ゆいで石松

July 10 [Sun], 2016, 0:17
今日はファミリーそろっての夕ごはんではなくひとりひとり帰省間隔がばらばらだったのでお母さんは夕刻前のご飯の予約から終始台所に立っていました。

商売が休日だった我々とお母さんはお家にいたのですが男子と兄が残業で帰省間隔が遅くなると夕刻にリンクがありました。

今日のご飯はフライだったのでお母さんは揚げたてを食べさせたいと思っていたので、

先に我々とお母さんがご飯を食べて2人類分の後片付けをしました。

その後に男子が帰宅して来たのでまたお母さんはクッキングをしなくてはいけませんでした。

食べ終わっても今度は兄が帰宅してくるので我々は電子エリアで温めたらいいのではと言いました。

でもお母さんは製造置きはやっぱ嫌だったのでそれ以上はクッキングができない我々には意志がわからないので言いませんでした。

我々は製造置きだったら間隔差で帰宅しても食器の後片付けだけで担当は楽になるとは思っていたのですが、必ず見つける周辺の発想は美味しく食べてほしい事項なんだと憧れいくぶん勉強になりました。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:Riku
読者になる
2016年07月
« 前の月  |  次の月 »
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
http://yaplog.jp/nsvewyaerihepo/index1_0.rdf