時々「美肌のためにタバコは厳禁!」と言う話

June 21 [Tue], 2016, 0:05
時々、「美肌のために、タバコは厳禁!」と言う話をよく耳にしますが、それはお肌についても言えることです。本当に肌を白くしたいと思うのなら、できるだけ早くタバコは止めるべきです。タバコが美肌に良くない理由として一番に挙げられているのが、ビタミンCの破壊です。タバコを吸っていると、美白にとって不可欠なビタミンCが減ってしまいます。寒くなると湿度が下がるのでそれによって肌の水分も奪われます。水分が肌に足りないと肌のトラブルの元となるので冬はしっかりとしたお手入れが必要です。乾燥によって起こる肌トラブルを予防するためにも保湿・保水を念入りなお手入れを心掛けてください。乾燥する時期のスキンケアのコツは乾燥から肌を守ることが重要です。美容成分たっぷりの化粧水や美容液などを使用することにより保水力をアップさせることに繋がります。スキンケアに使用する際は、コラーゲンやヒアルロン酸、アミノ酸といった成分が含まれた化粧水や化粧品が良いと言えましょう。血行を良くすることも大切になってきますので、ストレッチや半身浴と併せて、ウォーキングなども行い血液循環を改善することが必要です。寒い季節になると冷えて血行が悪くなります。血液の流れが良くないと肌の細胞に満足な栄養を届けることができず、新陳代謝が不安定になります。それw続けることで、肌トラブルとなってしまうので、血行促進を心がけることが大事です。血行が良くなれば、代謝がうまく働き、健康的な肌がつくりやすくなります。スキンケアで忘れてはいけないことは間違った洗顔で肌を痛めないことです。洗顔で誤ったやり方とは肌トラブルの原因となり潤いを失う原因になってしまう、要因になるわけですね。肌を傷つけないように優しく洗う綺麗にすすぐ、以上のことに注意して洗う洗顔を行いましょう。かさつく肌の場合、スキンケアが非常に重要になります。誤ったスキンケアは症状を悪くさせるので、正しいやり方を理解しておきましょう。まず、洗いすぎはタブーです。皮脂のことがひっかかるからといって同じ日に何度も何度も顔を洗ってしまうと素肌が乾燥してしまいます。逆に皮脂の分泌物の量が増えてしまうので、朝1回夜1回で十分です。ヒアルロン酸は人体にも含有されているタンパク質との結合性の強い性質を持った「多糖類」に含有されるゲルみたいな成分です。とても水分を保持する能力が高いため、化粧品や栄養補助食品には、ほとんど当然といってよいほどヒアルロン酸がその成分の一つとして存在しています。年を重ねるに従って減少する成分なので、自発的に補うようにしましょう。洗顔の後の保湿はドライスキンを予防・改善する上で大事なことです。これを怠ることで肌の乾燥をすすめてしまいます。そのほか、クレンジングや化粧用品についても保湿力のあるものにする必要があります。これに限らず保湿効果のある入浴剤をおふろに入れたり、温度の高いお湯を使わないというのも乾燥肌に有効です。元々、お肌が乾燥しにくい人でも寒い季節になるとカサカサになってしまうこともあるので、顔を洗った後や入浴の後は化粧水を使ったり、乳液をつけるようにしましょう。冬になると肌のトラブルが多くなるので、スキンケアを怠けないようにした方がいいです。しっかりと肌を潤わせることと血行を良くすることが寒い季節のスキンケアのポイントです。肌がかさつく人は、低刺激の洗顔料をチョイスして手を抜かず泡立てて、お肌がこすれ過ぎないようにしてください。力強く洗うと肌に悪いので、ポイントとしては優しく洗うことです。また、洗顔した後は必ず保湿しましょう。化粧水しか使わないのではなく、乳液、美容液、クリームなども場合に応じて用いるようにしてください。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:アイカ
読者になる
2016年06月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/nu4b1eobplwitk/index1_0.rdf