妊娠の計画をされている方や妊娠初期の妊婦さんは日

April 22 [Fri], 2016, 13:53
妊娠の計画をされている方や、妊娠初期の妊婦さんは日ごろの食事に気を付けていただきたいことはもちろん、それに加えてより数多くの葉酸を摂るよう厚生労働省によって勧告されています。葉酸は色々な食材にふくまれている栄養素ですが、理想的に摂取することによって、胎児の神経管閉鎖障害発症のリスク(時にはあえてそれを承知でトライする必要があることも)を下げる効果があるからです。もちろん、サプリメント(頼りすぎはよくありませんが、不足しがちな栄養素を補うことで健康を維持できるかもしれません)で補給するという手もありますが、その時は赤ちゃんのためにも、自然なものを摂りいれたいという方も多いことでしょう。

ですから化学合成のものや、添加物が入っていない天然由来の葉酸が入ったサプリを選択することが大事です。妊娠が発覚した後、葉酸を積極的に摂取しはじめた、という妊婦さんのお話をよく耳にします。



ここで疑問なのは「いつまで摂取を続けるべきなのか」という事ですよね。たとえば、赤ちゃんのためだけに葉酸を摂取している方は、葉酸摂取の期間を出産までと限っても問題ないでしょう。

とはいえ、葉酸は妊娠中の母子にだけ必要な栄養素かというと、決してそうではありません。

葉酸は身体のバランスを整えてくれるなどの効果が期待されていますから、赤ちゃんを無事出産した後にも、定期的に摂取する事で母体の健康を保つサポートをしてくれるというりゆうですね。
妊婦にとって、十分な葉酸を摂取することで得られる効果には、色々なものが認められています。

とくに赤ちゃんが先天的脳障害を発症するリスク(時にはあえてそれを承知でトライする必要があることも)を下げてくれる効果は忘れてはいけません。

ですので、妊娠中に限らず、妊娠の計画を考えている女性は、母子いっしょに健康であるためにも、継続的に十分な葉酸をとることが大切なんです。

たとえば、葉酸のサプリならば摂取が簡単ですよねから、是非試してみてちょーだい。
「葉酸」はビタミンの一種ですから、ビタミンを多く含んだ食べ物には「葉酸」も多くふくまれています。

果物では、イチゴ、ライチに多いことが発表されています。それ以外では、アセロラやキウイフルーツ、意外なところでは柿にも葉酸は多くふくまれています。



あるいは柑橘類も葉酸を多く含有しています。

簡単に葉酸を摂取したい場合は、ジュースで補給するのも問題ありません。
妊活中の方にご一読していただきたいのですが、この時期の女性にも厚生労働省が、積極的な葉酸の摂取をもとめています。
葉酸はビタミンの一種で、胎児の細胞分裂を促す効果があります。
そのため、妊娠初期に葉酸が不足してしまうと、赤ちゃんが、先天的な障害(神経管閉鎖障害など)を発症するリスク(時にはあえてそれを承知でトライする必要があることも)が高くなるという話があります。

細胞分裂は、一般的に妊娠に気付きにくい受胎時から既に始まっています。


この時の細胞分裂が正常になされるようにするためにも、妊活の段階から妊娠初期の、葉酸が不足しやすい時期には、普段の食事にプラスして、1日400μg(0.4mg)を目標に、葉酸の摂取を心がけてちょーだい。サプリや栄養補助食品による補給も、厚生労働省が推奨しています。



葉酸は、妊娠に最も重要な栄養素であることで有名です。


しかし、妊娠において必要となる栄養素は、葉酸だけでは無いですよね。
葉酸には単体で摂取しても吸収率が悪いという特徴があるのです。

ですから、サプリによる葉酸摂取を考えている方は、ビタミンやミネラルといった、妊娠初期に欠乏しやすい栄養素を複数配合されたサプリを選びましょう。


具体的には、25種類前後の栄養素がふくまれたサプリであれば栄養をしっかりと補給出来るでしょうし、それぞれの成分が効率的に働いてくれるでしょう。妊娠しやすい体になるために、妊娠を希望している方は、サプリの利用を考えてみてちょーだいね。妊婦にとって欠かせない栄養素の葉酸ですが、摂りすぎると体に副作用が出てきます。

寝つきが悪くなったり早くに目が覚めてしまうといった不眠症の症状や、食欲不振や吐き気などの内臓疾患、あるいは向くみなどです。神経質になりがちな妊娠初期では、体のことを気遣うあまりに、「葉酸を多く摂った方が身体に良い」と、一日の摂取量をオーバーしてしまう傾向があります。葉酸の過剰な摂取は副作用につながりますので、適切な摂取を心がけるようにしましょう。一番理想的なのは、バランスのとれた食事による葉酸の摂取なんですが、数か月に渡って毎食毎食バランスの良い食事を準備するのも難しいと思います。

そうした時にサプリメント(頼りすぎはよくありませんが、不足しがちな栄養素を補うことで健康を維持できるかもしれません)であれば、一日の摂取量の目安がついて一目瞭然ですので、食事を気にする事無く、一日分の葉酸を摂取出来るでしょうから良いですよね。赤ちゃんを授かって専門家による栄養指導を学んだり、地域主体の母親学級などで、専門家の指導を受けた方も多いことでしょう。こうした機会に、葉酸が持つ働きと、葉酸を多く含んだ食品を学んだ方も多いと思います。


一般的に、葉酸を多く含む代表的な食べ物としては、レバーを挙げることが出来ます。



はかには、野菜もそうですね。


食べ物を調理して葉酸を摂取しようとする場合は、葉酸が熱に弱くその大半が失われてしまうという葉酸の特性を承知の上で、葉酸摂取の計画をたてましょう。

みんなご存知のように、妊娠初期の女性にとって、忘れてはならない大切な栄養素が、葉酸ですよね。
母子いっしょに健康な体でいるためにも、葉酸サプリメント(頼りすぎはよくありませんが、不足しがちな栄養素を補うことで健康を維持できるかもしれません)で補いながら、葉酸不足に陥らないようにしてちょーだい。
さて、厚生労働省による理想的な一日の摂取量ですが、1日あたり葉酸0.4mgです。


さらにこれを毎日摂取する必要があるのです。野菜だけで十分に摂取できるかというと、とても大変ですから、足りない部分はサプリで補うのが効果的な摂取方法だと言えます。


スムーズに妊娠できる体を創る食べ物といえば、大豆食品(豆腐・豆乳・納豆)とお魚が挙げられます。ほかにも卵、ごま、レバーがありますが、野菜ではブロッコリーが良いですね。


妊娠に有効な数々の栄養素がふくまれるため、意識して摂取していきたいですね。


しかしそればかり食べれば良いというわけではなく、色々な食品群の中から栄養を摂ることが理想であることは間違いありません。

その一方で、冷えやすい飲料や食料は妊娠を妨げるので今しばらくは我慢するべきでしょう。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:Rika
読者になる
2016年04月
« 前の月  |  次の月 »
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/nrienneccrkadp/index1_0.rdf