オオミズスマシと坂野

February 19 [Fri], 2016, 21:19
浮気の形跡がSNSを介してばれてしまうこともあります。SNSは名前を伏せて利用している事もあるのでパートナーも無意識のうちに、私生活についてついうっかり書きすぎてしまう事が珍しい事ではありません。時には、浮気を証明してしまうような内容をネットにアップしてしまう事もあるのです。ユーザー名を知っていたら読んでみて下さい。レシートとかクレジットカードを見ると浮気のことがわかるものをつかむ事もできるかもしれません。いつもなら立ち寄らないようなコンビニの領収書をほぼ毎回目にすることが多くなったら、その周辺に普段から赴いている事になります。そこで見張っていると、運がよければ浮気の瞬間をとらえることが出来るかもしれません。食事をした際の請求書には飲食時の人の数が書いてある事があるので、浮気と特定する材料となります。ほかに、クレジットカードで決済した時はしっかり月ごとに見るようにします。仕事で使ったにもかかわらずビジネスホテルではなかったり、シングルでの使用にしては高額な宿泊費だったりすると、同伴者がいたおそれがあります。浮気した事実をカーナビで証明できるのです。カーナビにある履歴を確認し、浮気の相手とドライブデートした場所を見つけられます。あまり見たことがない場所の履歴を見つけた場合注意する必要があります。そして、しばしばもしもガソリンが入れられていたら、デートに車が使われている可能性はゼロではありません。浮気相手と会う曜日だとか時間帯がわかっていれば、調べる時間が少なくて済むので、それだけ調査費用が節約できるわけです。しかし、浮気をしている日時が気づいている場合でも、友人を説得して写真を撮るようにすると、ほとんど駄目でしょう。知られずに証拠写真を手に入れるにはやはり探偵にお願いするのが最も確かな方法でしょう。携帯電話の通話履歴から浮気の証拠がつかむことが可能です。携帯電話は浮気相手への連絡のためのツールとしてごく自然に使われるからです。近頃は、メールとかLINEといった手段で連絡を取ることが多くなりましたが、やはり、相手の声を聞きたくなるのは当然のことでしょう。ですから電話をする可能性も十分考えられます。浮気調査で先ずすべき事は、本当に浮気しているのか? という疑問を確信に変えることです。疑問が確信に変わりきらないケースでは調査を続行するかどうか、この時点で決定されます。残念にも、伴侶の不実が確かなものとなったら、浮気相手が誰か? を調査する段階となります。パートナーの日々の行動を追跡したり、あるいは張り込んだり等、不倫相手の正体を確認するのです。時間によって尾行料金が決まる場合、探偵の尾行時間が短い方が、お金がかからなくなります。したがって、尾行依頼を探偵にするとすれば、日頃のパートナーの行動パターンをよく知っておくことが大切です。その中で、最も怪しい時間帯や曜日に追跡をお願いすると、探偵側も余計な手間がかからず、お互いにとってメリットがあります。車の目立たない場所にGPS端末を取り付けておいて、移動の様子を常時監視し、現在地を確認したり時間のある時に、データを取り出して分析することもできます。普段、運転しないような人の場合は、カバンにGPS端末を隠しておく、という方法もあります。そうすれば、相手がどこに行ったのかやどのくらいの時間を過ごしたのかも把握できます。費用を節約して浮気調査をするには、できる限り事前に自分で調査してから調査会社へ依頼することです。難しそうに聞こえてしまうかもしれませんが、実際そんなことはないのです。毎日のパートナーの行動記録を立派な調査資料になります。毎日の出勤時間、帰ってきた時間、だれかと電話をしているようなら、その時間とどのくらい話していたかも記録しておくと良いでしょう。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:Soichi
読者になる
2016年02月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/ntwir6aeeppcy5/index1_0.rdf