リベラだけど後藤康二

March 29 [Wed], 2017, 13:55
年齢に伴いだんだんと身体がたるんできました。痩せるためには運動と食事のコントロールが一番だとは思いつついっこうに時間が確保できずに実施できませんでしたが、暫くぶりに体重計で計ってみてびくっとしたんです。


第一に無理なく運動をするために、日々の交通手段を歩きに変えることから始めてみました。


これで少しでも細くなると嬉しいです。ダイエットにはエアロビックプログラムがお手軽に出来るので、イチ押しです。



私は家の中で踏み台昇降を行っています。


これは長時間続けると、心臓がバクバクいいますし、腿やふくらはぎの筋肉も負荷がかかるので、簡単に考えていたよりもずっと体力を消費します。これはテレビを観ながら楽しく出来ますが、すごく体重が減りました。

ダイエット中のおやつは絶対ダメです。
おやつでの食べ物が、例えスナック菓子などではないとしても、食べる=太るという事実を心に刻んでください。



過度の我慢も良くないけれど、一日三度の食事をしっかりとって、あとは食事への欲求をおさえられるように身体を変えていきたいものです。
痩せたい!と思うなら、まずは無理をし過ぎないことです。



食事を制限するダイエットは確実に痩せるのですが、デメリットも多いのです。
私の場合は生理に影響が出てきてしまいました。
排卵が無くなってしまって、産婦人科でもらった薬を飲んで治しました。最初から頑張りすぎると続かないというのが自論です。実際、日常生活で歩く時にお尻に力を入れて大股であるくだけでも結構、違いが出てくるのです。

これさえ食べておけば絶対痩せる!なんて食べ物はないと言えます。ただし、カロリーが低いものとか、食物繊維を豊富に含まれている場合など、お通じをスムーズにしてくれるものはダイエット、痩せるのに効果がありますよね。
実際、野菜やきのこ類、海藻類をたくさん食べると、太りにくくなるでしょう。また、カロリーの高い食べ物を制限する必要があります。
実際、有酸素運動は、せめて20分は運動しないと効能が出にくいなとされてきましたが、今はノンストップで行わなくてもせめて20分運動していれば効果があるのではないか?といわれています。と同時に、筋トレのほとんどは有酸素運動とは反する運動ですが、無酸素、有酸素両方の運動を順々に行うことでそれぞれの効果をアップすることが行えます。ダイエットを行うときの心構えとしてまずまず基礎代謝量を計算して知っておくことが実は重要な準備のひとつです。基礎代謝とは、特になにも動いていない状態において消費されるエネルギーのことなので、つまり、数値が大きいほど太りにくい体質といわれているのです。


基礎代謝の計算はネット上のサイトで確認することができますので、一度確認してみるといいと感じます。昔に比べて、肉がついてきたので、痩せよう調べていたら、いいやせ方を見つけました。

それは、酸素を多く体にいれる運動です。
知っての通り、有酸素運動の効果はてき面で、食事を減らすより、ずっと痩せられます。私も数週間前からジョギングをやり始めたのですが、目に見えて痩せてきているので嬉しいです。



有酸素運動は思ったより効果があるんだなと認識しました。
ダイエットに効果があるのは有酸素の運動と筋トレです。遅筋という筋肉は有酸素運動をするときに主に使われるのですが、筋トレで使用するのは速筋という筋肉です。遅筋は筋が肥大しにくく、見た目がマッチョになりにくいです。


遅筋と速筋を同じように鍛えると、憧れのスタイルになります。


ダイエットに効率的な運動といえば、やはり有酸素運動ですよね。なるべく短期間でダイエットを成功させるためには消費カロリーが摂取カロリーを上回ることが重要なので消費カロリーが膨大なジョギングや有酸素運動やサイクリングなどの運動が一押しです。
くわえて、身体を引き締めてメリハリのあるボディーラインを作出するためには筋トレもおすすめします。
P R
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:Eito
読者になる
2017年03月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる