鮫島巧だけど桜天女

March 29 [Wed], 2017, 14:21
株の始めて間もない人が株式投資をする狙い目は、ほとんどの人の株式投資への関心を失い、株式市場が静まっている時期なのです。

このような時期では、どの銘柄もありえないくらい値が下がっていて株価が放置状態になっているので、優良銘柄の購入には絶好の時期だと感じるからです。



私は近頃、株取引を開始したばかりのビギナーです。株を買い、適度に儲かったら、早々と売るべきなのか、逆に、長期保有した方が利得になるのかが理解できず、今もって悩んでいます。


長期間、所持していたら、優待も得られますし、苦悩するところです。私は、とある株式会社が株主に与える優待制度が利用したいがために株式取引を開始したビギナーです。ついに最近、株式を買ったり、売却したりするのが楽しくなってきました。株主優待制度も多種多様で、その会社のサービスが利用できたり、買い物では割引価格で購入できるので、どの銘柄に投資しようか悩んでしまいます。株式投資を行う場合には、単元の株ではなく、ミニ株に投資する手段もあります。


単元株では投資金額が高額すぎて購入できない株式を手に入れたい時には、ミニ株でぽつぽつと入手することによって、いっぺんに大金を用意しなくても手に入れたい銘柄を購入できます。
投資の初心者が株式投資をスタートしたいと思いついたときは、なるべくリスクが少ない資産運用の方法を検討する必要があります。
いきなり個別株を取引するよりも、初めのうちはファンドなどから運用を開始してみるのがよいかもしれません。
また、少しコツをつかんできてから実際に株式投資をスタートするとよいでしょう。株投資をしている会社員は職場で働いている時は相場を確認することはできないので、通常はデイトレードのようなことはできないものです。なので、多くのサラリーマン投資家の人たちは決算書というものを読み込んで、割安の株を探し出し、投資しているらしいです。



株をやるのが初めての方が、決算書を読みたいと思っても、書かれている内容がまったく理解できないかもしれません。実は、心配する必要はありません。
株式投資では、短い間の売買に集中すれば決算書を理解しなくても利益を出すことができるからです。

株式の取引をしたことがない人にとっては理解が難しいことだらけと認識されているのではないでしょうか。
どのような証券会社を使って投資を始めればいいのかなど、尻込みしてしまうことが多いです。誰しもが儲けたいと考えて株式の売買を始めるわけですが、すべての取引で利益を出せる人はほとんどいないでしょう。
株式投資について書かれた書籍を何冊も読んで勉強した上で、株式取引のビギナーが投資をする場合、スイングトレードと呼ばれる投資法を導入する人も多いことでしょう。スイングトレードはうまく取引できれば、たくさんの利益を上げられるので、とても人気がある株式の投資方法です。

言うまでもないことですが、いつでも儲かるわけではありませんから、うまくいかない場合もあります。



株の空売りを実際にしている株式投資の初心者は少ないのが現実です。

気持ちはわかりますが、株式投資を資産運用のひとつとして長期間続けていこうと考えているのなら、身につけておきたい技術だと思います。

その理由は、空売りを知るということは購入するほうの気持ちだけでなく、売る側の気持ちについても考えるようになり、取引の幅が広がっていくためです。
P R
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:Riku
読者になる
2017年03月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる