発端 

July 10 [Mon], 2006, 11:40
 先に書いておかなければならない事がある。私は国で人を括らない。思想で人を括る。


 私がこのブログをつくる原因になったのが北朝鮮のミサイル発射である。

 私がこのニュースを聞いたときはカッと頭に血が昇って「戦争だ!」と思った。露骨に挑発・恫喝されたのだから、戦わない理由は無いと。しかし未だに嫌戦、むしろ非戦を主張する人たちがいる。それを聞いて私はまたカッと頭に血が昇って「非国民だ!」と思ったわけだ。なにが外交的解決だ、あんな気持ちの悪い国潰してしまえばいいじゃないかと。ついでに右隣と左隣も気持ち悪いから消えてしまえと。


 まぁ両隣は置いといて、よくよく考えると北朝鮮を潰しても何のメリットも無いことに私は気付いた。一見、日本を敵視する国が一つ減るという風だが、北朝鮮が潰れてそこが韓国領になろうが中国領になろうが、敵の数は減らないのだ。(まさか、北朝鮮を日米同盟が潰したら日米どちらかの領地になると思っている人はいないだろう)

 しかも北朝鮮を日米同盟が潰したとなると、朝鮮思想や中華帝国思想の蛮民は卑しくも日米を批判してくるだろう。思想強化の発端になりうるのである。それよりも酷ければ軍事行動の発端にすらなりうる。常に斜め上なので日本人が想像すらできないことをやってのけるかもしれない。ややこしいのがEUと露。日米の友でない国は多い。

 日米同盟対北朝鮮なら戦争には絶対に勝てる。それが間違いないから戦争をしてしまえばいいという考えに繋がる。しかし戦争の影響力は大きい。一つの戦争によって次が予想しづらくなる。一つの戦争でバランスは一気に崩れる。世界の絶対的リーダーだったアメリカの権威を墜落させたのも戦争だった。


 こうやって考えると戦争はしない方が良いという人の意見も解るような気がしてきた。…と、ここまで書いて、なぜ戦争論になってるのか説明していないことに気付いたw

 もうニュースでご存知の方も多いと思うが、現在の憲法・法律で自衛隊を使って敵ミサイル基地を破壊できないか、という話が流れているのである。私からすればミサイル基地破壊は戦争行為で、この発言は、北朝鮮へ対する日本の軍事的恫喝だと思う。この発言自体は大賞賛する。


 とりあえず、国連で北朝鮮への経済制裁発動へ向けて必死で頑張っている人が居る。是非とも成し遂げて頂きたい。

前書き 

July 10 [Mon], 2006, 11:08
日本を取り巻く情勢、日本国内での事件など、一言二言記さないと気が済まないようなニュースが多い。

いままでそういうことはしなかったがもう我慢の限界だ。ここは私の不満の捌け口に使おうと思う。
楽しいことはMixiに書いているのでここには一切書くことは無いだろう。


これからこのブログの注意を書いていく。是非読んで頂きたい。


まず、中の人は賢くないのをご留意頂きたい。馬鹿な人はこんなことを考えながら生きているのか、という参考にして頂ければと思う。
文章も稚拙だと思う。ただ、読みやすくなるように精一杯頑張ります。
そして、くどい。くどくど、どうでも良いことを書くクセがあるが、これがエッセンスなので我慢して欲しい。
さらに、今もそうだが怒りに任せて書くことが多いはずだ。
ますます文章になっていないかもしれないが、それが私の憤りの具合を示しているのでそこも楽しんで頂ければ良いと思う。

このブログの記事は全て私の主観によって書かれ、参考記事も自分の都合のいいものしか拾ってこない。
それなのに客観論のように語って物事を批判することがあるかもしれない。
これは私が大嫌いなことで、そういうことが起こらないように全力を尽くすが、悪癖として持っているので鋭く指摘して欲しい。
ただ、客観性が無いという指摘は勘弁して欲しい。客観的見地に立てるほど賢くないからだ。
あくまで、「お前の主観のクセに客観論のように語るな」という指摘にして頂きたい。


読んで思うことがあればなんでもコメントをつけて欲しい。批判大いに結構。自己主張、意見大歓迎。
ただし、コメントにコメントはつけないよう気をつけて頂きたい。それが原因で潰れたサイトはごまんとある。
あくまで記事にコメントを。コメントは記事で返す。

最後に、管理についてはヤプログが全権を持っていて、次に私がいる。そして皆様に管理権は無い。これは絶対に留意して欲しい。
2006年07月
« 前の月  |  次の月 »
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
最新記事
最新コメント
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:nsnsa
読者になる
Yapme!一覧
読者になる