中国のモバイルWAPインターネット

June 09 [Sun], 2013, 21:12
 CNNICはインターネット成長の経験からみると、中国 モバイル インターネットは高度成長の臨界点に到達し、ネットインフラ設備が完備され、3Gとモバイルアドレス・サーチ技術が成熟することによりモバイルインターネットが高度成長期を迎えることになると示した。中国インターネット情報センター(CNNIC)は中国モバイルインターネット(WAP)領域の成長報告を初めて発表した。2007年3月末まで中国WAPのアクティブユーザー数は約3,900万で、独立ドメインのWAPサイトは約6.5万個あり、WAPページは約2.6億にも昇り、モバイルインターネット産業は既にある程度の規模になったと同報告が示した。CNNICは3G時代が近づくにつれ、如何に豊富なコンテンツを提供するか、そして如何にモバイルインターネットをより多くのユーザーに利用してもらえるかは、アクセススピードと利用料金よりも、モバイルインターネットの成長のポイントとなるだろうと予測している。
 WAPのユーザー数とサイトの数はそれぞれ伝統的なインターネットの28.5%と7.7%である。しかし、モバイルインターネットに対する利用方法はまだ複雑だと指摘されている。多くのユーザーが携帯に出荷時にセットされたウェブサイト(チャイナモバイル・オフィシャル携帯ポータルサイト「移動夢網」が43.9%を占め、携帯メーカー・ウェブサイトが21.2%を占める)にアクセスするしかないという結果に繋がる。したがって、携帯でインターネットにアクセルする需要がマーケットとして非常大きいということも分かった。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:fghjfs
読者になる
2013年06月
« 前の月  |  次の月 »
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/nsftguf/index1_0.rdf