二極化の極み

November 24 [Sat], 2012, 15:47
さて、昨日は江島に行ってきました。
午前中は算命学の講座で、いつもながら古代から続く知恵に陶酔しました。
今回は、友人の星を出してもらったのですが、攻撃的な星が重なっている上に中に、特徴のある一つの星が墓を守る、と言うもの。
その友人は、確かにアクティブで、倫理観に欠けるような行動をよくとるのに、家を守らなければとかお墓を守るのは私しかいない、とかそんなことを言っていたのを覚えてエヴァンゲリオン エロ画像います。
末っ子の私は考えたこともありませんでしたが、その友人も次女。
なのでやっぱり星が知らせているのかもしれません。
昨日は冬至の一ヶ月前。
意図を表明するにはいい日です。
駅の近くでランチをして島に向かいました。
錘ミの階段を登り始めたら、友人がなんか、この狛犬、スゴくないと。
見てみると、確かに、すごい存在感。
目が深いエネルギーとメッセージを送ってきます。
マーリーンとか、エレメントを操る魔法使いのようなエネルギーを感じ、ハリーポッターの世界では、こんな存在が普通に動き回っているんだろうな、などと考えてしまいました。
天気が良く、風も適度にあって、エネルギー場のバランシングにはとてもいい日でした。
箱根と同じく、エレメントのバランスもいいようです。
海と風のエネルギーだからか、何となく宮島を思い出します。
面白いことに一緒にいた友人は夏の宮島でも一緒でした。
奥宮で優しい女性性のエネルギーとつながった後は海に反射する太陽の光で、浄化をしました。
あまりにも気持ち良くて、あっという間に帰る時間になってしまいました。
帰りに石原知事の話しになりました。
軍事国家だの、核兵器だの、相変わらず過激な発言をしていますが、あのストレートな表現、態度は正直、好感が持てます。
いう人がいてこそ、きっと日本がかわっていく、と感じます。
変化を促す、という意味で。
核兵器なんて、実際のところ、政治家として禁止用語だったのではないでしょうか国家として原発核兵器なのに政府は国民を信頼出来ずにそれを隠して変な言い訳をして、その変な言い訳に国民が怒る。
今の状況をみると、日本が直視できなかった核兵器問題に光が当たりシフトの可能性を感じます。
核兵器は、本当に人類が意識を上げないと解決できない問題で自分達だけ、という考えではまったく進まないもの。
だからこそ、今、見せられているようでとても象徴的です。
世界の進化の過程の中で、どのようにバランスを取りながら地球としてシフトしていけるのか。
取りあえずは、自分のバランスを取りながらできるだけのことをさせてください、と祈るばかりです。
そしてイスラエル。
何もないわけない、とは思っていたのですがこれがいけないんですがガザも大変なことになっているし、少しのことでは動じないイスラエルの友人も、状況を聞いてみると、珍しく、皆、ミサイルが届かない北部に行こうとしてるよ、とのことでした。
私は冬至の後、一週間、イスラエル滞在予定ですがエジプトからの飛行機が無事飛ぶのか、またそこで何をするのか、未だ良く分からず。
エリヤの洞窟だけは、何としても行きたいな、と思っています。
一ヶ月ほど前、レイが、何にも予定入れなくていいんじゃない土地への癒しが出来れば。
というのでだっだのですが、この状況では納得です。
これも、私にできる最善の貢献をすることを意図しておきます。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:ntkgazfyft
読者になる
2012年11月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
最新記事
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/ntkgazfyft/index1_0.rdf