トレスだけど武

August 06 [Sat], 2016, 16:04
24時間交代の勤務、世間で「シフト勤務」と呼ばれる勤務形態の代表的な仕事として、介護士を挙げることが出来ます。職場が外来の介護士であれば、日勤になることもありますが、入院病棟に必要な人数を多く割り振りますから、介護士経験が浅い間はほぼ確実にシフトを組んでの仕事になると言えます。妻の話ですが、介護士としてシフトに入っていましたから、夜勤の時は代わりに私が子供を見るのですが、上手く寝かしつけることが出来ずに大変でした。


新しい介護士として、初めて介護施設で働くことになった際に、自分がどこに配属されるか、というのは少々心配かもしれませんが、100パーセント希望通りにしてくれる場合もあり、また、そこで人事を引き受ける人の見解により、決められてしまうこともあるでしょう。配属先の決定は、介護施設側によって、人材を希望する各部署からの要望と、新人の適性から判断され、充分に考えられた配属であることが殆どです。

でももし、その配置に不満がやまないのなら上司にそれを伝えて、相談してみることもできます。


夜勤で体の健康を害してしまうのであれば、日勤だけの勤務を条件に、転職を考えてみてください。ですが、ここで気を付けたいことは、今までの夜勤手当といった割増賃金が入らなくなるので、やはり、夜勤で働く介護士よりも給料の額が減ってしまうことがほぼ確実なのです。今の収入を減らしてでも、転職をするかどうか、よく考えることをおすすめします。

不規則な交代勤務や煩雑な仕事など介護士の仕事は多岐に渡って厳しいものなのですが、申し送りは、最も気を抜けない仕事のひとつのようです。担当の患者の状態や処置についてを理解して、その情報を交代する介護士に伝える必要があります。
それほど重要でない情報も少なくないですが、介護的に重要な処置等に関しての申し送りは安易な気持ちで申し送りできないものです。かなり以前は、仕事としての介護士は、かなりハードな部類に入るとイメージされていたようなのですが、現在ではもうすっかり、介護士が労働の対価に見合う高給を得られるスペシャリストであることは、世間的によく知られるようになっています。


介護士の手にする給料というのは、一人の女性が自身の稼ぎのみで、世帯収入を背負っていけるくらいの額はもらえます。

こうしてみるとよくわかりますね。



介護士は高給取りである、というのは間違いありません。

介護士の収入については、労働者全般と比べると、平均収入なら介護士の方が上なのだそうです。介護に関わる職場において需要が途切れることなくあります。そのため、例え不景気下であっても、年収額が大きく落ちることがない、というような得難い長所もあるわけです。ただ、良い面ばかりではありません。高給取りなのは間違いありませんが、延々とサービス残業をさせられたりすることも多く、その労働環境を見ると、劣悪とまではいきませんが、少なくとも良好ではないようです。基本的に定休制の会社員とは異なり、介護士の休みは勤めている現場でそれぞれ異なるようです。3交代勤務の場合、シフトに沿っての仕事になりますから、休日出勤や平日休みも当たり前にあります。別の見方をすれば、環境が許せばご自分の予定に合わせたシフトを組むことが出来るので、その点をうまく利用して充実した休日にする人もいます。
海外で日本の介護を提供できたらと考えている介護士の方も多いのではないでしょうか。海外からも日本の介護を求める声が大きくなっていますから、豊富な知識と笑顔で患者を支えることの出来る介護士が求められているのです。当たり前の事ですが、海外では医師、患者との意思伝達を十分に満たすためにも、医学的な英会話ができる事が最低条件になります。海外の機関で介護士として働きたいと思うのであれば、英語を身に付ける事を優先しましょう。知らない人が聞くと、暗号のような業界用語ですが、介護士の間で通じるそうした用語にエッセンなる言葉があるのですが、ご存知でしょうか。



この言葉の意味は、食事休憩をとります、というものであり、仕事中の他の勤務者に、特定の意志を伝える隠語のような役割を持ち現場でよく使われています。ではこのエッセンというのは何かといえば、英語だとイート、つまり食べるという動詞で、ドイツ語だということです。
昔、この世界ではドイツ語の介護用語が盛んに使用されていた事実があって、そんな時代の名残ですが、とにかくよく使われ、親しまれている用語です。
介護士は煙草を嗜む人が減っているように思います。
実際のところ、その印象は間違っておらず、一般的な喫煙率よりもずいぶん少なくなるようです。介護士は病気の患者と接しますから、煙草の臭いを漂わせまいと自主的に禁煙している人が多い職業であるということが想像できますね。意外に思うかもしれませんが、介護士の求人がある勤務先に実のところ、保育園が挙げられます。



保育園を職場にするのは、子どもの世話が好きな方であれば、適任の職場だと言えます。
仕事の内容は、子どもたちの体調不良や不慮の怪我などに対応しながら、健康に過ごせるように保育士の仕事を支援するという大切な仕事です。


以前は一般常識として、介護士イコール女性の職業でしたが、近頃では徐々に男性介護士も増加しています。
実際の看護の現場では、患者を移動させる時やお風呂に入るのを手助けしたり、体力勝負の仕事があるため、男性介護士の活躍する場面は多々あります。女性と年収に関しては同じですが、出産や育児のために休職するということがありませんから、それだけキャリアアップの機会に恵まれるとも言えます。
介護士の帽子といえば何をイメージされますか?あの帽子は、戴帽式という、看護学生が実習に出る直前の式でかぶせられるものです。料理人も帽子を被っていますが、それよりも特別な意味を持つものといっても過言ではありません。そうはいっても、近年では徐々に介護士の制服も変わってきているのが現状で、近い将来、帽子の意味も忘れ去られてしまう時が来るのかもしれません。髪の毛が落ちないようにするためのものという、これまでのような深い意味を持った存在ではなくなってしまうのはちょっとさみしくも感じられますが、こういったことも時代の流れなのでしょう。
ほとんどの介護施設では、介護士長の主な仕事内容は、各病棟のとりまとめや、上司にあたる看護部長のサポートや、部下にあたる介護士の指導などで、会社組織でいうと、課長職に相当するものです。

課長職につく人物の収入が勤める企業の規模で全く違ってくるように、介護施設の規模の大きさで介護士の年収もそれぞれ違いがあります。


そのほかの影響として、公立介護施設と民間介護施設、地域の格差等が影響しています。稼ぎの良い公立介護施設に勤めるケースでは大体750万円くらいになると見られています。



少子高齢化の影響は様々な所に波及しており、介護施設などの介護の現場で働く人々がより必要性が高まると考えられています。



したがって、現在も「介護士は売り手市場だ」といわれているのですが、これから先もその状況からは脱却できないと予想されます。


年ごとに多数の介護士が新たに生まれているのにもかかわらず、今なお介護士の数が十分でないのはなぜかというと職場の環境や待遇の悪さによっておこる退職も一因だといえます。

あまり知られていませんが、介護士で公務員になる方法があります。それは国公立介護施設や公立機関で働くという方法です。実際、介護士の職業は知識や経験を積みながら長く働ける職業として勉強する人も多いのですが、加えて公務員に準じたメリットがつけばもっと安定性が高まりますよね。公務員は福利厚生が手厚くサポートされていたり、解雇の可能性が少ないという点が、なによりも嬉しいメリットですよね。もし転職される場合には、介護士であっても当然、履歴書が要りますが、気を付けるべきことが存在します。その注意点とは、履歴書に書くことの中でも特に志望動機をいかに書くかです。



どうするのが良いかというと、雇用条件や労働環境の良さを志望理由とするのではなく、「ステップアップすることが出来そうだから」とか身に着けた技術や知識が役立てられそうだからというような前向きな印象を受ける内容が適すると思います。

病棟に勤める介護士は、夜間も常に患者のケアにあたるため絶対に夜勤が必要になる職業です。

具体的な勤務時間でいうと、勤める介護施設が2交代勤務か3交代勤務かによって変わります。普通、2交代勤務では夜勤の労働時間も長時間です。

対する3交代勤務の夜勤では時間に余裕のない厳しいスケジュールを組まれることがあります。

就職しようとしている介護施設がどのような勤務形態なのか前もって知っておいた方が良いでしょう。昨今、介護施設が統合したり閉鎖したりすることが続いて、医師不足や介護士不足への対応が急務となっています。



夜勤が含まれる勤務をこなし、さらに急患にも応じなければならないので、たくさんの介護士がものすごい激務に追われているのです。

男性介護士も増えてきてはいますが、今のところはまだ女性が多い仕事場であるので、ストレスにやられてしまったり、トイレに自由に行けず便秘になってしまう介護士も多いというのも分からなくはない話です。

いつ働くか休むかをコントロールしやすく、やりたい仕事を多くの中から選べるのがあえて派遣で働くということを選んだ介護士にとっての、主なメリットでしょう。その時限りの単発の仕事や、短期間に限った仕事とか、もちろん長期の募集もあり、自分の条件に合わせて選ぶと良いですから、介護士の仕事を探しているのであれば条件を選べる介護士派遣も、悪くはないはずですから、それを踏まえて職探しをしてみると、視野が広がるかもしれません。


大きなやり甲斐を得られ、また社会的にも有意義な介護士という仕事ですが、その一方で困難もまた様々なのです。



なかなかきつい仕事であることは確かですし、職場に拘束される時間が長くなりがちで、さらに不規則であること、独特の張りつめた空気が漂う職場でもあり、そういった空気がスタッフ同士の小さなトラブルを生むこともあるでしょう。そんなお仕事だとわかっていながらも介護士を選ぼうとする人もまた大勢いる訳で、デメリットに目をつぶることが可能なくらい長所も多いということに他なりません。



介護士になるための手段として、主に看護大学に行く場合あるいは看護専門学校に行く場合の、二種類の方法があります。そこで学ぶことの中身自体はあまり変わりはないのですが、違いと言えば、キャリアアップするためには大学を卒業した介護士の方が有利で、給料の面で専門卒より優遇されるということです。

そして、専門学校のいいところは何かというと、大学より安い学費で学べて、カリキュラムとして実習がメインであるので、すぐに戦力として使える人材になれることだと思います。昔はあまりメジャーではなかった介護士の能力評価に関して、これを行なう介護施設がかなり増えました。介護士の個々の能力を、間違いなく測り、評価できるように、指標をはじめから作っていったところもあります。月毎に、こうした能力評価を行なう所があったり、成長の度合が分かりやすいように、一年に一度、という所も多いようです。
こうして定期的にどう評価されているか知ると、自分が次はどこまで能力評価を上げたいか、など目標を持つことができます。また、やる気や、スキルのある介護士にとっては、とても良いシステムでしょう。
介護士として働くということは、イコール夜勤の仕事も含んでいるという場合が大半ですから、子育てをしながら働く介護士にしてみると大変な懸念事項となっています。ある程度の年齢までなら24時間いつでも預かってくれるような保育所を探したり、託児室を完備している介護施設に勤務する場合はそちらに預けるなどの方法もありますが、小学校入学を機に、一気に対応してくれる預け先が少なくなってしまうということが問題として浮上します。そのため、パートで働く形に変えていくという介護士も少なからずいます。


私がなぜ介護士になりたいと思ったのかというと、中学校の授業の一環で仕事を体験するという時間があったのですが、介護施設を訪問し、そこでの介護士さんの働きぶりを見て衝撃を受けたからです。大人になって仕事に就くならああいう風になりたいと思って看護学校に入学することを決め、今は介護士として働いています。いやなこともありますが、おおむね満足した日々を過ごしています。入院できるような大きい介護施設の介護士の仕事内容は、外来勤務と病棟勤務で大きく違ってきます。
という訳で、例えば病棟勤務をこなしてきた人なら、転職して別の介護施設で働くことにしても、勝手知ったる病棟勤務に就くことになりそうです。

あるいはまた、特に採血が得意であるなど、できることを雇用者に知らせておけば、そういった得意な事を最大限生かすことが可能になる配置決定となるのが一般的で、雇用する側される側、双方にメリットがあります。仮に、いつでも夜勤が歓迎である旨を伝えるとしますと、高い確率で病棟勤務にまわされるでしょう。



行なう業務の難易度などによっては給金が変わることを頭に入れつつも、自分の希望は、はっきりとわかりやすく伝えておくべきでしょう。二年ほど前から、介護施設事務として勤務しております。普通は仕事中に介護士さんとの接点はありませんが、常にみなさん忙しく働かれています。夜勤でも働いている方は、家庭、特に育児もこなすことは並大抵のことではないだろうなと感じます。


だけど私の想像以上に忘年会の時に、うまく対処されているなと感じたのが、子供を連れてきている介護士さんが結構目立つんです。先生達も、歓迎している様子でしたし、和やかで楽しい会となりました。今日のところ、日本ではEPA(経済連携協定)という経済関係を強化するための取り決めに基づいて、インドネシアやフィリピン、ベトナムからの外国人介護士候補生の受け入れを行っています。とは言え、日本語で作製された介護士の国家試験を受験し、もしも、3年以内に介護士になれなければ自分の国に帰らなければなりません。
介護施設などで就労や研修を行いながら、日本語を学習し、それに加えて、国家試験に受かるために勉強をしないといけませんから、非常に厳しい条件を強いられているというのが今の状況でしょう。外科勤務の介護士の、長所と短所を説明しましょう。まず、手術前の患者や手術を受けた後の患者の看護を行うことによって、介護士の成長に役立ちます。



考えられる短所はといえば、一人の患者に対応するのが短期間であるため、長期に渡って落ち着いて患者との関係を構築していくということが難しい点があります。少子高齢化が進んで、高齢者の数ばかり増えており、介護機関を利用する人も増え、介護士の仕事も大変になるばかりです。厳しい労働環境の中で、夜勤も含めて働き続け、無理がたたって、残念なことですが、過労死してしまった介護士もいるのです。

きつい夜勤を避けて日勤のみの仕事を探しても、訪問介護で自宅療養中の患者をみることになったり、その訪問介護も高齢者があまりにも増えてさらに介護士の需要は高まっており、高齢化社会のつけを介護士が一身に引き受けるような形にもなっています。

  • URL:http://yaplog.jp/nrtdyhee1lvaie/archive/4
Comment
小文字 太字 斜体 下線 取り消し線 左寄せ 中央揃え 右寄せ テキストカラー 絵文字 プレビューON/OFF

不正な自動コメント投稿を防ぐため、チェックボックスにチェックをしてください。

利用規約に同意
 X 
禁止事項とご注意
※本名・メールアドレス・住所・電話番号など、個人が特定できる情報の入力は行わないでください。
「ヤプログ!利用規約 第9条 禁止事項」に該当するコメントは禁止します。
「ヤプログ!利用規約」に同意の上、コメントを送信してください。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:Yuuki
読者になる
2016年08月
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる