みーちゃんで伊原

August 09 [Tue], 2016, 0:48
一般的に、介護施設は症状によっていくつかの科に分けられていますが、勤めている科が違えば、介護士の仕事や処置もまた違います。ローテーション研修は自分の部署には無い幅広い看護技術を修得できますし、いち介護士として視野を広くして物事を捉えられるようになり、知識を深められるでしょう。

今後の進路を考える事もできますから、やる気も上がります。

介護士として、毎日激務をこなしているうちに、嫌なことや辛い目にあうことも多くなります。


そうなるとついつい、楽のできる病棟はどこかと真剣に検討し始めても、それはごく自然なことです。ちなみに、それほど激務でもないとされる病棟は、残業や夜勤がないということから、皮膚科、眼科、精神科、整形外科などが挙げられます。ところが、専門性の高さですとか、高度な治療が必要な重症患者さんの受け入れはしているのかによっても、ハードさの度合いは違ってくるはずです。特に、介護士の勤務形態と労働時間について言えることですが、実は意外と調整しやすいようになっています。
それもこれも、シフトがどうなっているかによりますが、有給休暇を時間単位で取る時間休をとることができます。



なので、園児や小学生などの母親をしながらであっても無理のない働き方が可能である、と思えるようです。
子供がいることで、予定外の急用ができたりと休みや早退もありがちなのですが、なんとか対応していける主な理由は、介護士という仕事だからこそ可能、ということは言えそうです。補足としてですが、勤務時間は基本的には8時間となっています。

女性に人気の高い職業の一つ、介護士になるためには、そのための学校、看護専門学校や短大、大学といった機関で勉強し、受験資格を得て、国家試験にパスしないといけないことになっています。

試験は、驚異の合格率90パーセントを誇っており、まじめに勉強していた学生にしてみると、そう難度の高いものではないということです。さて、介護士を養成するための機関といいますと専門学校や短大ですとか、何種類かあるのですが、近頃の傾向として、そういった養成機関より高度で、もっと様々なことを身につけることができる看護の4年制大学に進学する人が、多くなってきているようです。
介護士をするきっかけとして欠かせないものに年収が高いということがあります。初任給で考えても、同じくらいの年の、企業に就職した人たちと比べて、より高い給与を得ていることが分るはずです。

そうはいっても、そんなに高いお給料ももらえるのですから、その分、自分自身も精進に励み、患者さんに返していかなければなりません。
介護士の不足は十分な介護を提供できないという意味では社会問題と言えます。その原因として代表的なものは、厳しい労働環境にあると言えるでしょう。

介護士による医師の補助行為が認められ、介護士にかかる負担が増え、勤務時間も長くなってしまい、簡単に休みをとることが出来ず、疲弊する一方なのです。

勤務形態によっては夜勤が必須になりますから、出産後に介護士を退職する人も珍しくありません。
皆さんは「介護士は給料を多くもらえている」という印象があるかもしれません。
実をいうと純粋に多いというよりも、夜勤の手当てを含めて稼げる金額が多くなっているのが実情です。ですので、介護士としてより多く稼ぎたければ、職場選びの際、日勤だけではなく夜勤の時間帯にも働ける職場を選びましょう。夜勤で勤務できるかどうかで給料の差は大きくなります。


かなりのハードワークとして認識されている仕事ではありますが、介護士の平均寿命が特に短い、といったことはないようです。


けれども、夜勤のある交代制で勤務しますから、なかなか上手く眠れなくて、疲労を回復できなかったり、ストレスでまいってしまったりすることはあるようです。


ところで介護士であるからには、介護にずっと関わり続けて多少の知識も身に付き、他人の状態、容態について医師の判断を予測できたり、自分の心身の健康についても状態を自覚したりできるようになります。
現実は、介護士が出てくるドラマとは程遠いです。普通やることもたくさんあるのですが実は決まった労働時間以外にもしなければならない仕事が多くあるため、残業しなければならなくなることが多いです。けれども、たとえ忙しくて疲れていても、いつだって常に患者さんやご家族の前では笑顔を忘れません。少し前まで愚痴を言っていたような人が打って変わって笑顔になるのです。



介護士はさながら女優だなと感じます。
介護士は、患者と関わらねばならないため、不潔な印象にならないよう、髪形にも注意しておきましょう。

いち介護士として、介護施設内で自己主張が過ぎないように留意しながらも、まずは清潔感を重視した髪形にすることが大事です。

また、介護施設によっては、比較的、自由なヘアスタイルが認められている場所もあることを覚えておいた方が良いと思います。

同じ介護施設に長く勤務していると出世していきます。



婦長といえば一般的にも分かりやすい役職だと思います。


しかし、また別に主任などの役職があるのです。



最近はパートの介護士や看護学生が介護施設で勤めているケースも増加しているため、正介護士も階級の面から言えば、上の役職になるわけですね。

もちろん、役付きになればそれだけ給与が優遇されることは間違いありません。

あまり一般的ではないかもしれませんが、介護士が働く現場として保育園がある事をご存知ですか?保育園に勤めるということで、子供好きの介護士には、理想的な職場だと思います。保育園での具体的な仕事の内容は、介護施設とは異なり園児たちの体調や怪我にすぐに対応できるようにしながら、子どもたちの園生活が健康的で充実したものになるようにサポートする大切なものです。
介護士というものは特殊な仕事と認識されることが多いですが、やっぱり、雇用者から労働者の権利を守る団体が存在しないと状況によっては、適切でない雇用条件のもとで働くことになり、それが患者にとってもマイナスになる可能性だってあります。ストライキを起こすことも介護士は難しいので、雇う側の立場の人間が、考慮することが大事だというのは当然の事実です。休みが不規則なイメージのある介護士ですが、職場次第で土日祝日の休みをとることもできます。病棟勤務のままだとそれは難しいですが、外来勤務に変えてしまえば、土日を休みにできるでしょう。



まったく予想外の呼び出しによる出勤や、土日の休日診療に当番として出ることはありますが、それでも、土日はかなり休める印象です。
また、個人経営のクリニックで、入院施設がないようなところであれば、そういったところは高い確率で土日は休めるようになっているでしょう。
国際化する社会においては、海外で助けが必要な人たちに、介護従事者として手助けしたいと考えている介護士の方もいると思います。

実際に、日本の介護士は海外からの需要が高く、介護士は常に求められているのです。
当たり前の事ですが、海外では患者との円滑なコミュニケーションのために医学的な英会話ができる事が最低条件になります。本気で介護士として海外で働くことを夢見るのならば、しっかりと英語を学ぶ事をお勧めします。


介護士を志したのは中学の時の職場体験で、介護施設に訪問したのですが、その時そこで働いていた介護士さんに感銘を受けたのが事の始まりでした。将来は、こんな風に働きたいというように思い続けてそこから看護学校へ進み、介護士になることが出来ました。



確かにつらいこともあります。
しかし、おおむね満足した日々を過ごしています。

介護施設の統廃合続きにより、注目されているのが、医師や介護士が不足しているという問題です。日勤だけでなく夜勤でも働いて、不規則な毎日を送りながら時には急患にも対応しなければならず、多数の介護士はとても大変な思いをしているという現実があります。少しずつ介護士を志す男性も増えてきてはいますが、今のところはまだ女性の仕事という状態なので、ストレスにやられてしまったり、自分のタイミングでトイレにいけないため、便秘を患っている介護士も多くいるということは理解できる話です。今流行の「街コン」では、たくさんの出会いがありますが介護士の中でこちらに参加をする人というのは多くいます。
同僚の大多数が女性、ということも多く、男性と出会う機会が少なく、結婚したいと思っている介護士をはじめとして、街コンへの参加は珍しくありません。「介護士」というと、街コンにおいても、もてはやされる仕事です。
ですが、たとえカップルが成立しても仕事が規則的でないということが原因で、上手くいくケースばかりではないのが現実です。
一般的に、介護士として勤務する人は女性が大部分を占めているため、結婚や出産を機に仕事を一度やめる人もたくさんおり、その結果、離職率が高い割合を示しています。
それにプラスして、働く時間帯がイレギュラーであることや、キツい仕事だということも原因となり、離婚してしまう人も多いと言われています。

収入面で夫に頼らずとも子供を育てられるという点も離婚へつながる一因とも考えられます。介護士がかぶっている、いわゆるナースキャップ。あれは介護士を目指す学生が意識を高めるための式の一場面でつけられる帽子です。よく料理人が帽子を被っていますが、それ以上に意味を持つものといえるかもしれません。ですが、ここ最近においては徐々に介護士の制服も変わってきているのが現状で、帽子が特別な意味を持たなくなってくるのも時間の問題でしょう。髪の毛が落ちないようにするためのものという、これまでのような深い意味を持った存在ではなくなってしまうのはなんだか残念だなという思いがぬぐいきれないのですが、それも移ろいゆく世の中、仕方がないことなのでしょう。一口に介護士といっても、その職場は多種多様で、町医者から総合介護施設まで、それぞれに違いがあります。あるいは、介護施設や保育園などに常駐する介護士もいます。
それぞれの会社で給料が変わるものですが、その点は介護士にも同じことが言えます。
地域の診療所と総合介護施設とでは、やはり収入は違ったものになるでしょう。ですので、介護士として働く人の平均年収がいくらだと言うのも、難しいものだと思います。少子高齢化が進み、ケガや病気のリスクが高い高齢者の増加によって、介護機関を利用する人も増え、介護士の仕事も大変になるばかりです。

お世辞にも良いとは言えない労働環境で、無理をして夜勤を続け過ぎたあまりに、過労死に至った介護士もいました。


では夜勤をはやめて日勤中心の仕事に変わったとしても、訪問介護で自宅療養中の患者をみることになったり、そして、そういったところでも高齢者増加の影響は大きく、さらに介護士の需要は高まっており、介護士にかかる心身の負担は大きいです。介護機関で正職員として働き、病棟勤務についていれば12時間交代の2交代制、8時間交代の3交代制によって誰もが夜勤を経験します。



夜勤においては職員が大きく減ってしまい、それなのに、夜半に腹痛、頭痛、眠れない、等々で入院患者からナースコールがあったりと、通常の業務外に、対応するべき案件がとても増えます。もちろん通常業務もおろそかにできませんから、結果として夜勤の作業量は、おおむね日勤よりも多くなるのが普通です。介護士の中でも国家試験をパスした正介護士になるには、専門学校や大学で看護を学び、しっかりと単位を取って卒業するのが必要不可欠になります。それが試験の受験資格でもあります。


しかし、そもそも看護の専門学校に入学するにも苦労があります。
定員が少なく倍率が高いため、看護学校の受験合格を目指した予備校に通う人も増えています。

准介護士に限らず、働きながら正介護士の資格を取ろうとする場合は、通信過程で学べる学校が幾つかありますから、検討してみるのも良いでしょう。

介護士が転職を考え始めるきっかけやその理由はいろいろで、転職希望者は意外と大勢いるようです。たいていの介護機関では、介護士の需要が大変高く、結果として、求人が大変多いわけです。
今いる職場において、そこでのどう考えても給料が労働に見合わなかったり、手当もろくに出ないのに残業がやたらと多いなど、人により、転職しようと思うようになった理由はいろいろあります。もっと良い職場環境を期待したり、今より良い待遇を求めての転職である場合、給料や労働条件の確認も大事ですが、それだけではなく、そこでどういった噂がたっているか、評判はどうなのか、なども確認できると良いです。
介護士が介護施設で働く際、病棟勤務か外来勤務、片方を選択することになるわけですが、子育て中なら外来勤務がおすすめです。日勤のみ、という大きな利点があるので、子供を預けて働きやすくなります。

また、病棟勤務と違い、夜勤がないのはもとより、大体は土日祝日が休めるという点が嬉しいところです。忙しさの度合いについては、介護施設によっても違いますが、混みやすい小児科や、人気のある医師のいる診療科だと多くの患者で待合室がいっぱいになり、かなり忙しいことになり、その上待たされた患者からのクレームも増えます。
身につけたいスキルについてもどの診療科で働いているか、どういう介護施設かによって大きく違ってくるはずです。一度は辞めた職場にもう一度戻って働く、出戻りの介護士は意外と多いです。その際ですが、職場復帰が可能かどうかについては、辞めた状況により変わってきます。例を挙げるなら、結婚や転居、あるいはまた、出産、育児を理由とした辞職であった際は、元の職場に出戻ってくるのも簡単です。

こうして、ライフステージの変化に伴って復職する人は割と多いのです。様々な事情により夜勤はできないとして、昼間だけのパート介護士として復職を果たす、という人も増えてきています。
法律において、介護士というものは医師の診療を補助する役割と定められています。
介護行為を行うことは、原則として認められていませんが、医師の指導管理下だったら、処置可能なものもあるのです。しかしながら、急変時や、一刻一秒を争うような事態になった時には、キャリアのある介護士には一部の介護行為を認めるべきだと思っています。
いつも忙しく、様々な業務に携わる介護士という職業ですが、もはや介護士なしの介護施設などあり得ませんし、大変やりがいがある、と考えている人は多いです。

入院患者のいる介護施設ではもちろん24時間稼働しますし、介護士も24時間、とぎれなく勤務します。
そういう訳で、日勤、夜勤という形で業務時間を分け、シフトを組んで交代でこなしていきます。こういった勤務形態ですから、上手に生活のメリハリをつけないと充分な睡眠すらとれず、疲れやすくなる等、良くない影響が出てくるでしょう。そもそも介護士といえば専門職であり、活かせる技能は多岐に渡ります。
そして、介護現場をはじめ、いろいろなところで常に必要とされています。ですから、再就職を考えたとしてもすぐに叶うでしょうし、そういった際に少々念を入れて就職活動をしてみると、自分にとって、かなり条件が合う職場にであうことも可能でしょう。



ネット環境があれば、簡単にアクセスできる専門的に介護士の求人などを支援するサイトもかなりの数があるのです。
なので、活用しつつ、最適の仕事先を見つけてください。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:アユム
読者になる
2016年08月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/nsorlii4eamef6/index1_0.rdf