チャリティーに寄付したっていう話。
人形のジェシーとしては裏切られたような気分になった。
彼女がジェシーを大好きでいてくれたときがいちばんよかったねっていう曲。
今日ふと、のりこえようとおもってたことを思い出すような、機会があって、ちょっと心がずきんってした。
もう大丈夫っておもった。
どんなことがあってもきっと、受け止められるし、人生の一部だったねって流していけるって思ってたの。
でもやっぱりまだまだだって。
きっとまだ時間が必要だね。
気持ちって形があるわけじゃないし、粘土みたいにくねくね動く癖に、つかめないから、株式会社ドリーム わいわい消しゴムで消せもしない。
時間だよ。
答えはでてるから、これ以上変わらないと思う。
ただ、それに関わることに遭遇したときにどうやって自分を抑えるか。
禅だ。
もっと自己コントロールを練習しなきゃ。
自分を自分でコントロールするという癖を付けようとしてんだ。
友達が紹介して貸してくれた本考えない練習qid1335571403sr81結構日本でにんきなんだってねみんなよんでる私基本的に禅系すきだから、この本、夢中になってよんでるよ。
ートたくさんとってる。
こんどそれについて日記書いてみよーっと。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:nu4lgijvy0
読者になる
2012年05月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
最新コメント
Yapme!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/nu4lgijvy0/index1_0.rdf