TIGER&BUNNY The Rising感想

February 22 [Sat], 2014, 22:31
お久しぶりです、約一年ぶりの更新!
WindowsXPなマイパソコンが去年いっぱいでサポート終了という悲劇を乗り越え私は帰ってきた!

ということで家の近くの映画館にて『TIGER&BUNNY The Rising』を観てきました。

アニメーション映画はジブリとドリームワークス、ピクサーくらいしかあまり直接観に行ったことがない私ですが、新宿ピカデリー前を友人と一緒に歩いていた時にどんと飾られたタイバニポスターを見て、一昨年Ustreamで最新話配信を待機してまで ドハマリしていたタイバニの存在を思い出し、こそっと一人映画館へ足を運んでしまった次第です。
アベンジャーズやジャスティスリーグなどのアメコミノリ大好き、男のロマンだ爆走だ、が好きな私にとってタイバニはたまらないアニメでした。
男達がうぉーっと吠え女の子達がきちんと戦い抜き媚びないスタイルが物凄くツボなのです。
お洒落な錯綜演出もどっから声だしてるのか分からない『萌え』もいらない!私は熱い展開が観たいんだ!!

ということで以下ネタバレです。
キャラクター紹介をしつつ感想を書くので、ネタバレしても大丈夫よ、そしてその後DVD借りて映画館に足を運ぶよ、という人だけ見てね!



TIGER&BUNNY The Rising
とりあえず真っ先に言いたいことは熱い!!!!!!!!ってことです。
ヒーローズがクソ熱すぎて映画館で音もたてずに泣いてたよ。
アニメの方ではライバル関係としてのヒーローズが主に描かれていましたが、今回の映画では共闘&自ら作戦会議&ナチュラルな無線やりとりが盛り沢山で「おわーチームしてる!」ってなりました。
キャラクター紹介と各々の活躍を覚えてるだけ書いてみるよ!(画像はRisingのキャラデザが全員分見付からなかったのでTV放送時のキャラデザです)


(鏑木・T・虎鉄/ワイルドタイガー)
本作品の主人公であり、物語の舞台であるシュテルンビルドの中年の星ワイルドタイガー。
キャッチフレーズの「正義の壊し屋」に相応しい序盤からの器物破損ぶりにはしびれちゃうよ!
能力の減退を理由に二部リーグヒーローとして活躍していますが、映画中盤でまさかのリストラ。
ヒーローとして活躍する時間よりタクシー運転手、父親として過ごす尺の方が長かったのではなかろうか。
マーベリック事件を期に普通に顔と本名が市民にバレたようで、「ヒーローは素性を明かさないものだ!」と言っているけどぶっちゃけお前仮面だけで誤魔化せてた頃の市民の見て見ぬふりに感謝しなさいよ!ってなるくらい相変わらず変装が変装じゃなかった。
劇場版第一作で亡き妻トモヨさんへの思いが初めて描かれ、映画館で私の目玉を破壊した虎鉄さんですが、今回は涙腺よりハートキャッチに勤しんでいました。
シュテルンビルドの市民のアイドルであり女子高生様であるブルーローズから相変わらず思いを寄せられていたり、復帰時のヒーローズからの「おかえり!」の嵐、ヒーローTVカメラマンよなぜお前はそんなに仕事が早いのだ…と思わずにはいられない市民たちからの熱すぎるメッセージなど、愛されすぎてて少し引くレベル。
アニメ序盤で売れ残ったグッズを自ら購入しようとしていた彼はもうどこにもいない…!ってなりました。


(バーナビー・ブルックスJr.)
本作の二人目の主人公であり、唯一の顔出しヒーロー、バーナビーさん。
「幼少期に両親を殺され、その復讐のためにヒーローになった悲劇の美青年!」という紹介をされても照れるどころかむしろドヤるナイスな男。
アニメ時の豆腐どころかもはや砂だったメンタルがコンニャクくらいに成長してて私は泣いた。
画像のドヤポーズからもお分かりの通り、実は公式天然のスカイハイよりこいつの方が天然で斜め上だったりします。
劇中では俺様ライアンに振り回されつつしっかり自分を持っていて、正直アニメの時は株普通だったんだけど、今回株爆上げで色付き眼鏡も眩しすぎる赤いスーツも全部許せてしまった。
虎鉄の二部リーグ残留に対してCEOに食い下がったり、どんなに納得いかなくても市民の前ではドヤったり、自分と同じ境遇の半裸を説得したり、バーナビー、君は本当に成長したよ…!ってなった。
間違っても打ち上げバーナビーには戻らない君は素敵だ!


(ライアン・ゴールドスミス/ゴールデンライアン)
今回初登場の新キャラクター、ライアン君。
重力を自由に操り相手を地面にねじ伏せた後、「俺のブーツにキスをしな」という決め台詞を言います。(頭悪そうな感じがとても良い)
表情や言動から溢れでまくる股間に正直そうな感じが愛しいバーナビー以上のドヤ顔。
最初「新キャラクターくるぞ!」って知った時はえ〜もう増やさなくていいよ〜ってなったのですが、観てみるとめちゃくちゃ良いキャラしててめっちゃ好きになりました。
姿勢としてはきちんと椅子に座れない。きちんとバイクに跨がれない。きちんと人の話を聞けない。
なのに節々から機転のよさや洞察力の高さが伺えてすごく良かった。
能力発動する時の「どどどどん!」がくっそ馬鹿っぽい。そこがいい。
初期バーナビーの生意気さと違って、ライアンの生意気さには「なんか馬鹿っぽいなこいつ」感があって嫌いになれなかった。
むしろシュテルンビルドに残留して欲しかったくらい。
ヒーロー事業部の自分のデスク上にはペットの爬虫類の写真があったりして「実は性格いいやつっぽいな」を序盤からやってのける。


(カリーナ・ライル/ブルーローズ)
ヒーロー界のスーパーアイドルであり現役女子高生である今シュテルンビルドで過労死に一番近い女の子。
氷を操り、登場時には「私の氷はちょっぴりコールド、あなたの悪事を完全ホールド!」という決め台詞で女王様キャラとして大人気です。
今回カリーナちゃんのポニーテール姿がめちゃくちゃ可愛くてキュンてした。
ファイヤーエンブレムの炎を押さえ込む為に文句も弱音も吐かずに能力を発動し続ける姿にぐっ。
タイガーに対してずっと一途でありながらきちんと渇を飛ばす姿にぐっ。
他のヒーローと違ってフルアーマーのスーツじゃないにも関わらず体を張ったガチファイトにぐっ。
ファイヤーエンブレムとの友情にぐぐぐっ。
今回女の子達の媚びない強さにすごくときめいた。
アニメ時は「私たちはライバルなのよ!」って言ってたブルーローズが皆と輪になって作戦会議や意見交換をしていて、周りとの絆の深まりかたにタイバニ熱い!!!!!!!!ってなった。
「ヒーローものの女の子ってこうだよな…!こうだよな…!」という気持ちにさせてくれるヒロインでとても素敵です。
声もぶりぶりしてなくて凛としてる感じがやっぱりとても良い。
楓ちゃんからの相談、虎鉄の悩みに真っ直ぐ向き合うカリーナちゃん素敵すぎて、虎鉄の「お前お母さんに似てきたな」は実はカリーナちゃんへの伏線だと全力で受け取った!


(ネイサン・シーモア/ファイヤーエンブレム)
実は今回の裏の主人公だったんじゃ…?ってくらい色々頑張った素敵な人。
炎を操り、「ブルジョワ直火焼き」のキャッチフレーズに相応しい大企業のオーナー兼ヒーローです。
多分だけどネイサンは市民に正体普通にバレまくってそうな気がするんだけどどうなんだろう。
アニメ時の衣装もピンク!ピンク!ピンク!で完全にジョンテ☆モーニングだったけど、今回の衣装は格別すごかった。
世界のセクシーは私の前に怖じ気づくと言わんばかりの衣装に、今思えば強さを感じてうるっときちゃう。
学生ネイサンと若ネイサンの苦い過去が登場し、キッドちゃんの強い言葉に動かされ「これが私」と受け止める姿に千と千尋の間欠泉泣きを修得してしまった。
「男は度胸、女は愛嬌、オカマは最強」は名言すぎるし、その後ローズを庇ってボコボコにされる姿にも男でも女でもない唯一の強さを感じてぐっ!
とにかくネイサンへのスタッフの愛を感じまくって幸せでした。
女装姿に対して白い目で見られてたけどネイサンめちゃくちゃ綺麗だったよ!!!!


(ホアン・パオリン/ドラゴンキッド)
雷を操る能力を持ちおまけにカンフーまで出来ちゃうスーパー幼女。
「稲妻カンフーマスター」のキャッチフレーズ、ヒーローランキング3位を争うほど強い、その上僕っ子、なのに服装が可愛くない。
最強だよホアンちゃん!!!!!!!!!!
ってならざるを得ないすごい女の子です。
今回髪型が少し変わり完全なる蓮舫に……Beginningオープニングのあの女の子らしいワンピース姿はどこ行ったと複数の大きいお友達の叫び声が聞こえたような気がする。
そして悪夢おじいちゃんとの戦いでの啖呵のきりかたにわたしの涙腺が爆発。
「女の人みたいに優しくて、男の人みたいに強い人」はずるいよ泣いちゃうよ泣いちゃったよしました。
カリーナちゃんが能力を発動し続ける中、一緒に起きて見守らずに眠ったりしている姿に逆に仲間としての信頼の厚さを見た。
少しの時間を使っての新技開発もぐっときたし、発動するタイミングも熱くてすっごいうおおお!!ってなった。
唯一疑問があるとすれば、あの緑色の髪型ってどうやって変身してるんだろう。
カリーナちゃんはBeginningの時に凍らせてる?かなんかして一気に固めてたけど、ホアンちゃんはまず髪が変身時より短くなっちゃってるからやっぱりヅラ?
少し体格がよくなってて、いつかドラゴン“キッド”呼びではなくなる時も来るんだろうな、って予感がとてもわくわくした。
エンディングスタッフロールでのCM撮影時のペコリペコリになんだこのいい子と感動する。


(キース・グッドマン/スカイハイ)
ジェットパックを背中に背負い華麗に空を飛びながら風を操るキングオブヒーロー、スカイハイさん。
常にヒーローランキング1位をキープし、もうキャッチフレーズ自体がキングオブヒーローになりかけているナイスガイです。
バーナビーにキングオブヒーローの座を明け渡した時に変更された「風の魔術師」というキャッチフレーズに、きっと多くの人がこれはいつか自己紹介で噛むんじゃないか…と心配したことだろう。
正義感が強く頼りがいがあるのに天然でもあるもんだからそりゃもう大人気で、ヒーローズの中で唯一恋愛回と鬱回を一気に受け持ってしまった人でもあります。
今回はそこまで多くの出番はなかったものの、ヒーロースーツで登場するシーンは一つの例外もなくむちゃくちゃかっこよくてフィギュアが欲しくなるレベル。
犯罪と戦う時だけでなく、災害時の救出活動姿もかっこいいとかさすが!ってなります。
特にビル倒壊の危機!のシーンでビルを押し返す為にジェットパックを吹かすところが何だかすごく私のつぼでぐっとなりました。
終盤3ボス戦では折紙バイソンと共闘。
螺旋丸飛ばしまくり壁に打ち付けられまくりでボロボロになるものの、ワイルドタイガー復帰後の力強い「おかえり!」にヒーローを感じます。
アニメ時より少し髪が短くなり更に見た目のトップガンっぽさが加速。
いつも着ていた某国のミリタリージャケットから紺のパーカーに衣更え。
タイバニは長袖半袖ノースリーブが入り乱れる作品なので今の季節がいつなのか全くわかんなくて面白いです。
ちなみに私が貰った映画鑑賞特典のコラムカードはスカイハイでした。


(イワン・カレリン/折紙サイクロン)
擬態の能力を活かして忍者風のスタイルで売っている通称「見切れ職人」。
戦闘よりスポンサーの企業ロゴをアピールしまくる異色ヒーロー で し た 。
もう、もう、折紙君の成長なんやこれくっそ感動した…!!
手裏剣を外しまくっていた君は何処へ、行動する前に弱音を吐いていた君は何処へ、ポイント0の君は何処へ……!!!!
初っぱなから犯人確保の折紙くん。
カンフーマスターのホアンちゃん相手に互角の格闘練習しててほんとに成長率がやばい。
肉体強化なり超自然能力なりを持っていないだけに、他のヒーロー同様に戦い抜いてる姿に異様に感動しました。
ウエンツ瑛士の鬼太郎を彷彿とさせる見た目でダーツ先輩と化してた君はなんだ。
擬態能力をどう活かして戦うんだろうな〜って思ってたらそうかそうか。
あんだけ沢山の武器を惜し気もなく開発してくれるあたりヘリペリデスファイナンスに愛されまくったヒーローなんだな、と思って勝手に感動したりしました。
メットオフ時の格好は相変わらずヤンキーだったけど誰よりも頑張ってヒーローしてる姿は胸が熱くなる!!
ちなみに正装姿はネクタイではなく蝶ネクタイ。


(アントニオ・ロペス/ロックバイソン)
皮膚を岩のように硬化させて戦うヒーロー、「西海岸の猛牛戦車」というキャッチフレーズでどじっ子属性。
両肩の企業ロゴが牛角からすき家に変更されてて( ゜Д ゜)となった人多数、あなたはブルーローズと同じでずっとスポンサーが変わらないと思っていたよ。
アニメでは後半ランキングの順位を落とし不憫キャラが定着しましたが、いやいやメイン回でなんとか人気くるだろと思ってたらまずメイン回が無かったとかいうガチの人。
今回も(劇中での)不人気に拍車がかかり、最終的に他のヒーロー達のスタイルを華麗にパクりアナウンサーのマリオから「これはいけません」とガチトーンで実況される。
肉体の鍛練よりもキャラの模索に走っているシーンが多く、鍛練シーンの多かった若手ヒーロー達とのコントラストが「なるほどな〜」ってなります。
でもいくら肉体強化系ヒーローったってアニメ初っぱなでトラックを持ち上げたりしちゃうんだから本当はすごい人なのかもしれない。
ファイヤーエンブレムことネイサンからたびたびセクハラを受け、劇場番第一作Beginningでは十代の少女に固くなった肉体を見せ付け「いいから触ってみろp(^-^)q」と楽しそうに言う彼が眩しくて仕方ないです。
折紙ロックハイで戦うシーンはスカイハイに「お願いだから俺を投げてくれ!」などよく考えたらこの人すごいな、のオンパレード。
終盤のヒーローズ大集合共闘シーンではピンチのタイガー&バーナビーを救うシーンがくそかっこよくていい!!
もし物語の続きがあるならどうなっちゃうんだろうな、と心配になりますがいざって時に活躍してくれるので私は期待しています。
実はアニメ本編で殺される予定だったけど、牛角ロゴが目立ちすぎて人気になりキャラクター的な意味で生き延びたラッキーマンだったりします。

その他の登場人物に関しては楓ちゃんほんといい子だな〜とかルナティックの登場シーンかっこいいな〜とか声で犯人がわかったと思ったらどこのセフィロスなのかな〜とかアポロンメディアのCEO居なくなったらこれやばくね〜とか二部リーグヒーロー達のキャラめっちゃ良いな〜(特に水に入ったやつ)とかロイズさん子沢山で苦悩を家族に見せないシーン素敵や〜とか
ベンさん斎藤さん親戚になってほしすぎるわ〜とか鏑木ファミリー鉄の絆すぎるな〜とか色々叫びたい。
小ネタに関してはシュテルンビルドの街の至るところにヒーローズの広告があったり商品CMっぽい看板があったり芸が細かくて「映画!」って感じでした。
シュテルンビルドはあんなに崩壊しちゃって大丈夫なんだろうか…と思ったけど、きっと日本でいうところの自衛隊みたいな感じなんでしょうね。
あまりにもThe Risingが熱すぎて数年ぶりに漫画買ったのはまた別の話です。
P R
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:ntm-j
読者になる
2014年02月
« 前の月  |  次の月 »
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28
最新コメント
アイコン画像後輩1
» The Office (2013年03月12日)
Yapme!一覧
読者になる