町や体の健康にいい乳酸菌

November 04 [Wed], 2015, 18:30
腸や体の健康に乳酸菌が良いというのは皆さん理解しています。しかし、乳酸菌は胃酸にやられるので、積極的に食べても胃酸で死んでしまって効果が発揮できないのではという考えをもつ人もいます。実は乳酸菌が生きているかどうかは重要なことではなく摂取するだけで腸内の免疫機能を充実指せて、従って身体全体の健康になってくれるのです。毎日つづけて摂っている乳酸菌のおかげでたいへん健康になってきました。一日がはじまる朝には欠かさず、ヨーグルトを食べています。


ヨーグルトは工夫次第でいろいろと味を楽しめますし、便秘(器質性便秘と機能性便秘の二種類があります)をせずに過ごせます。乳酸菌を摂ることにしてから、お肌の調子も良くなって、体重まで落とすことができました。



最近、あとピーは乳酸菌のはたらきによって症状の改善に役立つ可能性があるのです。腸内にアレルギーを起こす原因物質が進入してしまうと、IgEという名の抗体が発生します。
ただ、このIgEが多くの数発生してしまうと、過剰反応となり、アレルギー発生につながっていきます。これがあとピーの原因だとされているのですが、乳酸菌には、IgEが大量に生産されることを防ぐはたらきがあるといわれています。

息子があとピーだと医者から診断されたのは、2歳になったばかりの頃でした。


足にには肌にかゆみを感じていたようだったので、かゆみ止めとしてステロイドをもらいました。実際、2年間ずっとステロイドをつづけてみて、ちょっとずつコドモの様子をみていたのですが、かゆみや皮膚の赤みはいったんひいてもまたすぐにぶり返し、ぜんぜん良くなりません。そのため、ステロイド剤を漢方薬の投与に変更し、食事の見直しも行ってみたら、コドモが小学徒になる頃には、あとピーの症状は鎮静化しました。

ここ最近は年ごとに冬になればインフルエンザが大流行しています。



年ごとに予防注射をする人も増えていますが、都市部では相当の数の人がかかているのが現状なのです。

感染の経緯は色々と考えられますが、電車やタクシー、街での人込み、職場など、大人数と接触する時に感染しているのではないでしょうか。病気のインフルエンザに感染してしまうと学校に出席することが5日間できなくなります。インフルエンザに感染した際でも、発熱の症状は数日で治まるので、いきたくなってしまうかもしれません。
熱がすっかり下がっても、くしゃみなどにウィルスはまだ潜んでおり、うつしてしまう場合があります。

なので、お休み期間は守ることが集団感染予防には必要なことです。便が溜まった事って絶対に一生に一度は誰でも体験するものだと思います。私もその一人で、大変な時は一週間便秘(器質性便秘と機能性便秘の二種類があります)に苦し向こともあります。便秘(器質性便秘と機能性便秘の二種類があります)に効く薬もありますが、私はアレをあまり飲みたくないので、ごく自然に便秘(器質性便秘と機能性便秘の二種類があります)を解消できるオリゴ糖を飲んでいます。お通じの悩みを優しく改善してくれるのが安心ですね。わたしの母は重度のあとピー患者です。遺伝したみたいで、あとピーになりました。

いつも肌がカサカサになって、毎日の保湿ケアが欠かせません。

ケアを欠かしてしまうと、外出も困難なのです。
母を責める訳ではありませんのですが、私の子いっしょに遺伝してしまったらと思うと、恐ろしくなります。
ラブレ


だいたい1〜5歳くらいまでの幼児がインフルエンザといった病気に感染し、熱が出た後、突然けいれんや異常行動、意識障害などの症状を起こしてしまうのがインフルエンザ脳症なのです。インフルエンザ脳症というのは、命の危機に関わることもある重篤な疾患であり、病気の回復した後に後遺症が残るケースもございます。
ここ最近の研究でインフルエンザを予防していくには乳酸菌が高い効果を誇るということが知られてきました。というのも、インフルエンザといったものはワクチンだけで完全に防いでいくことは出来ません。乳酸菌を日頃からしっかり摂取することで免疫力というものが向上して、インフルエンザを予防してくれたり、症状を和らげてくれる効果があるのではないかと考えられているんです。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:ntr4e4w
読者になる
2015年11月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/ntr4e4w/index1_0.rdf