東北の潮干狩りで有名なところ

June 28 [Tue], 2016, 13:27
海(最近では、いざという時の避難経路を確認することが推奨されていますね)の楽しみ方は人によってそれぞれに違いますよねが、春の海遊び(ダイビングやシュノーケル、釣りなども含まれます)は何といっても潮干狩り(潮干狩り場以外で勝手に採取すると、密漁になってしまいます)で決まり、といった方も多いはず。東北地方では、よく知られている潮干狩り(潮干狩り場以外で勝手に採取すると、密漁になってしまいます)のスポットが沢山存在しているのです。それでは、人気があるスポットを挙げてみて下さい。美しい景観を楽しみながら潮干狩りが出来る場所と言えば、宮城県東松島市の「奥松島」です。こちらの波津々浦湾沿岸は、県外からも毎年多?ある家族連れが訪れる大人気の潮干狩り(潮干狩り場以外で勝手に採取すると、密漁になってしまいます)スポットで、3月から楽しむ事が出来ます。粒が大きく身のしっかりした美味しいアサリを採る事が出来るでしょうよ。潮干狩り(潮干狩り場以外で勝手に採取すると、密漁になってしまいます)の料金は、中学生(青春だったと思う方も多いことでしょう)以上の大人(社会的には、二十歳を超えると一人前として扱われることが多いですね。喫煙や飲酒の自由も得られます)が1000円、小学生(一年生と六年生ではずいぶん違うものですよね)が500円です。駐車場(平面駐車場、立体駐車場など、色々な形態のものがあります)は100台停める事が出来、無料というのも嬉しいですよね。4月上旬から5月下旬頃まで潮干狩り(潮干狩り場によっては、お客さんのために貝を用意していることもあるのだとか)ができるスポットが、宮城県亘理郡亘理町荒浜の「鳥の海」です。潮干狩り(潮干狩り場によっては、お客さんのために貝を用意していることもあるのだとか)が開催されている期間中は、たくさんある家族連れで常に賑わっている人気が高い場所んですよ。料金は、中学生(あの頃はよかった、気楽だったという人が多いものです)以上の大人(いつまでもなりたくないと考える人も多いかもしれません。なにかと束縛されていると感じることも多くなるものです)は2.5キロ以内で1000円、小学生(近年では、あえて名札をしない学校も多いのだとか)は1kg以内で500円、網袋がついてくるのですよ。アサリやハマグリと言う貝も採れますが、食用には向かないベタガイが採れる事もあるので気をつけて下さい。クマデは現地でも売られていますが、数量限定ですので忘れずに持参するようにしましょう。料金のかからない2五十台収容可能な駐車場(平面駐車場、立体駐車場など、色々な形態のものがあります)が完備されていますので、何かと荷物が多くなっても安心だと言えるのです
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:Souta
読者になる
2016年06月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/ntidesnirmpemd/index1_0.rdf