葉酸の葉酸による葉酸のための「葉酸」

March 21 [Mon], 2016, 10:49
野菜の中でも、多くの葉酸が含まれているものは、小松菜や菜の花ですとか、モロヘイヤといった青菜系の葉菜が多いようです。妊娠が発覚してから、早めにこれらの食材を摂取することによって、胎児の正常な発達に働きかけ、先天異常などを発症するリスクを低減する可能性があると知られています。とはいえ、毎日大量の野菜を食べることが難しいという場合には、納豆やホタテといったもので葉酸を摂取するのを勧めたいものです。今、妊活中なのですが、気をつけなければいけないことがたくさんある事を実感しています。例えば、妊娠前から葉酸を適切に摂取した方が良いと雑誌に掲載されていました。葉酸は、赤ちゃんの障害を発症するリスクを下げてくれる大切な栄養素だそうです。ビタミンBのひとつなので、野菜や果物などにも含まれているようですが、私は普段の生活では野菜をあまり食べていないので、そういう場合はサプリを服用するのが良いそうですから、ちょっと安心しました。安全性が高く、自分に合ったサプリを調べて、妊活を続けていきたいと思っています。妊娠と言えばすぐに葉酸の名前が浮かぶように、この「妊娠」と「葉酸」は切り離して考えることは出来ない程、関係の深いものです。なぜなら、妊娠初期に葉酸が不足すると、胎児の先天的異常の可能性が高まると言われているためなんですよね。当たり前ですが、妊娠を希望する妊活中の方にも言えるでしょう。妊娠が分かってから、急いで葉酸を摂るよりも、母体に十分な栄養が満たされた状態で赤ちゃんを授かるためにも、妊活中を始めた早めの段階で、食事やサプリによる葉酸の積極的な摂取を心掛けてください。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:優芽
読者になる
2016年03月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/nt8udo2eyversn/index1_0.rdf