ゆいゆいでクズリ

February 11 [Thu], 2016, 14:54
看護スタッフが別な職場を探すときのポイントは、はじめにどのような労働条件を求めているかをクリアーにしておくのが大切です。ナイトナースはできない、オフはたくさんあるのがいい、敬遠したい仕事、たとえばお亡くなりになるときなど、リクエストには個性があります。今の日本ではナースの手が足りない職場はたくさんありますので、条件のそぐわない勤務先で辛さに耐え続けることはありません。



看護師が転職しようとする理由は、人間関係という人が大変多いです。女の人が多くいる仕事ですし、ストレスが多くあることもあって、人間関係が難しいと感じる人が少なくないでしょう。


一部には、パワハラやいじめが転職を考える発端となる人も少なくありません。
ひどい環境を我慢して働くと、体を悪くしてしまうので、できるだけ早く転職すべきです。看護師の資格を取るには、何通りかのコースがあります。


看護師免許を手にするためには、国家試験を受験しなくてはなりませんが、すぐに受験することは認められません。



試験を受ける資格を手に入れるためには看護専門学校(3年間)か看護系短大(3年間)、または、看護系大学のいずれかで、看護を学ぶことが必要なのです。ナースが仕事を変える時も、要になるのが面接です。
面接者の評価が良くなければ、ナースは人手不足といえど選ばれない可能性があることを忘れてはいけません。



雇用の条件に恵まれているところは志願者数も多く競争率があがりますので、ベストの状態で臨めるよう十分備えて面接官の前に立ちましょう。

爽やかな雰囲気を演出する出で立ちで、イキイキと応対するのがポイントです。


看護師の勤務形態というものは、他の職種と比較するとかなり特殊であり、その上に職場によっても異なってきます。


一般に、2交代制か3交代制のシフトで回している場合が多いでしょう。2交代は大体3割、3交代制は大体7割となっていて、3交代制のシフトの病院が多いでしょう。


ただ、休日が多いのは2交代制ですから、2交代制の方がいいと考える看護師も多いことでしょう。看護師は、16時間などの当直により長時間の勤務となっているので、勤務中の仮眠が取れます。月に8回までと国の指針で定められていますが、限度を超えてしまうことも多いです。

勤めている病院の勤務シフトによっては、とても不規則な生活を送るようになったり、疲れて体調を崩す人が多いのも、長続きしない看護師が多い理由の一部と思われます。

看護スタッフが別な勤務先にエントリーするにあたって、苦慮するのが志願の根拠です。何故、次の勤務場所としてそこを望んでいるのかを好感をもってもらえるように表すのは簡単ではありません。高給料であるとか、休みがちゃんと取れるというのは実際には判断要素になりますが労働条件のメリットを出すよりは、看護専門職としてステップアップしたいから、というような、将来性を連想させる志願内容が比較的合格へ近づきやすくなります。


看護師の勤務しているところといえば、病院だと思うのが一般の考えでしょう。しかしながら、看護師の資格を活かせる職場は、病院だけでなく色々とあります。保健所で、保健師の方と協力して、地域の住民の健康上の色々なケアをするのも看護師の役割です。それから、福祉施設には医師が常駐しているところは多くなく、大概の医療行為を看護師が行います。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:こころ
読者になる
2016年02月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/nsrngutpdsoocu/index1_0.rdf