アレルギー性接触皮膚炎ってどんなアレルギー?

June 27 [Mon], 2016, 13:32
アレルギーというと、多くの方は卵や牛乳(人によっては、飲むことでお腹を壊してしまうケースもあります)を思い浮かべることだと思います。或は、一番初めに花粉症が思い浮かぶ人も多いかもしれません。以上のように、アレルギーを引き起こす人は、食物アレルギーやアレルギー性鼻炎(あまりにも症状がひどいと、鼻の粘膜の一部がふくらみ、ポリープができることもあるそうです)を引き起こす人がすごく多いです。でも、実は、アレルギーにはアレルゲン(血液検査などで特定できることもありますが、はっきりとはわからない場合も少なくありません)にふれることで引き起こるアレルギー性接触皮膚炎(ひどい場合には、水泡が出来たり、痛みを感じることもあるでしょう)というのもあるものです。その物にふれることで、主には触れた場所の皮膚(年をとるにつれて、トラブルが起こることも多くなります。また、新陳代謝のスピードも低下してしまうものですよね)が赤くはれたり、かぶれてしまい、皮膚炎を起こしてしまったりするアレルギーです。一番よく知られているのは、おそらく「ウルシ」になるのです。または、山いもなども有名だと言えます。現代社会では、毎日の生活の中でいろんな化学合成物質に触れる機会が多いために、そのアレルゲンを特定する事は大変困難かもしれません。主なアレルゲン(花粉症の場合には、スギ花粉が原因となっていることが多いですが、他の花粉で起こる場合もあります)として上げられる事が多いのは、化粧品(試供品などを使ってみて、肌に合うかを確認することが大切でしょう)やシャンプー、金属、樹脂、塗料、ホルムアルデヒド等の化学薬品や植物などですね。化粧品(次から次へと新しい技術、新しい成分が開発されて新商品がでますね)やせっけん、シャンプーなどに敏感に反応してしまう人のことを「過敏肌」などというのですが、過敏肌もアレルギー性接触皮膚炎(複?の物質が原因であることも多く、アレルゲンの特定が難しいことも少なくありません)の一種といったことが出来るはずです。化学薬品や合成成分は、衣類や食品、化粧品(人によって合う合わないの個人差がある商品です。食べ物以上に、誰かがいいといっていたからといって、自分にもいいとは限りません)類以外にも、例えば、自宅の壁や日常的に利用している文具などの日用品などにも用いられているんです。その為に、知らないうちにアレルゲン(花粉症の場合には、スギ花粉が原因となっていることが多いですが、他の花粉で起こる場合もあります)が含まれたものに接触して、アレルギー性接触皮膚炎を引き起してしまう場合もあるらしいです
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:Ryuusei
読者になる
2016年06月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/ntcfmeetreeinc/index1_0.rdf