武居だけど角谷

August 14 [Sun], 2016, 22:26
働く場所がたくさんある専門職、それが介護士ですが、実際に介護現場をはじめ、いろいろなところで常に必要とされています。



なので再就職を希望したら、それはすぐに実現できるでしょう。しかも、その際に気を付けてさえいれば、自分にとって、かなり条件が合う職場にであうことも可能でしょう。



ネット環境があれば、簡単にアクセスできる専門的に介護士の求人などを支援するサイトもかなりの数があるのです。なので、上手にそういうものも使って自分にぴったりの仕事先を見つけることができるといいですね。

正看と呼ばれる資格を持った介護士になる方法は、専門学校や看護課程のある短大や大学を卒業することが条件です。

看護課程を卒業すること自体が受験資格なので、避けようがありませんね。ですが、看護の専門学校も人気が高く定員が少ないので、こうした専門学校に合格するための予備校に通う人も増えています。准看として働きながら正看の資格取得をめざすならば、看護学校が行っている通信教育課程が幾つかありますから、検討してみるのも良いでしょう。休みを自由にとれて、希望に沿った仕事を割と選べる、といったあたりが介護士という資格を、派遣という形の労働で生かすことを選んだことによる、なかなか得難い利点かもしれません。


その時限りの単発の仕事や、短期間に限った仕事とか、長期の仕事もむろんあります。
なにしろ、いろいろある中から、自分に合ったところを選べます。
なので、介護士として働きたいけどなかなか条件に合うものがない、という人には条件を選べる介護士派遣も、悪くはないはずですから、それを踏まえて職を探すのも一つの手です。


介護士として勤務していくうちにもちろん辞めたくなることも少なくないでしょう。重要な仕事で失敗してしまったり心ない患者さんの発した言葉に傷ついたりといろいろです。そうはいっても、嬉しいことや、この仕事でずっと働きたいと感じることももちろんあります。先輩が激励してくれたり、温かな言葉をかけてくれたりとさまざまな人に助けられているから頑張れるということを実感する毎日です。

介護施設で介護士として働く場合、勤務時間が一定でないことに加え、労働環境の大変さによって違う仕事に転職しようとする方も多数いると聞きますが、実をいうと、介護士の資格を持っていると違う職種の現場においても活用できるというのもよくある話です。例を挙げると、病気になった人をどう扱うかや、体の仕組みについて知識を身に付けているため、保育関連、リラクゼーションサロンでは、未経験だったとしてもスムーズに採用が決まりやすいはずです。

患者に安心して治療を受けてもらうためにも、介護士はその外見に問題がないのか気を付けておく事を忘れてはいけません。女性の介護士の場合、派手なお化粧は控えて、TPOに合わせたナチュラルメイクにしておくのが一番良いでしょう。


素顔の時ともまた違っているので、親しみやすくきちんとしたイメージになるので、印象が良くなるでしょう。業務の多さ、責任の重さ、なによりその忙しさにより、介護士の仕事はかなり厳しいものですから、やり辛さを感じることがあっても、おかしくありません。

二交代制、三交代制で避けては通れない夜勤も続けるうちに誰でも不規則な夜勤の入り方で生活時間が狂い、そのうちに体調を崩すこともあるのです。心身ともに大きな負担のかかる仕事ですから、これにより疲れは身体から抜けることなく、慢性的な頭痛や腰痛などが発症し、心身への負担をしみじみと感じる事になってしまうでしょう。



働き甲斐のある看護の仕事ですが、その分だけ悩みも多いと思います。よく聞くのは3交代制などの不規則な勤務形態ですよね。
休日や休みの時間にデートできなかったり友達とも簡単に会えないなどのケースが多いようです。他にも、そもそも人手が足りずに労働時間が長く、休みが少ないという問題もあります。きちんとした休みを望むのであれば、日勤で働ける介護施設に勤めれば良いので、これを期に転職を検討してみてはいかがでしょうか。

やり甲斐という観点から見てみますと、介護士の右に出る仕事はそうそう無いのかもしれません。でも、逆に大きな苦労や困難もまた、ついてまわります。



挙げるとキリがありませんが、まず仕事のハードさは言うまでもありません。そして、職場にいる時間は長く感じる上に、交代制で不規則であり、なにしろ介護に関わる訳ですから、その緊張感も半端なものではないでしょうし、そんな中、人間関係の良好な形成が難しいこともあり得ます。
それらを承知の上でなお、介護士になろうと目指そうとする人が大勢いるというのは、難点を補って余りある大きな満足感も得られる仕事なのです。


他業種と比べると、かなり高給取りの部類に入る介護士ですが、もっと収入を得たいと考えて、Wワークに挑む人もいます。介護士の資格を持っていれば、健康診断をサポートしたり、修学旅行などに同行するツアーナース等々、その日その時の単発ものから、短期の仕事も多くありますので、本業の休みの日を使ってWワークというのも、体力さえあればやりやすいようです。



しかし、メインの方の職場で副業をしないように、というお達しが出ていることがあります。そして、大体、本業自体がとんでもない激務なのですから、本業に支障が出るまで副業に励むのは、止めておくべきです。



看護学校を卒業してすぐに働いた介護施設では、色々と不慣れなあまりに仕事に耐えられず辞めてしまい、介護士は向いていないのではないか、辞めた方がいいのかも、とぐずぐず悩んでしまいました。ですが、ハードな仕事ではあるものの、やっぱり自分には、介護士という仕事しかないだろうと考えて、どうしても転職したい、と強く思ったのです。それはいいのですが、履歴書の書き方でかなり手を焼きました。
検索していろいろ調べてみたり、本を見たりしつつ、思いつく限りの工夫を凝らして書き上げましたけれど、もういい大人なのだから、何か起こった時はなんでも自分自身で決定し、責任をもってやっていかなきゃ、ということがいやでも思い知らされた出来事でした。



高齢者はケガや病気のリスクが高く、高齢者人口が増加していくことで、着実にお医者さんにかかる人が増加の一途を辿りつつあります。そうなってくると、医師と介護士もさらに多く必要とされていますが、介護士が足りなくて困っている、という介護施設はたいへん多いのです。

けれども、それほど人手が足りない状況だと、それを解消するべく、求人も増えるわけですから、たくさんある中から条件のいい働き先を見つけられる等の大きなメリットもあります。


介護士として働く人は多くが女性ですので結婚であったり、出産であったりで一度職を離れる人も多く高い離職率の仕事であると言っていいでしょう。

それにプラスして、勤務時間がばらばらであることや、過酷な労働環境だということも相まって、最終的に離婚という選択肢を選ぶ人も多いということです。
収入面で夫に頼らずとも子供を育てられるという点も離婚に至るハードルが下がってしまう要因ともいえるでしょう。
もし転職される場合には、ご多分に漏れず介護士の場合も履歴書が必須となりますが、その際、注意点があります。



何に気を付けるべきかと言いますと、履歴書で最重要と言っても過言ではない、志望動機をどのように記入するかです。
志望した動機について、雇用の条件や労働環境の良さについて挙げるのではなく、「ステップアップすることが出来そうだから」とか「それまで身に着けたことを生かして働けそうだから」といった理由のように、前向きな印象を受ける内容が適すると思います。夜勤を含めた交代勤務が必須などハードな仕事を強いられる介護士でも、特に油断できない仕事が申し送りです。
担当の患者の状態や処置についてを理解して、しっかりと申し送りをする介護士に引き継がなくてはいけません。
簡単に済んでしまうようなケースも多いとはいうものの、患者の生死に関わる重要な情報については重い責任の仕事だと言えます。
多くの方が介護士を続ける動機として重要な理由の一つに「給料が高い」ということがあります。例えば、一年目の給料で見てみても同じくらいの年の、企業に就職した人たちと比べて、高めだといえるでしょう。

ただし、そんなに高いお給料ももらえるのですから、その分、研鑽に励み、患者さんにより良い看護を提供できるよう努力が必要なのです。今流行の「街コン」では、たくさんの出会いがありますが街コンへの参加を決める介護士というのは、実は少なからずいるのです。
職場では女性が多数で、なかなか男性と関わる機会がなく、結婚相手を探したいという介護士たちが街コンへ続々と参加しています。


街コンの場面でも、介護士は人気があります。けれども、たとえカップルが成立しても勤務形態が不規則なせいで、破局をむかえることが多いと言われています。
介護士長の役割とは、各病棟を取りまとめる以外に介護士たちを指導教育したり、上司にあたる看護部長をサポートするなどが主な仕事で、一般的には課長の役職に近いと言えます。課長職といっても年収も中小企業と大企業では全く違うのと同様に、勤める介護施設の規模が、介護士の年収の差異に影響しています。



他にも、公立介護施設と民間介護施設の差や、都会や田舎といった地域差も年収に影響しており、例えば、公立介護施設の場合、750万円位だと言われているようです。


友人は介護士として介護施設に勤めていたのですが、病気のために一度介護士を辞めています。
でも、体調が良くなったら、現場に復帰して、介護施設で介護士として今も元気に働いています。
多少のブランクでも、有利な資格があれば早々に復帰できますね。再就職に苦労した経験があるので、資格を取っておけばよかったと思っています。



介護施設に初めて介護士が就職を果たした時、自分がどこに配属されるか、というのは少々心配かもしれませんが、ほぼ希望を通してくれるケースも多いですが、人員配置を担当する人の考え方一つで決定に至ることもあります。

介護施設側としては、その人について知り得た情報から、その場所が最適であると判断して、そこに配属になる事が多いのです。



ですがもし、配属先での仕事があまりにも自分向きでない、など疑問に思うのなら、部署の上司にそのまま伝えてみて、アドバイスを求めることもできます。

介護施設は清潔感が大切ですが、そこで働く介護士も、病気の患者と関わることが多いので、印象の良いヘアスタイルにも配慮しなくてはなりません。



介護士として、自分が患者ならどう思うのかを考えつつ、清潔な印象を与えるヘアスタイルにすることがポイントです。

とはいえ、職場の環境や方針次第では、ルールがそれぞれ異なるケースがあると知っておいた方が良いでしょう。一般的に見ると大変だと思われる介護士ですが、労働時間が労働基準である8時間以内で済むのは夜勤のない個人医院やクリニックの場合に限られると思います。介護施設勤務で、二交代制だった場合、途中で休憩を挟みはしますが、合計勤務時間が16時間になることも。

労働時間が長いということも介護士という仕事が大変だと思われる一因だと思います。

法律において、介護士というものは医師の診療を補助する役割を担うということが決められています。
基本原則として、介護行為を行うということは認められていないのが現状ですが医師から指示された場合は、可能な場合もありますですが、患者の状態が悪くなり、緊急の場合や、緊急事態には、場数を踏んでいる介護士であれば、一部の介護行為を認められてもいいんじゃなかろうかという風に感じています。
すっかり少子高齢化が進んで、怪我や病気のリスクが高まる高齢者の数が増えています。


これにより、介護機関にかかる高齢者も年々増加の一途を辿って、介護士はさらに忙しくなっていきます。労働環境は、決して整っているとは言えず、繰り返す残業と夜勤で無理をしたのか、残念なことですが、過労死してしまった介護士もいるのです。
では夜勤をはやめて日勤中心の仕事に変わったとしても、多くは訪問介護の仕事があったりして、そして、そういったところでも高齢者増加の影響は大きく、ますます介護士の需要は高まり、どうやら、介護士を巡る環境は、どこであっても厳しいみたいです。


実際の介護士資格取得の難易度はどれ程のものなのでしょう。

受験生全体の介護士国家試験合格率は90%前後となっています。

試験そのものも、それまでの学校生活で勉強しておけばそれほど苦労なく合格できるものですから、特別に介護士の資格を取るのがものすごくキツイということもないみたいです。

比較的、高い給料をもらえる介護士ではありますが、どこで働いているかによって、大きく額が異なります。



個人介護施設、大学介護施設、公立介護施設など勤め先はいろいろあります。退職時につく手当、退職金はどうかというと、国立介護施設や公立介護機関に勤めていたのでしたら、きちんと勤続年数や仕事内容による退職金の算出方法が確立していますので、それを支払ってもらえるでしょう。

ところが、個人介護施設の方では、個々の介護施設によるものの、退職金については規定がない、ということもあり得ますし、介護施設のトップである、院長先生の判断に左右されるようです。



勤め先が公立介護施設の場合は、規定通りの退職金を受け取ることができますが、それ以外は介護施設次第ということです。収入面において、介護士という仕事は、女性が一般の仕事でもらえる額と比較して、けっこう良い給料をもらうことができます。介護施設という介護施設で、人命にかかわる仕事に従事している専門職であること、それに、多めの残業や夜勤への手当などが確実に支給されるからです。他の人より夜勤をたくさんこなしていたり急な残業を断らず行なう人の給料をみると、通常より相当、高いものとなっているはずです。
人間関係について言えば、介護士の世界は最悪に近いと、当たり前のように囁かれたりしていますが、高い割合で女性の数が多い仕事場であることが、理由の一つであるようです。一般的な女性の傾向として、気の合う者同士でグループを形成しやすくそうやって顔を合わせると、誰かの噂話に興じたりするなど、女性ワーカーの多い職場だと、何か独特の雰囲気が漂います。
あまり健全ではない、そんな空気の中にいてあまり良い気分もしないでしょうが、そんな風になりやすいのも、ただ単に女性の数が多い職場だから、と納得しておくと良いかもしれません。「介護士」という書き方と、「看護士」という書き方があります。双方とも「かんごし」と読み、同じ読みです。漢字だと、こうして二種の字で表せます。


少し前までだと、「看護士」が男性、女性に対して使う時は看護婦、という様に区別がしっかりついていました。法律が変更された2001年を境に、女性にも男性にも使うことができる介護士という呼び方にひとくくりにされることになったのです。

普通、注射や採血は介護士が行うものです。一般的に、注射が好きな人は稀でしょうが、もし注射されるのならば、上手な介護士にしてもらいたいのが人情でしょう。

とはいえ、注射をするのも個人の技術の如何によってしまいますから、介護士によって上手い下手があるのは当然で、残念ながら、何度も刺し直されたり痛くされてしまう事もあると思います。

たとえ上手でなくても注射や採血といった部分では問題ありませんから、少しの痛みは我慢して諦めましょう。
  • URL:http://yaplog.jp/nrtdyhee1lvaie/archive/5
Comment
小文字 太字 斜体 下線 取り消し線 左寄せ 中央揃え 右寄せ テキストカラー 絵文字 プレビューON/OFF

不正な自動コメント投稿を防ぐため、チェックボックスにチェックをしてください。

利用規約に同意
 X 
禁止事項とご注意
※本名・メールアドレス・住所・電話番号など、個人が特定できる情報の入力は行わないでください。
「ヤプログ!利用規約 第9条 禁止事項」に該当するコメントは禁止します。
「ヤプログ!利用規約」に同意の上、コメントを送信してください。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:Yuuki
読者になる
2016年08月
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる