食事に合わせたワイン

August 26 [Mon], 2013, 11:45
イタリア食について


"食事に合わせたワインは、お食事の時間を一層盛り上げてくれます。どのワインにしているか迷ったら、ソムリエに意見を聞くしてみませんか。作法を守って、楽しくおいしくお食事を楽しんでみませんか。

グラスのまっとうな持ち方

ワイングラスは右手で脚のゾーンを持ちます。カップのゾーンに手が触れると、ワインが温まってしまいますので気をつけませんか。

テイスティングとは?

ワインが運ばれてきたら、味や香りを発見していきましょう。風味が注意深く生きていますかを注意しませんか。テイスティングとは、保存における劣化や変クオリティを調べるためのものですね。好き嫌いに合うか合わないかでは有りませんので、間違えないようにしませんか。

テイスティングは断ってもかまいないでしょう。

テイスティングのテクニック

1.ラベルを発見

ソムリエがボトルのラベルを見せるので、頼んだものであるかを発見していきましょう。大丈夫であれば「お願いします」と言い、ワインを開けてもらいる。

2.色合いを見る

グラスに少ボリュームを注いでくれるので、グラスを持って斜めに傾け、色合いや透明感を見ます。

3.香りをかぐ

グラスに鼻を近づけて、香りをかいだら、いったんグラスをテーブルにおくる。2~3回リラックス回してワインに雰囲気を含ませたら、再び香りを発見していきましょう。

4.一口味わう

一口飲んで味を確認します。商品クオリティにトラブルがないと、「なかなかと言えます」とソムリエに伝えます。

注いでもらうとき

グラスを持ったり、手を添えるというようなことはしないでしょう。軽い会釈で受けませんか。

お代りを断るとき

グラスの上に手をかざすか、指2本をグラスのふちにかけます。飲み物が飲めない人もこうしたしぐさで断ります。"
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:ろう
読者になる
2013年08月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/ns623ew5/index1_0.rdf