敦美の北原

July 13 [Thu], 2017, 22:48
乳酸菌が身体に良いものだということは有名な事実ですが、一方で効果のない説もあって当然ですよね。

これも本当かもしれません。



それは、体質には個人差というものがあるほか、あくまでも乳酸菌は菌であり、即効性が期待できる治療薬ではないからです。自分に合うものかどうか試してから判断するのがよいです。
実は乳酸菌を摂ると様々な効果があります。まず、腸内にいる善玉菌の数を増やして悪玉菌の数を抑え、内臓の環境をいい環境へと変えていきます。結果、免疫力が上がり、多くの健康効果を実感することが出来ます。

アトピー性皮膚炎の改善にも効果的だったり、インフルエンザといった感染症の予防にも効果を発揮します。乳酸菌は体に対して健康にいい効果が高いと言えます。
うんちがでなくなると、健康に必要ないものが体から出ないため、口臭の原因となります。
どのように毎食後歯ブラシをして、歯間ブラシ、マウスウォッシュを使用して口内のケアをしても、口臭は腸から胃を通過して不要物を出そうとし、口の臭いになってしまうのです。


このような状態の時、便秘が改善されると、口臭もしらずしらずのうちに無くなると言われています。ここのところ、乳酸菌がアトピーをよくすることがわかってきています。

引き起こすものはいろいろありますが、毎日、毎日たまるストレスや偏っている食事などによって引き起こされる場合もあります。また、アトピー患者の多数は腸の状態がよくないため、乳酸菌を使って腸内環境を整えることが完治するための方法となるわkです。

娘のインフルエンザの予防注射につれて行きました。


私は注射の瞬間は怖くて視認できないのに、子供は6歳ながら、注射の針を凝視して注射針を注入されています。予防注射の後は怖かったーと口にしていました。
見ているからさらに怖いんじゃないかな?と感じましたが、何も伝えれませんでした。乳酸菌がお腹や体の健康に良いのは誰でも理解できます。

ですが、乳酸菌は胃酸で弱るので、せっかく摂取しても胃でなくなって効果が出ないのではという考えを持つ人もいます。



実際は乳酸菌が生きてるとか死んでるとか関係なく摂取するだけで腸内の免疫機能向上に貢献して、それが身体の健康づくりになってくれるのです。この間、インフルエンザにかかり内科を受診しました。



何日くらい潜伏期間があるものなのかはっきりしませんが、インフルエンザの人とどこかで一緒になってうつってしまったのだと思います。



3日間発熱し続け大変苦しい思いをしました。高い熱が続くインフルエンザは、通常ひくような風邪より苦しい思いをしますね。



乳酸菌シロタ株と言ったら、ヤクルトでしょう。

昔、白血病になり、闘病経験がある渡辺謙さんのCMでも有名です。


みごとに白血病を治し、ハリウッドで大活躍の渡辺謙さんがCMで大絶賛していると、効果が高そうな予感がします。乳酸菌と言って思いつくのはカルピスかもしれません。子供時代から、毎日楽しんでいました。

それは乳酸菌があるからです。


お母さんが毎朝、私に飲ませてくれました。

なので、私は便秘知らずです。もしかしたら、カルピスを飲用していたおかげで元気な身体になりました。夜中に高い熱が出て、約40℃に上がって体調が悪かったので、翌日通院しました。先生はインフルエンザかどうか調べられますよとすすめられました。私も、もし、インフルエンザにかかっていたら、それにあったお薬を頂けるので、検査したいと感じました。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:テッペイ
読者になる
2017年07月
« 前の月  |  次の月 »
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/ntse0unsnetjyh/index1_0.rdf