愛莉の仙田

January 25 [Wed], 2017, 17:28
インプラントの定着には長い時間がかかりますが、それが終わっても、やれやれこれで一段落だ、と気を抜くわけにはいきません。せっかく埋め込んだインプラントを長く維持できるかは、結局、その後の自分自身の努力にかかっています。間違った口内ケアでは歯を良い状態に保てません。正しい方法を歯科で教えてくれるので、必ず守るようにしてください。歯医者さん任せにせず、自宅で手入れするのが大切なのです。また、神経を抜いた歯をインプラントにしているという都合上、口の中で何か異変が起きていても、なかなか気付きづらくなっています。自分で気付きづらい分、定期的に歯医者さんで検診を受けるようにしましょう。
新たな歯科医療の形として期待が持たれるインプラントですが、治療を受けるにあたって、口腔内が腫れて痛んでくるんじゃないかと不安な人もいると思います。その点は、担当医の技量に加え、治療後の口内ケアの良しあしや、その時の体調にもよりますから、必ずしもこうなるとは言えず、人と状況によりけりなのです。担当医の指示通りに痛み止めを服用し、患部を冷やすなどの処置で痛みが引く場合が多いですが、それでも数日にわたって痛みが続いているなどの場合は、直ちに歯科で診てもらってください。
インプラントの技術が確立されてきた現在では、インプラント手術を特に専門とする歯科医もおり、トラブルは減りましたが、とはいえ、残念ながらゼロにはなりません。人工歯根とその上の義歯の接続が不十分で、食べ物を噛む際に義歯がグラつくというケースも稀に報告されています。これは担当歯科医の技量の低さが要因となっています。技術が高く、インプラント手術に慣れている歯科を選ぶといいでしょう。ネットのレビューなども参考になります。
歯を抜いたところにも人工歯を装着できて便利なのがインプラントです。しかし、留意すべき点もあるのです。何かと言うと、インプラント治療を受けられる人は限られているということです。これは重要な事実です。インプラント手術では、まず顎の骨に穴を開けて人工歯根を埋め込む必要があります。ガンで治療を受けている方や、糖尿病、心臓病などの持病をお持ちの方、歯周病などで既に顎の骨が浸食されている方なども、顎の骨を増やす治療が先に必要だったり、そもそもインプラントが不可能だったりする可能性は高いといえます。注意してください。
新たな歯科医療の形として注目されているインプラント。その耐用年数は、普通にしていれば一生物などと言われますが、無論ただ施術すればいいというものではなく、その後のメンテナンスや歯科医の技量にも影響される部分が大きいようです。口内のセルフケアを怠れば、せっかくのインプラントもすぐに劣化してしまいます。口内ケアをおろそかにすると歯槽膿漏などのリスクもあり、こうなるとインプラントを埋め込んでいる顎の骨にも影響しますから、その分、人工歯の寿命が縮められ、場合によってはインプラント治療のやり直しも必要になります。
近年市民権を得てきたインプラント。人工歯の組成には、いくつかタイプがありますが、基本的にはセラミック製です。陶器で人工歯を形成するので、変色や腐食がない利点がありますが、患者さん一人一人に合わせた綺麗な歯を作れるかどうかは、専門スタッフである歯科技工士の技術に左右されます。美的センスに加えて、熟練したスキルを持ち合わせていなければなりません。これには大変な手間と時間がかかりますから、その分、インプラントの人工歯は、歯1本につき10万円以上といった高額の費用になるのです。
インプラントは、人工歯根と義歯をアバットメントで接続するものですが、その部品の接続構造により、何種類かのタイプがあります。人工歯根とアバットメントが一体型で、一回法の施術に用いられるのを1ピースタイプといいます。それ以外に、分離型の2ピースタイプがあり、ほとんどのインプラントは2ピースタイプです。よりメジャーである2ピースタイプは、アバットメントを接続するプラットフォームの形によって、歯根側が凸になっているエクスターナルタイプと、歯根側が凹になっているインターナルタイプに分かれており、それぞれ特性が異なります。
よく耳にするようになったインプラントは、どんな治療かというと、プラント(植える)という言葉のごとく、顎骨に穴を開けて、人工の歯根を埋め込み、義歯を装着するというものです。旧来の入れ歯と比べた場合、自然に食べ物を噛むことができますし、見た目の美しさにも優れています。この治療法には、歯科医は勿論のこと、インプラントのパーツを作る歯科技工士の高レベルの医療技術が物を言うといわれています。それだけ多くの手間や高価な材料が用いられた治療で、勿論それだけ治療費は高額になりますが、効果もまた高いと言えます。
混同されることの多いインプラントと差し歯。何が違うのでしょうか。読んで字の如く、歯の中に人工歯の土台を差し込むのが差し歯です。歯や歯根の一部が残っている場合に、その上に金属の土台を埋め込むものです。当然、歯が全く残っていない状態では、埋め込む所がないので使えません。では、インプラントの場合はどうでしょうか。インプラントは、あごの骨にドリルで穴をあけて、金属製の人工の歯根を埋め込み、アバットメントと呼ばれるパーツで土台と人工歯を接続するものです。歯を丸ごと抜いてしまった場合でも、顎の骨に問題さえなければ利用できるのがインプラントの利点です。
せっかくインプラント治療を行ったのに、それから以前と比べて息のニオイが気になるという話もままあるようです。そうなる理由として、インプラントと隣の歯の間などに歯磨きで磨ききれない食べかすが残っていることもありますし、歯周病と似た病気である、インプラント周囲炎を発症している可能性も考えられます。より深刻な事態を食い止めるためにも、早期に診察してもらうことが大切です。
P R
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:ダイキ
読者になる
2017年01月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる