荘司と黒川

March 09 [Wed], 2016, 23:36
妊婦さんにとってなじみの深い葉酸は、摂取することでお腹の中の赤ちゃんに葉酸が働きかけることで、先天性神経管異常の発症リスクが減少することが判明しました。そのため、母胎のことを考えた葉酸の摂取を厚生省が認めており、妊婦に対して摂取を呼びかけています。実際に葉酸サプリに代表される補助食品のうち、いくつかは特定保健用食品の認定を受けているものもあり、妊婦が利用しているケースもよく耳にします。不妊の一因は冷え性だともいわれています。体温が低い状態が続くと血行が悪くなり、摂取した栄養がうまく活用できなくなって、排卵障害や子宮の機能が落ち、妊娠しにくい状態になります。こういった症状の改善には昔からお灸が使われてきました。血行不順を緩和して新陳代謝を促し、ストレスを和らげる効果もあります。ホルモンバランスが整うと自然と温かな体になりますよ。大学の友達と久しぶりに集まったのですが、その時に葉酸のサプリの話題が上ったのですが、友達はベルタから出ているサプリが気になっているようでした。サプリは妊娠前から摂取すると効果的だって以前教えてもらったことがあったので、妊娠したと言っていた友達に勧めました。友達が妊活を頑張っている事を知っているので、絶対に報われて欲しいと思うし、赤ちゃんを無事に出産してほしいと応援しています。妊娠が発覚した後、葉酸を摂取し始めたという方が多いのではないでしょうか。ですが、「いつまで葉酸を摂取すればいいのか」という疑問を持つ方も多いと思います。例えば、赤ちゃんのためだけに葉酸を摂取している方は、妊娠している間に絞って摂取をするという方法でも問題ないでしょう。でも、葉酸には体のバランスを整えてくれるなど、人体にとって必要な栄養素でもありますから、赤ちゃんを無事出産した後にも、定期的に摂取する事で健康の手助けとなってくれますから、ぜひ出産後も葉酸の摂取を続けましょう。近年、葉酸の効果への注目が集まっており、多くの産婦人科で妊娠が分かった方には、摂取するように指導されています。サンプルの葉酸サプリを配布している産婦人科もあるようです。ですが、妊娠中に葉酸を意識していなかった、という方もいますよね。万が一、サプリによる葉酸の摂取を怠ったと感じている方も、サプリ等で摂取する印象が強い葉酸ですが、実はビタミンの一種です。ですから普段食べる機会の多いホウレンソウなどの野菜やお肉にも多く含まれているんです。ですから、普通の食生活を送っていれば、多少は葉酸を摂れていたと思います。金銭的負担が大きい不妊治療ですが、精神的にも大きな負担があることは明らかです。行政からの助成金があるものの、40歳の年齢を境目に給付回数に制限がつくケースが多いです。治療を始めた年齢を考えると40歳以上といってもまだまだで、給付回数は減らすべきでないと思うんです。私はもうじき40歳ですし、見捨てられたような寂しい気持ちで、疲れきっています。不妊の原因と対策を考えるとき無視してはならないのはストレスです。体内のホルモンバランスを崩すだけでなく、ストレスは排卵障害や子宮の機能低下などを引き起こすためです。ときには友人や家族の励ましや、焦りといった感情が不妊治療に通ううちに高じてくるというケースもしばしば見られ、一度、負のサイクルに陥ると気苦労ばかりで、良いことはありません。自分を追い詰めずにおおらかにいくこと、それが赤ちゃんを授かるためには良いことだと思います。不妊かなと思ったときには、基礎体温の管理から始めてみると良いでしょう。基礎体温表をつけていくとその変化で、体内のホルモンバランスの変化や状態が分かり、不妊治療の大事なきっかけになるのです。基礎体温計は小数点以下2ケタまで測れます。入院患者さんと同じで「起床時」に「毎日」計らなくてはいけないという注意点もあるので、その通りにしていくのが大事です。一日忘れても根気よく続けていきましょう。妊婦にとって、葉酸の効果的な摂取時期は、妊娠前から妊娠3か月だと言われています。この期間は葉酸の十分な摂取が必須です。では、妊娠中期や後期の女性には、こうした摂取が無くても良いのでしょうか。妊娠後期は初期に比べて、葉酸が不足する傾向が落ち着くのですが、だからといって全く気にする必要が無いのかと言うと、それは違います。胎児が先天的な障害を発症する可能性を低減してくれるという話では、妊娠前から妊娠3ヶ月までの間が注意が必要な期間ですので、お腹に赤ちゃんがいる間でも、特に妊娠3ヶ月までの葉酸摂取が、強く勧告されているという事です。今、二人子供がいます。二人目の子にむけて妊活をしていた時の話ですが、友達が貸してくれた「産み分け」についての本を読んで勉強しました。上の子が男の子でしたし、女の子が欲しいと主人と話していたからです。本に載っていた、排卵日の特定からタイミングを合わせたりして、産み分けにチャレンジしました。妊娠が発覚した後、性別が確認されるまでは期待と不安が入り混じったような気持ちでしたが、女の子だったので、とても嬉しく思っています。葉酸が多く含まれている野菜についてですが、冬が旬の小松菜、初春に店頭に並ぶ菜の花や、夏のモロヘイヤなど、いわゆる青菜のものが多いです。病院の検査で妊娠が分かってから、早めにこれらの食材を摂取することによって、お腹の赤ちゃんの先天異常などの危険性を下げる可能性があるという報告があります。とはいえ、毎日たくさんの野菜を摂取するのは大変ですよね。そんな時には他の食材で補っても構いません。例えば納豆やホタテといったもので葉酸を摂取するのを勧めたいものです。妊娠のひと月前から妊娠初期の、胎児の成長初期段階において葉酸が大切な働きをすることを知っていますか。ママの体も赤ちゃんも、共に元気であるように、葉酸サプリメントで補いながら、葉酸の摂取を怠らないようにしましょう。さて、厚生労働省による理想的な一日の摂取量ですが、1日あたり葉酸0.4mgです。さらにこれを毎日摂取する必要があるのです。葉酸は野菜に多く含まれた成分ですが、食事だけで十分かというとあまり現実的ではありません。ですから葉酸サプリで補給するのが良いと思います。葉酸を摂取する妊婦の方へ、少し気を付けていただきたいことがあります。葉酸を普段の食生活で賄うために、葉酸を多く含んでいるほうれん草などの葉物野菜あるいは貝類、レバーなどの代表的な葉酸食品を、意識的に摂っている人が少なくないですよね。ですが、葉酸というものは熱に弱いため熱を加えてしまいますと熱や水によって、食材から葉酸が失われてしまっているなんて事もあります。葉酸の多い食品を積極的に取り入れたとしても、調理方法によっては、葉酸が足りないという事もあるので、注意が必要です。妊活中の栄養補給や体調管理のためのサプリはたくさんの種類がありますね。選ぶ基準としては、中でも、葉酸を含んだサプリを選ぶことが大切でしょう。ビタミンの一種である葉酸には、貧血を防ぎ、赤ちゃんが先天的異常を発症するリスクを回避できることが報告されています。ほかにも、意外かもしれませんが、精子の染色体異常を防止してくれる効果もあるりますから、夫婦共に大切なサプリであると言えますね。葉酸摂取は、妊婦にとって多くの効果が期待できます。その中でも胎児の先天的脳障害の発症リスク低減は最も重要なポイントだと言えます。ですので、妊娠中に限らず、妊娠の計画を考えている女性は、葉酸を十分に摂ることがおススメです。ですが、実際どれだけの葉酸を摂取しているのか、食事から計算するのは難しいと思います。葉酸のサプリであれば計算や摂取もそこまで負担にはなりませんので一番簡単な方法だと言えます。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:ミオ
読者になる
2016年03月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
最新記事
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/ntmndtaeewelgi/index1_0.rdf