クサギカメムシがバン

September 01 [Thu], 2016, 11:09
インプラントは歯根部がチタン製であることが多く、金属の中では、骨との親和性が高い方でアレルギーの発症例も少なくなっています。インプラント治療が可能かどうか、頭部CTの他、レントゲン、口腔内検査など一通りの検査を行い、治療適用が妥当となったところで治療に取りかかるため安心して治療を受けることができます。そして、治療終了後のメンテナンスを積極的に患者が歯科医と連携しながら行っていけば長い間、問題なく使うことが可能になります。
他の歯科治療同様、インプラント治療で大事なのは自分にとって一番良い治療をしてくれる歯科医を見つけることです。この治療独自の技術を身につけた歯科医であるかは当然として、手術に至るまでの検査や治療、術後のアフターケアなどの点で全て歯科医の腕に任されているので決定的な違いが出てくると考えられます。この治療は、歯科医の技量による治療の成否が出やすい治療法だと言えます。手に入る限りのデータを集めて、歯科医を決めることがインプラントを快適に使えるかを決めるのです。
一般的な規模の歯科医院で、外来診療を受けたごく一般的なインプラント治療でも、どうしても院内感染のリスクは伴います。このため、歯科医院を探すときに感染症対策はどうなっているか調べた上で決めることが重要事項の一つになります。感染症対策について、具体的な取り組みをホームページ上で公開している歯科医院もごく普通になっているので、まずはそこを見てください。
一口にインプラント治療といっても、3つのハードルを越えなければなりません。一番に歯茎の切開、あごの骨へ人工歯根を埋入、人工歯根があごの骨、及び周辺組織と結びつき、固まるのを待って、三番目として、歯根にアタッチメント(連結部分)をはめ込み、その上から義歯をかぶせて完成というのが大まかなプロセスです。人工物を骨に埋め込むのですから、組織が歯根の周りにできて骨に定着するまでには時間がかかり、あごの骨の状態や、その人の体質にもよりますが、最短で2ヶ月、最長で6ヶ月はかかると思ってください。このため、インプラント治療を始めてから義歯を使えるようになるまで、全部で3ヶ月から10ヶ月かかることを覚悟しましょう。
高額なインプラントは、一体何年くらいもつのかというと、現状では確実な説はありません。きちんとメンテナンスを行った場合は自前の歯と同じレベルの耐久性を保てるというケースが増えています。とすれば、普段のメンテナンス次第で長期間の使用も問題ありませんが、日頃のケアが行き届かないと維持できなくなる異常も起こりうると思ってください。
全てのインプラント患者にとって、治療費が気になるのは当然です。実際のところ、費用の総額は地域や、歯科医によって差があると考えるべきです。なぜなら、インプラントは保険適用外がほとんどで、費用を自由に決められるのが建前です。それでも、相場はあると言えます。インプラント一本の場合、安くて30万円ほど、高ければ50万円ほどが相場だと押さえておきましょう。
これはインプラント治療の大きなメリットですが、仮歯を入れた後、義歯だとわかることはまずないと考えてください。歯茎から生えているので、見た目も自分の歯に近く自然な印象を与えるので他の人に自分から言う必要もないのでこれは義歯だと思われることも考えなくて良いのです。自分の歯と変わらない見た目を選ぶ方には最適な治療と言えます。
これはインプラント治療が最適、とされるのは失った歯だけの治療で済ませたいと、患者が考えている場合です。ブリッジ治療を例に取ると、両隣の歯は義歯の支えになるので、一周削ることになります。これに対しインプラント治療は、失った歯に見合った人工歯根を骨に埋めていくため、失った歯のみに働きかける治療と言えます。他の歯に影響を与えずに、失った歯を再生したいという事情のケースなら、やはりインプラント適用が一番でしょう。
他の歯科治療と、インプラント治療が大きく異なるのは治療に失敗した場合、再度同じ治療を行えなくなる点です。入れ歯、ブリッジ、クラウンなどの義歯と異なりあごの骨にインプラントを定着させるので何らかの理由でインプラントと骨がなじまず、骨とインプラントがしっかり結びつかなければ、同じ穴に再びインプラントを埋入することができず、再手術して、いったん削ったところをさらに深く掘ることになるのです。そして、インプラントの埋入にはあごの骨を削るので、周辺の神経を損傷する危険性もあります。
人工物であるインプラントが虫歯になることはありませんが治療後はほっておいていいと考えてはいけません。義歯やアタッチメントの損傷は寿命を縮めますし、歯茎と歯根の間に細菌感染が起これば当然、歯肉炎や歯周病は起こり得ます。自分の歯に対する手入れと同じで良いので歯科医、衛生士に言われたことをしっかり守ってセルフケアは欠かさないようにしましょう。そして、歯科医に指示された間隔で専門的なメンテナンスを受けてください。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:Yuuka
読者になる
2016年09月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる