澤田で高橋ひろ

July 09 [Sat], 2016, 13:16
介護士の仕事は給料面においては他職種より恵まれていることがほとんどでしょう。そういったことが起因しているかは定かではありませんが、洋服に気合いが入った人が少なくありません。


なのですが、多忙を極める仕事です。



介護施設によって違いますが、ほとんど休みのないこともあり、「お金を使うような時間が確保できないから、貯まっていってしょうがない」と聞くことがあります。
収入面も重要ですが、休みとのバランスのとれたところで働くのが最も理想的であろうと感じます。働く介護士にとって頭が痛い問題といえば、職場での人間関係の難しさや夜勤で体調を崩すといった問題があります。介護士の中には女性が多く、複雑な人間関係がつくられているところも少なくありません。勤務時間が不規則で、夜勤を避けられないのも健康上好ましくありません。
あまりにも問題の多い職場ならば、心機一転で転職し、環境の整った職場へ移るのもアリだと思います。


私が介護士になった理由は中学での職業体験でのことでした。

体験先の介護施設の介護士の方に衝撃を受けたからです。



将来、仕事を選ぶとき、ああいう風になりたいと感じたのが始まりで看護学校に入学することを決め、今は介護士として働いています。
確かにつらいこともあります。しかし、充実した日々を過ごしています。少し前までは、一般常識として、介護士イコール女性の職業でしたが、近年では男性が介護士として働くケースも珍しくなくなってきました。実際の看護の現場では、患者を移動させる時やお風呂に入るのを手助けしたり、体力勝負の仕事があるため、男性介護士の存在は有難がられることも多いです。
給料は女性と差はありませんが、産休や育休のため、やむを得ず職を離れなければならないということがないのでより多くの経験を積むことが出来ます。特に90年代の終わり頃でしょうか、労働環境のあまり良くないきつめの肉体労働、という風に介護士という仕事はイメージされていたようなのですが、現在ではもうすっかり、介護士が労働の対価に見合う高給を得られるといった事実について、急激に周知されてきているようです。その給料についてわかりやすい例を挙げると、家庭でただ一人の働き手であったとしても問題なく、家族が食べていけるようにできる程です。

今更言わずと知れたことではありますが、給料の高い専門職だということです。
介護士といえば、仕事のハードさがよく知られていますが、介護士の平均寿命が特に短い、といったことはないようです。

ですが、交代制で夜勤があるなどで不規則な生活で、なかなか上手く眠れなくて、疲労を回復できなかったり、しこたまストレスを溜めこんだりしてしまいます。

そんな仕事ですが、ずっと介護士をしていると、自然にそれなりの知識もついてきますから、患者の身体の状態が、ある程度わかることもでてきますし、自分の心身の健康についてもかなり深く理解できるようになるでしょう。

一口に介護士の仕事と言っても、病棟勤務か外来勤務かですることが全く違います。
そうなると、介護士生活を病棟勤務でスタートしたとするなら、転職して別の介護施設で働くことにしても、勝手知ったる病棟勤務に就くことになりそうです。
それから、採血が上手くできるなど、採用時に雇用側に言っておくと、得意なことを最も活かすことができる職場配置となるはずです。
また、夜勤が性に合うので希望する、等と伝えれば、まず間違いなく、病棟で働くことになります。

大体において、業務の中身に見合った給料が支払われることになるでしょうから、とにかく希望することなどがあれば、言っておくべきです。実は同じ介護士でも格差があるのはご存じでしょうか。たとえば正社員として働く介護士は月給制です。でも、週に何日か働くパートですと、給料は時給計算になります。
時給がどのくらいなのかというと日勤の場合でおおむね1300円以上1800円くらいまでが普通のようです。


パートの仕事の割にはなかなかの数字なのでしょうが、介護機関で働く専門職ですし、心身両方に負担のかかるハードワークを思えば、つくづく安い値段ではないでしょうか。

意外かもしれませんが、今とは別の仕事場で働くことを望んでいる介護士は、割合に数が多いです。慢性的に介護士の数が足りない、とする介護機関は多く、需要は高まる一方で、そういう訳ですから、求人数は安定して多めです。
例えば今現在、勤め先で希望の配属先につけず、辛い思いをしているとか、例えば残業が多すぎるといったように、労働環境が劣悪であるなど、職場を変えたい、と思うようになった理由は様々であるようです。

そして、今より良い環境を求めて転職したいのでしたら、給料や労働条件の確認も大事ですが、それだけではなく、どういった評判があるか、ということも知っておきたいですね。人間関係について言えば、介護士の世界は最悪に近いなんてことを、聞いたり実感したりすることがあるかもしれませんが、これは、職場の大半の人材を女性が占めている、ということからきていると推測されます。なにしろ、女性はすぐにグループを作ってあれこれと他人の噂話などを楽しむことがよくあり、女性ワーカーの多い職場だと、何か独特の雰囲気が漂います。職場がそんな人間関係ばかりだとやはり良い感情を保ち辛いかもしれないのですが、女性ばかりという環境ではそうなってしまい易い、ということを達観しておくのが良いでしょう。
改めて言うまでもなく、介護関係の代表職である医師と介護士ですが、この二者間の決定的な違いといえばなんだと思いますか。

大きく言うと、医師とは、病気にかかった人の診察や治療、予防するためにはどうしたらいいか忠告したりそのために必要な薬の処方を行うといったことが仕事です。
そして介護士については、医師に指示されたときに、診療時に医師の補助を行って、介護面はもちろん、精神面でも患者さんをサポートしていく仕事です。



「介護士」という仕事は、一般的には安定した収入が入るものと考えられていてローンの際も、どちらかと言うと審査にも通りやすいことが多いです。ただ、非常勤勤務である場合等、非正規雇用の場合の介護士だと注意する必要も出てくるでしょう。

ローンを組む際に、スムーズに行くことが多いのは派遣などではなく、正社員として勤めている介護士のように、安定している場合なので、たとえ介護士でも、非常勤で働いている方の場合は簡単にはローンが組めないということが起こり得ます。

なぜ介護士をやるのかといわれたときに、とても現実的な理由として一般的に給料が高いという点が挙げられます。

卒後間もない介護士の場合も、大体同じくらいの世代の、普通の会社に就職した人たちの相場と比べた時にもより高い給与を得ていることが分るはずです。
ただし、このようにして高収入を得ているのですから、それだけよく勉強して患者さんに貢献していかなければなりません。
主な介護士長の仕事と言えば、各病棟をとりまとめるほかに、看護部長をサポートしたり、介護士の指導教育といったもので、一般企業においては課長の役職相応でしょう。



普通に課長職といっても、その年収が勤める企業の規模で全く違ってくるように、勤めている介護施設の大きさが、看護婦の収入に違いを生んでいます。または、公立と民間、地域によっても差があって、例えば、公立介護施設の場合、750万円位だと見られています。

介護士試験合格に向けて学ぶ場所として大学あるいは専門学校があり、介護士を目指す場合、どちらかに入ることとなります。それでは、大学はどんな特徴があるのでしょうか。

高度に専門化された分野についての学習が可能なこと、専門的な内容のみならず、一般教養についても学べるということです。他方、専門学校に関しては、カリキュラム的に、実習の割合が多く、実践的であり、実際働くことになった時、即戦力として力になれることが特色でしょう。加えて、学費の面についても専門学校の方は大学の十分の一くらいで済みます。出戻り、つまり一度職場をやめてからまた同じ職場に戻ってくることですが、介護士のこれは多いです。


その際ですが、戻ってこられるかどうかは当の職場の求人事情や辞めた理由などにより、違ってくるでしょう。



例として、結婚や引っ越しで辞職したり、他には出産や育児をするために辞めた、などであるなら、心理的にも、職場にとっても出戻りは簡単でしょう。

こういった事例は増加しています。諸々の事情により正職員を避け、パートタイマーとして働くために出戻り就職をした、というケースもよくあります。
介護施設で病棟勤務に就いている介護士なら2交代制や、あるいは3交代制の形で夜勤勤務に従事することになるはずです。

なくてはならない夜勤業務ですが、医師と介護士も含め、人員がだいぶいなくなり、そんな状態で夜間に患者さんから腹痛など、体調の悪さを告げられたりなど、通常の業務外に、対応するべき案件がとても増えます。当然、通常業務もこなしますから、トータルの作業量としては、日勤よりも多くなる場合がほとんどです。
介護施設には多くの科が設置されていますが、勤めている科が違えば、介護士の仕事や処置の方法が変わってくるのです。

介護士のローテーション研修は、配属部署以外を回るのですが、自分の部署には無い幅広い看護技術を修得できますし、多くの意見を参考にしながらさまざまな知識を身に付けることが出来ると思います。
今後どうなりたいかという希望を見付けることになりますし、介護士としてのやる気も上げられると言われています。
どこの介護機関でも介護士は不足していることが多いため、介護士の転職は比較的かんたんです。
希望の転職先に履歴書を送って、書類選考をパスしたら、次の段階、すなわち面接に進むことができます。


この面接において、自分がこれまで勤めてきた職場における経験や持っている技能について質疑応答を織り交ぜつつ、話すことになるでしょう。しかし、実務的なことの他に、仕事仲間として適格な人材かどうか、人間性もテストされていると思ってください。実務能力はもちろんですが、協調性が高いなどといった長所も相手側に知ってもらうことも大事なことなのです。不安を抱えた患者が安心して治療を受けられるよう、介護士は服装や髪形など、外見を整えておく事を忘れてはいけません。



中でも、女性の介護士はけばけばしいような派手なメイクは厳禁ですから、印象の良いナチュラルメイクにするのが相応しいと思います。



すっぴんとは異なり、親しみやすくきちんとしたイメージになるので、印象がまた違ったものになるでしょう。昔から介護士さんになるのが夢でした。

ですが、事情があって就職を選んで結局OLになりました。



ですが、介護士の夢を諦めきれませんでした。


資格を持たなくても就ける看護の仕事に転職することも出来たのですが、どうせなら、しっかりと資格を取って働きたいと思っていたら、看護助手として勤務しながら介護士の資格が取れる方法があると分かりました。
介護士の夢をかなえる道が見つかって、とてもうれしいです。健康上の問題を抱えやすい高齢者人口が増加するに伴い、ここ数年でどんどん介護機関を利用する人口が増加しています。
なので、介護施設で勤務する介護士についても大勢が働いているべきなのに、介護士が足りなくて困っている、という介護施設はたいへん多いのです。



しかし、人材が不足している、ということはつまり、人材を求める介護施設がそれだけたくさんあるということでもあって、介護士にとっては、転職がやりやすいといった大きなメリットもあります。



学校は看護学校を卒業しました。
そして介護施設勤めが始まったのですが、いろいろとあって辞めることになりました。
辞める時には、介護士は向いていないのではないか、辞めた方がいいのかも、とぐずぐず悩んでしまいました。



けれど、悩み抜いて出した結論が、やはり介護士は続けたい、というもので、別の介護施設で働こう、と転職を心に決めました。

決意をしたものの、履歴書をどう書いたらいいのか、よくわからなくて参りました。

ネットに頼ったり、本を買ってきて参考にしたりして思いつく限りの工夫を凝らして書き上げましたけれど、もういい大人なのだから、何か起こった時は自分で考えて結論を出し、行動しなければならないのだ、とつくづく実感したものでした。時に人命に関わることもある介護士という仕事は、大きなやり甲斐と意義を感じることができます。

しかしながら、逆に大きな苦労や困難もまた、ついてまわります。


肉体的にも精神的にも大変な仕事であることはよく知られていますし、職場に拘束される時間が長くなりがちで、さらに不規則であること、独特の張りつめた空気が漂う職場でもあり、そうした中では意見の相違や行き違いから、人間関係が難しくなることもあるはずです。そういったことをわかった上で、介護士という仕事を志望する人が引きも切らないというのはやはり、良くない点を打ち消せる程にメリットも多いと考えられるのではないでしょうか。



介護士として、初めての介護施設で働きだそうとする際、一体どこの部署に配属が決定しているのか、少し気を揉んでしまいますが、ほぼ希望を通してくれる場合もあり、また、人事担当者の考え次第で決定されることもあり得ます。
人員配置については、介護施設側の持つその人のデータから、そこが適任だと評価され、そこに配属になる事が多いのです。それでも、その人材配置に納得いかず、仕事に身が入らなければ、上司にそれを伝えて、相談してみることもできます。


転職の際には、ご存じのとおり、たとえ介護士であっても履歴書の持参が必要ですが、その際、注意点があります。何だと思いますか?それは、その履歴書で最も重要な志望動機をいかに書くかです。雇用条件であったり、労働環境であったりが良かったのが志望のきっかけだとは言わずに、成長に繋がるといったことや、「それまで身に着けたことを生かして働けそうだから」といった理由のように、見ただけでやる気を感じられるような志望動機がいいと思います。



一口に介護士と言っても様々な違いがあると思うのですが、やはり高収入だというイメージが強いです。

現場の責任は重いですし、夜勤やシフトでの勤務など大変な面もありますが、実際の給与の平均を調べてみると、他の業種に比べて高収入を続けやすいことが介護士の特徴だと言えるでしょう。



また、景気や経済に左右されにくいことも、介護士の安定性に一役買っています。

こうした安定性と給与の高さから見ると、介護士は他にないくらい優秀な職業だと言えます。



長く介護士として働いていると、様々な悩みが出てきますよね。



よく言われるものは不規則な勤務形態ではないでしょうか。


平日が休みになってしまっては、友人と遊んだり都合を合わせることが出来なくなるというケースが多いようです。

または、労働環境が過酷で労働時間が長く、休みが少ないという問題もあります。こうした状態を変えたいのであれば、日勤で働ける介護施設に勤めれば良いので、思い切って転職してみるのも良いかもしれません。一般的に、介護士は入院患者や緊急搬送される患者に対応するため、夜勤が必須の職業です。


具体的な時間帯ですが、職場が2交代勤務なのか3交代勤務なのかで変わってくるのです。

一般的に、2交代勤務だと夜勤が長時間になり、3交代勤務の夜勤は時間に余裕のない厳しいスケジュールを組まれることがあります。

就職しようとしている介護施設がどういった交代勤務を採用しているのか調べておいた方が、実際の勤務に向けた心構えが出来ると思います。
ハードながらもしっかり稼げるお仕事、介護士を目指したいのであれば、専門学校であれば3年、大学なら4年といったようにそれぞれ勉強して、受験資格を得て、国家試験にパスしないといけないことになっています。

この国家試験については毎年、受験者の約90パーセントが合格していて、在学中きちんと勉学に勤しんでいた学生にとっては、あまり困難に感じるようなものではないでしょう。



介護士の養成を目的とした、専門の教育機関は専門学校や短大ですとか、何種類かあるのですが、ここ最近は、より深く学べて、助産師や保健師の資格も取得可能な看護大学に進学を希望する人の数が増えてきたようです。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:ミサキ
読者になる
2016年07月
« 前の月  |  次の月 »
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/nrurwdnjdereno/index1_0.rdf